Ubuntu Server

【図解】Windows OS(Windows11)からUbuntu Server 22.04 LTS SSH接続手順

Ubuntu Server 22.04 LTSで利用できるSSHサービスは、接続先のコンピュータのコンソール画面をネットワーク接続(SSHプロトコル:デフォルトport22を利用)して接続元の端末から安全に遠隔で操作することができます。本記事では、クライアントOS:Windows11から接続先のUbuntu Server 22.04 LTSにSSH接続する手順を説明します。
Ubuntu Desktop

【図解】Ubuntu Desktop 22.04 LTS:GUI・CUIを利用したIPアドレス確認手順

Ubuntu Desktopは人気の高いデスクトップ向けオペレーティングシステムです。WindowsOSの様なデスクトップとしての使いやすさから注目を集めています。本記事ではUbuntuのネットワーク設定のプライベートIPアドレスをGUI(グラフィカルな操作)・CUI(コマンドライン)で確認する手順を説明します。
Ubuntu Desktop

【図解】Ubuntu Desktop 22.04 LTS:aptコマンドを利用したGoogle Chromeインストール手順

Ubuntu Desktop 22.04 LTS のデフォルトは「Mozilla Firefox」がインストールされていますが「Google Chrome」を使いたい方のための手順です。本記事では「端末」からaptコマンドを使用したGoogleChromeのインストール方法を説明します。
Ubuntu Desktop

【図解】Ubuntu Desktop 22.04 LTS:Google Chromeインストール手順

Ubuntu Desktop 22.04 LTS のデフォルトは「Mozilla Firefox」がインストールされていますが「Google Chrome」を使いたい方のための手順です。本記事では、コマンド使用はしないでGoogleChromeをインストールする方法を説明します。
Microsoft-Hyper-V

【図解】Windows 11 Hyper-V:Ubuntu 22.04 LTSインストール手順

Windows11のHyper-Vで Ubuntu 22.04 LTSを利用するためにはコントロールパネルからHyper-Vを有効化->オペレーティングシステムの選択画面でUbuntu 22.04 LTSを選択 -> 仮想マシンを作成することでUbuntu 22.04 LTSをインストールすることができます。
Windows Server 2016

【図解】Windows Server 2016:ディスク クリーンアップ方法  

ディスククリーンアップは、不要なファイルを削除してディスクの空き容量を増やす機能です。「ダウンロードされたプログラムファイル」・「インターネット一時ファイル」・「ごみ箱」などのファイルを削除することでディスクの空き容量を増やせます。Cドライブが圧迫されWindowsの動作が重い・ドライブの空き領域が少なくなってきた場合、ディスククリーンアップは有効な方法です。
Windows Server 2022

【図解】Windows Server 2022: ディスク クリーンアップ方法

ディスククリーンアップは、不要なファイルを削除してディスクの空き容量を増やす機能です。「ダウンロードされたプログラムファイル」・「インターネット一時ファイル」・「ごみ箱」などのファイルを削除することでディスクの空き容量を増やせます。Cドライブが圧迫されWindowsの動作が重い・ドライブの空き領域が少なくなってきた場合、ディスククリーンアップは有効な方法です。
Windows Server 2022

【図解】Windows Server 2022:タスクマネージャーにディスク使用率を表示させる方法

Windows Server 2022のタスクマネージャーにディスク使用率を表示させるにはコマンドプロンプト、もしくはPowerShellでdiskperfコマンド「-y」オプションを実行することで表示できます。本記事では、コマンドプロンプトを利用しWindows Server 2022のパフォーマンスタブにディスク使用率を表示する方法を説明します。
Windows Server 2016

【図解】Windows Server 2016:プライベートIPアドレス確認・変更方法

Windows Server 2016で使用しているパソコンのプライベートIPアドレスの確認、および手動で変更する方法を説明します。プライベートIPアドレスは、端末に割り当てられた住所にあたるものです。 本記事ではGUI(グラフィカルな操作)・コマンド(ipconfig)を使用した確認、設定方法を説明します。
Windows Server 2022

