Windows11

【図解】Windows 11 パソコン:サンドボックス(使い捨て仮想マシン)利用手順

サンドボックス上の仮想マシンはどのような動作をするか分からないソフトウェアのインストール検証・セキュリティ面で信頼できないWebサイトを閲覧するときなど、ウイルスや不明なプログラムの影響を受けることなく実行できます。サンドボックスを停止した際、Webサイトの履歴・変更した設定・インストールしたソフトウェアなどのOSの状態を完全に破棄します。
Windows11

【図解】Windows11 パソコン:タスクマネージャーの起動方法

タスクマネージャーはシステムの動作状況を調査・確認することができるソフトウェアです。使用しているパソコンの動作が重くCPU、メモリ、ディスクの使用率を確認したい。また、アプリケーションソフトのフリーズがありプロセス状況を確認・終了させたい場合があります。このような場合はWindows OSで標準利用することができる「タスクマネージャー」を起動しプロセス・パフォーマンスを確認します。
Windows Server 2022

【図解】入門 Windows Server 2022:WSUS(Windows Server Update Services)構築手順

WSUSサーバーはローカル環境に設置することでクライアントPC( Windows7・8/8.1・10・11など)は直接Microsoft アップデートサーバーにアクセスせずローカル環境のWSUSサーバーからMicrosoft社が提供する更新プログラムを適用することができます。本記事では、Windows Server 2022でのWSUSサーバー構築手順を説明します。
Windows Server 2022

【図解】Windows Server 2022:WSUS(Windows Server Update Services)レポートビューワー表示設定

Windows Server 2022に構築したWSUSで状態レポートを表示するには前提条件として「Microsoft System CLR Types for SQL Server 2012」->「Microsoft Report Viewer 再頒布可能パッケージ 2012」の順に必要となるパッケージをインストールすることで 状態レポートの表示をすることができます。
Windows Server 2016

【図解】Windows Server 2016:WSUS(Windows Server Update Services)レポートビューワー表示設定

Windows Server 2016に構築したWSUSで状態レポートを表示するには前提条件として「Microsoft System CLR Types for SQL Server 2012」->「Microsoft Report Viewer 再頒布可能パッケージ 2012」の順に必要となるパッケージをインストールすることで 状態レポートの表示をすることができます。
Windows Server 2019

【図解】Windows Server 2019:WSUS(Windows Server Update Services)レポートビューワー表示設定

Windows Server 2019に構築したWSUSで状態レポートを表示するには前提条件として「Microsoft System CLR Types for SQL Server 2012」->「Microsoft Report Viewer 再頒布可能パッケージ 2012」の順に必要となるパッケージをインストールすることで 状態レポートの表示をすることができます。
Windows Server 2022

【図解】Windows Server 2022: 追加ハードディスク・SSD・ 仮想ディスクを認識させ新しいドライブとして設定する方法

Windows Server 2022がインストールされているドライブとは別に、追加するハードディスク・SSD ・仮想ディスクを接続し認識させるためにはOS上で「ディスクの管理」-> 「ディスクの初期化」※ストレージのオンライン化 -> 「未割り当て」領域をフォーマットする必要があります。フォーマット後は新しいパーティション(Dドライブ・Eドライブなど)として利用することができます。
Windows Server 2022

【図解】評価版 Microsoft Windows Server 2022ライセンス延長手順

評価版 Windows Server 2022のライセンス有効期限の日数が少なくなってきた場合は、任意のタイミングでコマンドプロンプト・もしくはPowerShellを起動し「slmgr -rearm」コマンドで評価版 Windows Server 2022は6回、リセットすることができます。
Windows11

【図解】Windows11 パソコン: 追加ハードディスク・SSDを認識させ新しいドライブとして設定する方法

Windows 11がインストールされているハードディスク・SSDとは別に、追加するハードディスク・SSDを接続し認識させるためにはOS上で「ディスクの管理」->「ディスクの初期化」->「未割り当て」領域をフォーマットする必要があります。フォーマット後は新しいパーティション(Dドライブ・Eドライブなど)として利用することができます。
Windows10

【図解】Windows10 パソコン:システムの復元手順

システムの復元は、あらかじめ取得していた時点の復元ポイントに設定情報を戻すことでOS内で発生しているエラーの症状が改善できる可能性があります。誤って削除してしまった個人のファイル、フォルダーを復元するためのバックアップ機能ではありません。以前の特定のポイントに戻すことで、Windowsのファイルと設定・レジストリを復元する機能です。
Windows11

【図解】Windows11 パソコン:システムの復元手順

システムの復元は、あらかじめ取得していた時点の復元ポイントに設定情報を戻すことでOS内で発生しているエラーの症状が改善できる可能性があります。誤って削除してしまった個人のファイル、フォルダーを復元するためのバックアップ機能ではありません。以前の特定のポイントに戻すことで、Windowsのファイルと設定・レジストリを復元する機能です。
Windows11

【図解】Windows11 Pro パソコン:Windows Defender 無効化手順

Windows DefenderはGUI・ローカルグループポリシー・レジストリでウイルススキャン機能を無効にする事ができます。今回はWindows11 ProでGUIでの一時的な無効化・およびローカルグループポリシーエディター・レジストリエディターを使用した永続的な無効化設定手順を説明します。
Windows Server 2022

