Active Directory

Windows Server 2016:Active Directory サーバー構築(ADDSインストール・ドメインコントローラー昇格)手順

ActiveDirectory(アクティブディレクトリ)はドメイン認証の仕組みを利用しWindowsパソコンの機能やユーザー情報を一元管理するためのユーザー管理ツールです。本記事では、Windows Server 2016のActive Directoryドメインサービスインストール、ドメインコントローラーに昇格する手順を説明します。
Active Directory

Windows Server 2019:Active Directory サーバー構築(ADDSインストール・ドメインコントローラー昇格)手順

ActiveDirectory(アクティブディレクトリ)はドメイン認証の仕組みを利用しWindowsパソコンの機能やユーザー情報を一元管理するためのユーザー管理ツールです。本記事では、Windows Server 2019のActive Directoryドメインサービスインストール、ドメインコントローラーに昇格する手順を説明します。
Active Directory

Windows Server 2022:Active Directory サーバー構築(ADDSインストール・ドメインコントローラー昇格)手順

ActiveDirectory(アクティブディレクトリ)はドメイン認証の仕組みを利用しWindowsパソコンの機能やユーザー情報を一元管理するためのユーザー管理ツールです。本記事では、Windows Server 2022のActive Directoryドメインサービスインストール、ドメインコントローラーに昇格する手順を説明します。
WSFC

【図解】Windows Server 2022:WSFC (Windows Server Failover Clustering)構築手順

Windows Server 2022でWSFCを構築するための手順です。Windows Server 2012 R2以前では、フェイルオーバークラスターの作成にActive Directoryドメイン参加が必須でしたが Windows Server 2012 R2以降のOSであるWindows Server 2022はドメイン参加は必須ではありません。WorkGroupで構築可能です。
Windows Server 2022

【デフォルト値】Windows Server 2022 Datacenter:サービスの表示名・サービス名一覧表

Windows Server 2022 Datacenter エディションをデスクトップエクスペリエンス(GUI)でOSをインストールし即時、「サービスとアプリケーション」のサービスのデフォルト値をPowerShellのコマンド「Get-Service」コマンドレットで出力し一覧表にまとめました。
Windows Server 2022

【デフォルト値】Windows Server 2022 Datacenter:役割と機能の一覧をテキスト・CSVファイルに出力

評価版 Windows Server 2022 Datacenter エディションをデスクトップエクスペリエンス(GUI)でOSをインストールし即時、役割と機能の規定値をPowerShellの「Get-WindowsFeature」コマンドでテキストファイル・CSVファイルに出力しました。本記事では役割と機能の一覧の表示・出力方法を説明します。
Microsoft-Hyper-V

【図解】Windows10 Hyper-V:評価版 Windows Server 2022インストール手順

評価版 Windows Server 2022はISOファイルをダウンロード後、Hyper-V上にインストールすることで仮想OSを動作させることができます。自宅・個人端末でOSの学習・検証が可能です。利用できるエディションはStandard、Datacenterです。 今回は仮想端末上にOSをインストールする方法を説明します。
Windows Server 2022

【図解】Windows Sever 2022:「Windows Update」適用確認・ログ確認方法

Windows Server 2022の適用済みWindows Update 更新プログラム(セキュリティパッチ)の確認はGUI、およびコマンド(PowerShell・コマンドプロンプト)で表示・出力し確認することができます。本記事では、5種類の更新プログラム確認手順を説明します。
Windows Server 2022

【図解】Windows Server 2022:「.NET Framework 3.5」インストール手順(物理Disk使用)

Windows Server 2022で利用するアプリケーションによっては.NET3.5 が必要となる場合があります。デフォルト(初期状態)では.NET Framework 3.5 がインストールされていません。今回はインターネット接続できないオフライン環境下での物理OSインストールディスクを利用した.NET Framework 3.5インストール方法を説明します。
Windows Server 2022

【図解】Windows Server 2022:Windows Defender 無効化手順

Windows Server 2022に標準搭載されているローカルグループポリシーエディターでGUI(グラフィカルな操作)を利用した永続的なWindowsDefender無効化の設定手順です。企業で使う場合は他製品のウイルス対策ソフトウェアを利用するケースがあるため他製品と競合させない場合の無効化方法を説明します。
Windows Server 2022

【図解】Windows Server 2022:リモートデスクトップ 複数セッション許可設定

Windows Server 2022に、同一のアカウントで同時にリモートデスクトップ(RDP)接続可能なユーザー数は2人までですが、ローカルグループポリシーのデフォルト設定で1人までしか接続許可しない接続制限設定となります。本記事では、ローカルグループポリシーの設定を変更し、複数のユーザーがリモートデスクトップ接続可能にする手順を解説します。
Windows Server 2022

【図解】Windows Server 2022:ローカルユーザー作成・新規作成したアカウントでログインする手順

Windows Server 2022のローカルユーザーをGUIで追加作成する場合は、デスクトップ画面左下「Windowsロゴ」を右クリック ->「コンピューターの管理」->「システムツール」->「ローカルユーザーとグループ」から作成することができます。
Windows Server 2022

【図解】Windows Server 2022:「.NET Framework 3.5」インストール手順(インターネット接続環境)

