Windows

Windows

Windows Server 2019「Windows メモリ診断」実行・ログ確認方法を解説

Windows Server 2019に標準搭載されている「Windowsメモリ診断」はメモリ異常を確認できるアプリケーションソフトです。意図しない再起動・ブルースクリーンが発生する回数が増えるようになってきたらOS・ディスク・メモリの不具合などが考えられますがメモリが原因になっている場合は「Windows メモリ診断」を推奨します。
Windows

Windows10からWindows Server 2012R2にリモートデスクトップ接続する方法を解説

Windowsリモートデスクトップは接続先のコンピュータのデスクトップ画面をネットワーク接続して遠隔で操作する機能です。 本記事では、Windows server 201R2でのGUIを利用したリモートデスクトップ接続の許可設定方法・Windows10からWindows Server 2012R2にリモートデスクトップ接続する手順を解説します。
Windows

Windows10からWindows Server 2019にリモートデスクトップ接続する方法を解説

Windowsリモートデスクトップは接続先のコンピュータのデスクトップ画面をネットワーク接続して遠隔で操作する機能です。 本記事では、Windows server 2019でのGUIを利用したリモートデスクトップ接続の許可設定方法・Windows10からWindows server 2019にリモートデスクトップ接続する手順を解説します。
Windows

Windows10からWindows Server 2016にリモートデスクトップ接続する方法を解説

Windowsリモートデスクトップは接続先のコンピュータのデスクトップ画面をネットワーク接続して遠隔で操作する機能です。 本記事では、Windows server 2016でのGUIを利用したリモートデスクトップ接続の許可設定方法・Windows10からWindows server 2016にリモートデスクトップ接続する手順を解説します。
Windows

Windows Server 2019:Windows Defender 無効化方法を解説

Windows Server 2019に標準搭載されているローカルグループポリシーエディターでGUI(グラフィカルな操作)を利用した永続的なWindowsDefender無効化の設定手順です。企業で使う場合は他製品のウイルス対策ソフトウェアを利用するケースがあるため他製品と競合させない場合の無効化方法を解説します。
Windows

Windows Server 2016:Windows Defender 無効化方法を解説

Windows Server 2016に標準搭載されているローカルグループポリシーエディターでGUI(グラフィカルな操作)を利用した永続的なWindowsDefender無効化の設定手順です。企業で使う場合は他製品のウイルス対策ソフトウェアを利用するケースがあるため他製品と競合させない場合の無効化方法を解説します。
Windows

Windows Server 2016 への「.NET 3.5」インストール手順(インターネット接続環境)

Windows Server 2016で利用するアプリケーションによっては.NET Framework 3.5 が必要となる場合があります。デフォルト(初期状態)ではOSに「.NET Framework 3.5」 が組み込まれていません。今回は手動での.NET Frameworkバージョン3.5インストール方法を紹介します。
Windows

Windows Server 2012 R2への「.NET 3.5」インストール手順(物理Disk使用)

Windows2012で利用するアプリケーションによっては.NET3.5 が必要となる場合があります。デフォルト(初期状態)では.NET Framework 3.5 がインストールされていません。今回はオフライン環境での物理OSインストールディスクを利用した「.NET Frameworkバージョン3.5」インストール方法を紹介します
Windows

Windows Server 2016への「.NET 3.5」インストール手順(物理Disk使用)

Windows2016で利用するアプリケーションによっては.NET3.5 が必要となる場合があります。デフォルト(初期状態)では.NET Framework 3.5 がインストールされていません。今回はオフライン環境での物理OSインストールディスクを利用した「.NET Frameworkバージョン3.5」インストール方法を紹介します
Windows

Windows Server 2019への「.NET 3.5」インストール手順(物理Disk使用)

Windows2019で利用するアプリケーションによっては.NET3.5 が必要となる場合があります。デフォルト(初期状態)では.NET Framework 3.5 がインストールされていません。今回はオフライン環境での物理OSインストールディスクを利用した「.NET Frameworkバージョン3.5」インストール方法を紹介します
Windows

Windows Server 2019への「.NET 3.5」インストール手順(インターネット接続環境)