【図解】Windows Server 2022:Microsoft Defender ウイルス対策 アンインストール方法

「Microsoft Defender ウイルス対策」は、Windows Server 2022 サーバーマネージャーの「サーバーの役割と機能の削除」から機能を削除することができます。本記事では、デフォルトでインストールされているMicrosoft Defender ウイルス対策を削除する手順を説明します。
Windows

【図解】Windows クライアント・サーバーOS:デフォルト.NET Frameworkの各バージョン一覧

Windowsクライアント製品のWindows 7 / 8.1 /10 /11、Windowsサーバー製品のWindows Server 2012 R2 / 2016 / 2019 / 2022を利用しデフォルト状態でインストールされている.NET Frameworkのバージョンを確認し表に纏めました。
Windows11

【図解】Windows 11 パソコン:機内モード有効・無効手順

Windows11 標準機能の機内モードはWi-Fi、携帯ネットワーク、Bluetoothなどのすべてのワイヤレス通信を送受信できない状態にする機能です。外部通信が禁止されている場所で機内モードにするシーンがあります。 機内モードを有効にした場合、Wi-Fiでの外部通信を遮断しインターネットに接続できない状態にすることが可能です。
Windows11

【図解】Windows11 パソコン:「BitLocker To Go」によるUSBメモリ・外付けストレージ暗号化手順

WindowsにはリムーバブルディスクやUSBメモリなどを保護する機能があります。Windows11がインストールされたOS (Windows11 Homeエディションは除く)に標準搭載されています。本記事では、Windows11 BitLocker To GoによるUSBメモリの暗号化方法を説明します。
Windows11

【図解】Windows11 パソコン:BitLockerによるローカルディスク暗号化手順

Windows 11 (Windows 11 Homeエディションは除く)には、BitLockerが標準搭載しパソコンに内蔵されているドライブ(HDD・SSD)を暗号化することができます。TPM非搭載でもローカルグループポリシーエディターで設定値を変更することでドライブの暗号化が可能です。
Windows11

【図解】Windows 11 パソコン:Internet Explorer モード起動方法

Windows 11の標準ブラウザーは「Microsoft Edge」です。IEが必要になった場合は「Microsoft Edge」ブラウザーの「Internet Explorer の互換性」->「Internet Explorer モードでサイトの再読み込みを許可」することで Internet Explorer モードで起動することができます。
Windows11

【図解】Windows 11 パソコン:スタートアップ 追加手順

スタートアップは使用頻度が高いWebページ・Outlook・Onedriveなどのアプリを登録設定する事で、PC起動時に自動起動することができます。PC起動後、プログラムのアイコンから起動する必要がないため便利な機能です。今回は、Windows11のパソコンでスタートアップにアプリケーションソフトを追加する方法を説明します。
Windows Server 2016

【図解】Windows Server 2016:Internet Explorer 11 削除(無効化)方法

Windows Server 2016の標準ブラウザは「 IE(Internet Explorer)11 」です。Internet Explorer が必要がなくなった場合は、管理者ユーザーでコマンドプロンプトを起動してInternet Explorer 11をアンインストール(無効化)することができます。※Internet Explorer 無効化後、再度有効化することも可能です。
Windows Server 2019

【図解】Windows Server 2019:Internet Explorer 11 削除(無効化)方法

Windows Server 2019の標準ブラウザは「 IE(Internet Explorer)11 」です。Internet Explorer が必要がなくなった場合は、管理者ユーザーでコマンドプロンプトを起動してInternet Explorer 11をアンインストール(無効化)することができます。※Internet Explorer 無効化後、再度有効化することも可能です。
Windows11

【図解】Windows11 パソコン:Active Directory ドメインサービスに登録したユーザーの検索方法

Active Directory ドメインサービス(AD DS)でドメインリソースのユーザー・連絡先およびグループ・コンピューター・プリンターなどを検索できる場所は「Active Directory の検索」から確認することができます。本記事ではドメイン参加しているWindows11の端末から検索する手順を説明します。
Windows Server 2016

【図解】入門 Windows Server 2016:WSUS(Windows Server Update Services)構築手順

WSUSサーバーはローカル環境に設置することでクライアントPC( Windows7・8/8.1・10など)は直接Microsoft アップデートサーバーにアクセスせずローカル環境のWSUSサーバーからMicrosoft社が提供する更新プログラムを適用することができます。本記事では、Windows Server 2016でのWSUSサーバー構築手順を説明します。
Windows10

【Windows10】error code 0x800f0954:.NET Framework 3.5がインストールできない場合の対処方法

「0x800f0954」が出力された場合は、WSUSサーバーから更新プログラムを自動的にダウンロードするように構成されている環境でインストールエラーが発生するケースがあります。 エラーを修正するには、クライアント端末のローカルグループポリシー設定を変更しWSUSのネットワーク経路を回避してWindows Updateでファイルを自動ダウンロードするよう変更します。
Windows11

【Windows11】error code 0x800f0954:.NET Framework 3.5がインストールできない場合の対処方法

「0x800f0954」が出力された場合は、WSUSサーバーから更新プログラムを自動的にダウンロードするように構成されている環境でインストールエラーが発生するケースがあります。 エラーを修正するには、クライアント端末のローカルグループポリシー設定を変更しWSUSのネットワーク経路を回避してWindows Updateでファイルを自動ダウンロードするよう変更します。
Sponsored Link
Translate »
タイトルとURLをコピーしました