【図解】Windows Server 2022:リモートデスクトップ セッションシャドウイング設定

Windows Server 2022 のリモートデスクトップ セッションシャドウイング設定は、Windows10などの端末からリモートデスクトップ先の画面を2人で共有できる機能です。有効にするには Windows Server 2022 側で「ファイルとプリンターの共有設定」および、グループポリシーの「リモートデスクトップ サービスユーザー セッションのリモート制御のルールを設定する」項目を変更します。
Windows Server 2016

【図解】Windows Server 2016:リモートデスクトップ セッションシャドウイング設定

Windows Server 2016 のリモートデスクトップ セッションシャドウイング設定は、Windows10などの端末からリモートデスクトップ先の画面を2人で共有できる機能です。有効にするには Windows Server 2016 側で「ファイルとプリンターの共有設定」および、グループポリシーの「リモートデスクトップ サービスユーザー セッションのリモート制御のルールを設定する」項目を変更します。
Windows Server 2019

【図解】Windows Server 2019:リモートデスクトップ セッションシャドウイング設定

Windows Server 2019 のリモートデスクトップ セッションシャドウイング設定は、Windows10などの端末からリモートデスクトップ先の画面を2人で共有できる機能です。有効にするには Windows Server 2019 側で「ファイルとプリンターの共有設定」および、グループポリシーの「リモートデスクトップ サービスユーザー セッションのリモート制御のルールを設定する」項目を変更します。
Windows Server 2022

【図解】Windows Server 2022:USB機器の接続をグループポリシーで使用禁止にする

Windows Server 2022 のUSB機器の接続を禁止するには、グループポリシーを起動し「すべてのリムーバブル記憶域クラス すべてのアクセスを拒否」を有効に変更することでUSB機器の接続を拒否することができます。グループポリシーが適用された状態でリムーバブルディスクをサーバーに接続した場合、デバイスは表示されますが、ドライブを開く操作をするとアクセスが拒否された画面になります。
Windows Server 2016

【図解】Windows Server 2016:USB機器の接続をグループポリシーで使用禁止にする

Windows Server 2016 のUSB機器の接続を禁止するには、グループポリシーを起動し「すべてのリムーバブル記憶域クラス すべてのアクセスを拒否」を有効に変更することでUSB機器の接続を拒否することができます。グループポリシーが適用された状態でリムーバブルディスクをサーバーに接続した場合、デバイスは表示されますが、ドライブを開く操作をするとアクセスが拒否された画面になります。
Windows Server 2019

【図解】Windows Server 2019:USB機器の接続をグループポリシーで使用禁止にする

Windows Server 2019 のUSB機器の接続を禁止するには、グループポリシーを起動し「すべてのリムーバブル記憶域クラス すべてのアクセスを拒否」を有効に変更することでUSB機器の接続を拒否することができます。グループポリシーが適用された状態でリムーバブルディスクをサーバーに接続した場合、デバイスは表示されますが、ドライブを開く操作をするとアクセスが拒否された画面になります。
Windows10

【図解】Windows10 パソコン:使用端末のUSB機器の接続をグループポリシーで使用禁止にする

Windows10 パソコンのUSB機器の接続を禁止するには、グループポリシーを起動し「すべてのリムーバブル記憶域クラス すべてのアクセスを拒否」を有効に変更することでUSB機器の接続を拒否することができます。グループポリシーが適用された状態でリムーバブルディスクをPCに接続した場合、デバイスは表示されますが、ドライブを開く操作をするとアクセスが拒否された画面になります。
Windows11