Windows Server 2019で利用するアプリケーションによっては.NET Framework 3.5 が必要となる場合があります。デフォルト(初期状態)ではOSに「.NET Framework 3.5」 が組み込まれていません。今回は手動での.NET Frameworkバージョン3.5インストール方法を紹介します。
Windows

検証:Windows メモリ診断で搭載メモリ2GB・4GB・8GBの診断処理時間測定

Windows OSを利用時に突然の再起動・ブルースクリーンエラー・フリーズが 多く発生しパソコンが動かない場合はOS・ディスク・メモリの不具合などが考えられます。 今回は、Windows標準搭載アプリ「Windowsメモリ診断」で搭載メモリ2GB・4GB・8GBの診断処理時間を検証します。
Windows

Windows Server 2016 「 Windows Defender 」スキャン実行手順を解説

Windows Defenderは、Windows Server 2016に標準搭載されているセキュリティ・アプリケーションソフトです。ウイルス・スパイウェア・その他の悪意のあるソフトウェアを削除しブロックすることでサーバーを保護できます。今回はクイック、フル、カスタムスキャン方法を解説します。
Windows

Windows Server 2019 「 Windows Defender 」スキャン実行手順を解説

Windows Defenderは、Windows Server 2019に標準搭載されているセキュリティ・アプリケーションソフトです。ウイルス・スパイウェア・その他の悪意のあるソフトウェアを削除しブロックすることでサーバーを保護できます。今回はクイック、フル、カスタムスキャン方法を解説します。
Windows

【図解で理解】Windows Server 2012 R2 のPC名(ホスト名)変更手順

PC名の長さは制限である最大63バイト、文字数の最大15文字以下を推奨します。 今回は、Windows Server 2012 R2でのコンピューター名の設定変更方法と補足としてコマンドプロンプト(cmd)によるPC名の確認方法を紹介します。
Windows

【図解で理解】Windows Server 2016 のPC名(ホスト名)変更手順

PC名の長さは制限である最大63バイト、文字数の最大15文字以下を推奨します。 今回は、Windows Server 2016でのコンピューター名の設定変更方法と補足としてコマンドプロンプト(cmd)によるPC名の確認方法を紹介します。
Windows

Windows Server 2019 のPC名(ホスト名)変更手順

PC名の長さは制限である最大63バイト、文字数の最大15文字以下を推奨します。 今回は、Windows Server 2019でのコンピューター名の設定変更方法と補足としてコマンドプロンプト(cmd)によるPC名の確認方法を紹介します。
Windows

【図解で理解】Windows OSのIPアドレス・MACアドレスの確認方法

Windows OS(Windows 7、Windows 10など)で使用しているプライベートIPアドレス・MACアドレスはWindows標準搭載のコマンドラインツール(cmd)でipconfigコマンドを実行することで確認できます。 今回は「CMAN」「確認くん」でのグローバルIPの確認方法も併せて紹介します。
Windows

【図解で理解】Windows Server 2019のPCスペックの調べ方

Windows Server 2019のスペック、CPU・実装RAM(メモリー)・ビット数・エディション・バージョンを確認する方法をご紹介します。
Windows

Windows Server 2012/2016のPCスペックの調べ方

Windows Server 2012・Windows Server 2016のスペック(CPU・実装メモリ(RAM)・ビット数)を 確認する方法をご紹介します。
Windows

【図解で理解】Windows Server OSライセンス延長手順

評価版Windows OSのライセンス認証はOSインストール後に インターネット接続することで自動的にライセンス認証されます。 猶予期限切れのタイミング毎に定期的にライセンス延長(リセット)することでOSによって異なりますが評価版 Windows Server OSは最長約3年~3年半、評価・検証することができます。
Windows

【図解で理解】入門:Microsoft Active Directory サーバー構築手順を解説

ActiveDirectory(アクティブディレクトリ)はドメイン認証の仕組みを利用したユーザー情報を一元管理するための管理ツールです。 本記事ではサーバ側でのActiveDirectoryインストール、クライアントPC側でのドメイン参加/ドメインユーザーのログインまでの一連のActiveDirectory活用方法を紹介します。
タイトルとURLをコピーしました