Windows Server 2019

Windows Server 2019

【図解】Windows Server 2019:リモートデスクトップ セッションシャドウイング設定

Windows Server 2019 のリモートデスクトップ セッションシャドウイング設定は、Windows10などの端末からリモートデスクトップ先の画面を2人で共有できる機能です。有効にするには Windows Server 2019 側で「ファイルとプリンターの共有設定」および、グループポリシーの「リモートデスクトップ サービスユーザー セッションのリモート制御のルールを設定する」項目を変更します。
Windows Server 2019

【図解】Windows Server 2019:USB機器の接続をグループポリシーで使用禁止にする

Windows Server 2019 のUSB機器の接続を禁止するには、グループポリシーを起動し「すべてのリムーバブル記憶域クラス すべてのアクセスを拒否」を有効に変更することでUSB機器の接続を拒否することができます。グループポリシーが適用された状態でリムーバブルディスクをサーバーに接続した場合、デバイスは表示されますが、ドライブを開く操作をするとアクセスが拒否された画面になります。
Windows Server 2019

【図解】Windows Server 2019:Windows Defender ファイアウォール設定 無効化方法

Windows Server 2019のデフォルト設定ではWindows Defenderファイアウォール設定は有効になっていますが、使用したいアプリケーションソフトウェアによっては通信ポートがブロックされ利用できない場合があります。本記事では、通信ポートをブロックしないWindows Defenderファイアウォールの無効化方法を説明します。
Windows Server 2019

【図解】Windows Server 2019:WSUS管理画面の接続エラー対処法

WSUS管理画面の接続エラーは発生時は、まずイベントビューアーのアプリケーションログ、IISのエラーログでエラーコード:503、および「Disabled WsusPool」が出力されているか確認します。出力されている場合は、IIS アプリケーションプール「WsusPool」の状態を確認 -> 停止している際は「WsusPool」を開始します。
Windows Server 2019

【図解】Windows Server 2019:WSUS(Windows Server Update Services)手動パッチ インポート手順

WSUSの一覧に適用したいパッチが表示されず、指定した特定のパッチをWSUSに取り込みたい場合は、WSUS管理画面の「更新のインポート」からMicrosoft Update Catalogに接続しKB番号を検索 ->「直接インポート Windows Server Update Services」の操作を実行することでインポート可能です。
Windows Server 2019

【図解】Windows Server 2019 WSUSサーバー:管理コンソールにクライアントPC(Windows10)を即時 表示する方法

グループポリシー設定でクライアントPCにWSUSサーバーへの向き先・ 自動更新の検出頻度のポリシーが適用できている状態でWSUS管理コンソールにクライアントPCが表示・登録されず即時でWSUS管理コンソールに表示させたい場合はクライアントPC側の操作で「更新プログラムのチェック」を実行します。本記事ではWindows10端末を利用した手順を説明します。
Windows Server 2019

【デフォルト値】評価版 Windows Server 2019 Essentials:役割と機能の一覧をテキスト・CSVファイルに出力

評価版 Windows Server 2019 Essentials エディションをデスクトップエクスペリエンス(GUI)でOSをインストールし即時、役割と機能の規定値をPowerShellの「Get-WindowsFeature」コマンドでテキストファイル・CSVファイルに出力しました。本記事では役割と機能の一覧の表示・出力方法を説明します。
Windows Server 2019

【デフォルト値】評価版 Windows Server 2019 Essentials:サービスの表示名・サービス名一覧表

評価版 Windows Server 2019 Essentialsをインストールし即時、「サービスとアプリケーション」のサービスのデフォルト値をPowerShellのコマンド「Get-Service」コマンドレットで出力し表にまとめました。本記事ではPowerShellコマンド結果および、 サービス一覧をエクスポートしサービスのデフォルト値を記載します。
Windows Server 2019

【図解】Windows Server 2019 :プライベートIPアドレス確認・変更方法

Windows Server 2019で使用しているパソコンのプライベートIPアドレスの確認、および手動で変更する方法を説明します。プライベートIPアドレスは、端末に割り当てられた住所にあたるものです。 本記事ではGUI(グラフィカルな操作)・コマンド(ipconfig)を使用した確認、設定方法を説明します。
Windows Server 2019

【図解】Windows Server 2019:WSUS(Windows Server Update Services)レポートビューワー表示設定

Windows Server 2019に構築したWSUSで状態レポートを表示するには前提条件として「Microsoft System CLR Types for SQL Server 2012」->「Microsoft Report Viewer 再頒布可能パッケージ 2012」の順に必要となるパッケージをインストールすることで 状態レポートの表示をすることができます。
Windows Server 2019

【図解】Windows Server 2019:Internet Explorer 11 削除(無効化)方法

Windows Server 2019の標準ブラウザは「 IE(Internet Explorer)11 」です。Internet Explorer が必要がなくなった場合は、管理者ユーザーでコマンドプロンプトを起動してInternet Explorer 11をアンインストール(無効化)することができます。※Internet Explorer 無効化後、再度有効化することも可能です。
Windows Server 2019

【図解】入門 Windows Server 2019:WSUS(Windows Server Update Services)構築手順

WSUSサーバーはローカル環境に設置することでクライアントPC( Windows7・8/8.1・10など)は直接Microsoft アップデートサーバーにアクセスせずローカル環境のWSUSサーバーからMicrosoft社が提供する更新プログラムを適用することができます。本記事では、Windows Server 2019でのWSUSサーバー構築手順を説明します。
Windows Server 2019