【図解】Windows11 パソコン:使用端末のUSB機器の接続をグループポリシーで使用禁止にする

Windows11 パソコンのUSB機器の接続を禁止するには、グループポリシーを起動し「すべてのリムーバブル記憶域クラス すべてのアクセスを拒否」を有効に変更することでUSB機器の接続を拒否することができます。グループポリシーが適用された状態でリムーバブルディスクをPCに接続した場合、デバイスは表示されますが、ドライブを開く操作をするとアクセスが拒否された画面になります。
Windows10

【図解】Windows 10 PC正常性チェック:Windows 11の要件を満たしているか確認する方法

Windows 10 PC正常性チェックは MicrosoftのWindows Update「KB5005463」を適用後、もしくは、手動で PC正常性チェックのソフトウェアをインストールすることで使用することができます。本記事では、 PC正常性チェック アプリを使用して Windows 10 から Windows 11へのアップデートする要件を満たしているか確認する方法を説明します。
VMware

【図解】VMware Workstation Player:仮想端末 Windows Server 2012 Hyper-Vを追加時にエラー出力される場合の対処法

VMware Workstation Player上に構築したWindows Server 2012に役割と機能の追加ウィザードからHyper-Vを試み「機能をインストールしようとしているサーバーで問題が検出されました。選択した機能は、選択したサーバーの現在の構成と互換性がありません。」が表示される場合の対処法を説明します。
VMware

【図解】VMware Workstation Player:仮想端末 Windows Server 2012 R2 Hyper-Vを追加時にエラー出力される場合の対処法

VMware Workstation Player上に構築したWindows Server 2012 R2に役割と機能の追加ウィザードからHyper-Vを試み「機能をインストールしようとしているサーバーで問題が検出されました。選択した機能は、選択したサーバーの現在の構成と互換性がありません。」が表示される場合の対処法を説明します。
Microsoft-Hyper-V

【図解】Windows Server 2012 R2:Hyper-V 有効化/無効化手順

Windows Server 2012 R2でHyper-Vを有効化し仮想マシンを作成するには、前提としてサーバーマネージャーから「Hyper-V」のチェックボックスを有効化する必要があります。Hyper-Vはデフォルトで無効になっています。必要に応じ「サーバーマネージャー」->「役割と機能の追加ウィザード」で有効化します。
Ubuntu Server

【図解】Windows 11 Hyper-V:Ubuntu Server 20.04 LTSインストール手順

Ubuntu Serverはサーバー用途として利用されることが多いLinuxディストリビューションです。無償でUbuntu Server 20.04 LTSのISOイメージファイルをダウンロードすることができます。本記事では、Windows11 ProのHyper-Vを有効化後、ISOファイルを読み込ませUbuntu Serverを構築する手順を説明します。
Microsoft-Hyper-V

【図解】Windows Server 2016:Hyper-V 有効化/無効化手順

Windows Server 2016でHyper-Vを有効化し仮想マシンを作成するには、前提としてサーバーマネージャーから「Hyper-V」のチェックボックスを有効化する必要があります。Hyper-Vはデフォルトで無効になっています。必要に応じ「サーバーマネージャー」->「役割と機能の追加ウィザード」で有効化します。
Microsoft-Hyper-V

【図解】Windows Server 2019:Hyper-V 有効化/無効化手順

Windows Server 2019でHyper-Vを有効化し仮想マシンを作成するには、前提としてサーバーマネージャーから「Hyper-V」のチェックボックスを有効化する必要があります。Hyper-Vはデフォルトで無効になっています。必要に応じ「サーバーマネージャー」->「役割と機能の追加ウィザード」で有効化します。
Microsoft-Hyper-V

【図解】Windows Server 2022:Hyper-V 有効化/無効化手順

Windows Server 2022でHyper-Vを有効化し仮想マシンを作成するには、前提としてサーバーマネージャーから「Hyper-V」のチェックボックスを有効化する必要があります。Hyper-Vはデフォルトで無効になっています。必要に応じ「サーバーマネージャー」->「役割と機能の追加ウィザード」で有効化します。
Sponsored Link
Translate »