Windows Server 2022で利用するアプリケーションによっては.NET Framework 3.5 が必要となる場合があります。デフォルト(初期状態)ではOSに「.NET Framework 3.5」 が組み込まれていません。今回は手動での.NET Frameworkバージョン3.5インストール方法を説明します。
Windows Server 2022

【図解】Windows Server 2022:Webサーバー(IIS) のバージョン確認手順

Windows Server 2022:Webサーバー(IIS)にインストールしているバージョンをGUI・コマンドプロンプト・PowerShellを利用して確認する方法を説明します。
Windows Server 2022

【図解】Windows Server 2022:役割と機能ウィザードを利用したWebサーバー(IIS)構築手順

Windows Server 2022:Webサーバー(IIS)は、デフォルトでインストールされていません。機能を追加するには「サーバーマネージャー ダッシュボード」->「役割と機能の追加ウィザード」でWebサーバー(IIS)のチェックボックスを有効化しインストールする必要があります。また、Webサーバー(IIS)を追加する際は管理者権限のあるユーザーで実施します。
Windows Server 2022

【図解】Windows Server 2022:PC名(ホスト名)変更手順

PC名の長さは制限である最大63バイト、文字数の最大15文字以下を推奨します。 今回は、Windows Server 2022でのコンピューター名の設定変更方法と補足としてコマンドプロンプト(cmd)によるPC名の確認方法を説明します。
VMware

【図解】VMware ESXi 7.0:Windows Server 2022インストール手順

VMware ESXiはVMware社が無償で配布しているハイパーバイザー型の仮想環境です。機能としては1つの物理マシンに複数台のWindows・Linux・Mac OSといった対応OSの仮想マシンを作成・動作させることができます。本記事では、ESXi7.0にWindows Server 2022をインストールする一連の手順を説明します。
Windows Server 2022

【デフォルト値】Windows Server 2022 Standard:サービスの表示名・サービス名一覧表

Windows Server 2022 Standard エディションをデスクトップエクスペリエンス(GUI)でOSをインストールし即時、「サービスとアプリケーション」のサービスのデフォルト値をPowerShellのコマンド「Get-Service」コマンドレットで出力し一覧表にまとめました。
Windows Server 2022

【デフォルト値】Windows Server 2022 Standard:役割と機能の一覧をテキスト・CSVファイルに出力

評価版 Windows Server 2022 Standard エディションをデスクトップエクスペリエンス(GUI)でOSをインストールし即時、役割と機能の規定値をPowerShellの「Get-WindowsFeature」コマンドでテキストファイル・CSVファイルに出力しました。本記事では役割と機能の一覧の表示・出力方法を説明します。
VMware

【図解】VMware Workstation Player:評価版 Windows Server 2022インストール手順

評価版 Windows Server 2022はISOファイルをダウンロード後、VMware Workstation Player上にインストールすることでOSを動作させることができます。自宅・個人端末でOSの学習・検証が可能です。利用できるバージョンはStandard、Datacenterとなります。 今回は仮想端末上にOSをインストールする方法を説明します。
Oracle-VM-VirtualBox

【図解】Oracle VM VirtualBox:評価版 Windows Server 2022インストール手順

評価版 Windows Server 2022はISOファイルをダウンロード後、VirtualBox上にインストールすることでOSを動作させることができます。自宅・個人端末でOSの学習・検証が可能です。利用できるバージョンはStandard、Datacenterとなります。 今回は仮想端末上にOSをインストールする方法を説明します。
Windows Server 2016

【図解】Windows Server 2016:タスクマネージャーの起動方法

タスクマネージャーはシステムの動作状況を調査・確認することができるソフトウェアです。使用しているパソコンの動作が重くCPU、メモリ、ディスクの使用率を確認したい。また、アプリケーションソフトのフリーズがありプロセス状況を確認・終了させたい場合があります。このような場合はWindows OSで標準利用することができる「タスクマネージャー」を起動しプロセス・パフォーマンスを確認します。
Windows7

【図解】Windows 7 パソコン:タスクマネージャーの起動方法

タスクマネージャーはシステムの動作状況を調査・確認することができるソフトウェアです。使用しているパソコンの動作が重くCPU、メモリの使用率を確認したい。また、アプリケーションソフトのフリーズがありプロセス状況を確認・終了させたい場合があります。このような場合はWindows OSで標準利用することができる「タスクマネージャー」を起動しプロセス・パフォーマンスを確認します。
Windows Server 2019

【図解】Windows Server 2019:タスクマネージャーの起動方法

タスクマネージャーはシステムの動作状況を調査・確認することができるソフトウェアです。使用しているパソコンの動作が重くCPU、メモリ、ディスクの使用率を確認したい。また、アプリケーションソフトのフリーズがありプロセス状況を確認・終了させたい場合があります。このような場合はWindows OSで標準利用することができる「タスクマネージャー」を起動しプロセス・パフォーマンスを確認します。
Windows8

【図解】Windows 8 / 8.1 パソコン:タスクマネージャーの起動方法

タスクマネージャーはシステムの動作状況を調査・確認することができるソフトウェアです。使用しているパソコンの動作が重くCPU、メモリ、ディスクの使用率を確認したい。また、アプリケーションソフトのフリーズがありプロセス状況を確認・終了させたい場合があります。このような場合はWindows OSで標準利用することができる「タスクマネージャー」を起動しプロセス・パフォーマンスを確認します。
Translate »
タイトルとURLをコピーしました