【図解】Windows Server 2019:リモートデスクトップ接続許可設定

リモートデスクトップはネットワーク経由で特定の端末を操作することができる遠隔操作機能です。Windows Server 2019で設定するにはシステム -> リモートデスクトップ画面で設定を有効化にする必要があります。※WindowsではデフォルトでRemote Desktop Protocol(RDP)プロトコルを使用しポート番号「3389」で接続します。
Windows Server 2019

【図解】Windows Server 2019:Google Chrome 手動インストール手順

Windows Server 2019では、デフォルトのWebブラウザーとして「IE11」がインストールされていますが「Google Chrome」を利用したい端末向けの手順です。インターネット接続環境・オフライン環境でインストール手順が異なります。本記事では2通りのインストール方法を説明します。
Windows Server 2019

【図解】Windows Server 2019:タスクマネージャーの起動方法

タスクマネージャーはシステムの動作状況を調査・確認することができるソフトウェアです。使用しているパソコンの動作が重くCPU、メモリ、ディスクの使用率を確認したい。また、アプリケーションソフトのフリーズがありプロセス状況を確認・終了させたい場合があります。このような場合はWindows OSで標準利用することができる「タスクマネージャー」を起動しプロセス・パフォーマンスを確認します。
Windows Server 2019

【図解】Windows Server 2019:Microsoft Edge 手動インストール手順

Windows Server 2019のデフォルトブラウザーは「IE(Internet Explorer)11」ですが、「Microsoft Edge」を利用したい端末向けの手順です。Microsoft Edgeは「Chromeと同様のChromium」というオープンソースのウェブブラウザーエンジンを採用しており、様々なOSで利用することができます。
Windows Server 2019

【図解】Windows Server 2019:ディスク クリーンアップ方法  

ディスククリーンアップは、不要なファイルを削除してディスクの空き容量を増やす機能です。「ダウンロードされたプログラムファイル」・「インターネット一時ファイル」・「ごみ箱」などのファイルを削除することでディスクの空き容量を増やせます。Cドライブが圧迫されWindowsの動作が重い・ドライブの空き領域が少なくなってきた場合、ディスククリーンアップは有効な方法です。
Windows Server 2019

【図解】Windows Server 2019 : 追加ハードディスク・SSD・仮想ディスクを認識させ新しいドライブとして設定する方法

Windows Server 2019がインストールされているハードディスク・SSD・仮想ディスクとは別に、追加するストレージを接続し認識させるためにはOS上で「ディスクの管理」->「ディスクの初期化」->「未割り当て」領域をフォーマットする必要があります。フォーマット後は新しいパーティション(Dドライブ・Eドライブなど)として利用することができます。
Windows Server 2019

【図解】Windows Server 2019: ディスク デフラグ実行・ログ確認手順

デフラグはハードディスク(HDD)やソリッドステートドライブ(SSD)の断片化しているファイルを正しい位置に整理し直す機能です。Windows Server 2019 標準で利用できる無償のツール「ドライブのデフラグと最適化」で行えます。本記事では「ドライブのデフラグと最適化」実行手順、およびデフラグ実行履歴を確認できるイベントビューアーでのログ確認方法を説明します。
Windows Server 2019

【図解】Windows Server 2019:Webサーバー(IIS) のバージョン確認手順

Windows Server 2019:Webサーバー(IIS)にインストールしているバージョンをGUI・コマンドプロンプト・PowerShellを利用して確認する方法を解説します。
Windows Server 2019

【図解】Windows Server 2019:役割と機能ウィザードを利用したWebサーバー(IIS)構築手順

Windows Server 2019:Webサーバー(IIS)は、デフォルトでインストールされていません。機能を追加するには「サーバーマネージャー ダッシュボード」->「役割と機能の追加ウィザード」でWebサーバー(IIS)のチェックボックスを有効化しインストールする必要があります。また、Webサーバー(IIS)を追加する際は管理者権限のあるユーザーで実施します。
Windows Server 2019

【図解】Windows Server 2019:役割と機能の削除ウィザードを利用した役割・機能の削除手順

役割、および機能のアンインストールはサーバーマネージャー ダッシュボード画面 -> 管理タブ「役割と機能の削除」で行います。アンインストールは管理者権限のユーザーアカウントで実施する必要があります。権限を持たないアカウントでは削除することができません。本記事では、Windows Server 2019の役割・機能を削除する手順を説明します。
Windows Server 2019

【図解】Windows Server 2019:AD(Active Directory)ドメインから離脱しワークグループに戻す手順

本記事では、AD(Active Directory)にドメインに参加しているWindows Server 2019のサーバーをドメインから抜け、ワークグループに戻す手順を説明します。ワークグループへの変更はシステムのプロパティ画面から変更することができます。
Windows Server 2019

【図解】Windows Server 2019:Active Directoryにドメイン参加する手順

Windows Server 2019 サーバーを ワークグループからドメイン参加する方法を解説します。Windows サーバーをドメインに参加する事で、ドメインのメンバーサーバーとなりドメインユーザーでのログイン・グループポリシーの適用が可能になります。
Windows Server 2019

【図解】Windows Server 2019:チェックディスク機能でHDD/SSDのエラーをチェックする方法

チェックディスクは、Windows OS標準で使われているドライブのエラーチェックツールです。システムエラーや不良セクタ(データが記録できなくなってしまった領域)を検知しエラーが発見された場合は、チェックディスクで修復できる可能性があります。本記事では、チェックディスク実行方法、イベントログによる結果確認方法を解説します
Sponsored Link
Translate »