Windows Server 2019

【デフォルト値】評価版 Windows Server 2019 Essentials:役割と機能の一覧をテキスト・CSVファイルに出力

評価版 Windows Server 2019 Essentials エディションをデスクトップエクスペリエンス(GUI)でOSをインストールし即時、役割と機能の規定値をPowerShellの「Get-WindowsFeature」コマンドでテキストファイル・CSVファイルに出力しました。本記事では役割と機能の一覧の表示・出力方法を説明します。
Windows Server 2019

【デフォルト値】評価版 Windows Server 2019 Essentials:サービスの表示名・サービス名一覧表

評価版 Windows Server 2019 Essentialsをインストールし即時、「サービスとアプリケーション」のサービスのデフォルト値をPowerShellのコマンド「Get-Service」コマンドレットで出力し表にまとめました。本記事ではPowerShellコマンド結果および、 サービス一覧をエクスポートしサービスのデフォルト値を記載します。
Windows11

【図解】Windows 11 Home パソコン:ローカルアカウントのユーザー作成方法

Windows 11 Home パソコンを複数のユーザーでアカウントを使い分けたい場合は「設定」->「家族とその他のユーザー」からローカルアカウントのユーザーを追加することで個人専用のフォルダーやデスクトップを利用することができます。本記事では、Windows 11 Homeエディションでのローカルアカウントのユーザー作成方法を説明します。
Windows10

【デフォルト値】Windows 10 Home バージョン21H2:サービスの表示名・サービス名一覧表

評価版 Windows 10 Home バージョン21H2をインストールし即時、「サービスとアプリケーション」のサービスのデフォルト値をPowerShellのコマンド「Get-Service」コマンドレットで出力し表にまとめました。本記事ではPowerShellコマンド結果および、 サービス一覧をエクスポートしサービスのデフォルト値を記載します。
Windows10

【デフォルト値】Windows 10 Pro バージョン21H2:サービスの表示名・サービス名一覧表

評価版 Windows 10 Pro バージョン21H2をインストールし即時、「サービスとアプリケーション」のサービスのデフォルト値をPowerShellのコマンド「Get-Service」コマンドレットで出力し表にまとめました。本記事ではPowerShellコマンド結果および、 サービス一覧をエクスポートしサービスのデフォルト値を記載します。
Windows11

【デフォルト値】Windows 11 Pro バージョン21H2:サービスの表示名・サービス名一覧表

評価版 Windows 11 Pro バージョン21H2をインストールし即時、「サービスとアプリケーション」のサービスのデフォルト値をPowerShellのコマンド「Get-Service」コマンドレットで出力し表にまとめました。本記事ではPowerShellコマンド結果および、 サービス一覧をエクスポートしサービスのデフォルト値を記載します。
Windows11

【デフォルト値】Windows 11 Home バージョン21H2:サービスの表示名・サービス名一覧表

評価版 Windows 11 Home バージョン21H2をインストールし即時、「サービスとアプリケーション」のサービスのデフォルト値をPowerShellのコマンド「Get-Service」コマンドレットで出力し表にまとめました。本記事ではPowerShellコマンド結果および、 サービス一覧をエクスポートしサービスのデフォルト値を記載します。
Oracle-VM-VirtualBox

【図解】Oracle VM VirtualBox:評価版 Windows11 インストール方法

評価版 Windows11のISOファイルを「Oracle VM VirtualBox」で動作させるためにはOSインストール画面で「Shift+F10」キーを押下後、レジストリエディターでTPMの設定・セキュアブートの制限を回避(バイパス)させます。
VMware

【図解】VMware Workstation Player 16:評価版 Windows11 インストール方法

評価版 Windows11のISOファイルを「VMware Workstation Player」で動作させるためにはOSインストール画面で「Shift+F10」キーを押下後、レジストリエディターでTPMの設定を回避(バイパス)させます。※LabConfigキーを作成しDWORD(32ビット)値、BypassTPMCheckの値のデータを0→1に変更します。
Windows Server 2022

【図解】Windows Server 2022:Internet Explorer 削除(無効化)方法

Windows Server 2022の標準ブラウザは「 IE(Internet Explorer)・Microsoft Edge」です。Internet Explorer が必要がなくなった場合は、GUIおよび、管理者ユーザーでコマンドプロンプトを起動してInternet Explorer 11をアンインストール(無効化)することができます。※Internet Explorer 無効化後、再度有効化することも可能です。
Windows10

【図解】Windows 10 パソコン:バックアップと復元(Windows 7)システムイメージバックアップ取得・復元方法

バックアップと復元(Windows 7) で事前にバックアップを取得しておけば、Cドライブに保存していたファイル・フォルダーが破損・損失した場合、事前に取得したバックアップから復元することができます。また、パソコンが正常に動作しなくなった場合、システムイメージを使用して回復することでパソコンが正常に動作していたときの状態に戻すことができます。
Windows10

【図解】Windows 10 パソコン:バックアップと復元(Windows 7)のバックアップ取得・復元方法

バックアップと復元(Windows 7) で事前にバックアップを取得しておけば、Cドライブに保存していたファイル・フォルダーが破損・損失した場合、事前に取得したバックアップから復元することができます。また、パソコンが正常に動作しなくなった場合、システムイメージを使用して回復することでパソコンが正常に動作していたときの状態に戻すこともできます。
Windows11

【図解】Windows 11 パソコン:バックアップと復元(Windows 7)システムイメージバックアップ取得・復元方法

バックアップと復元(Windows 7) で事前にバックアップを取得しておけば、Cドライブに保存していたファイル・フォルダーが破損・損失した場合、事前に取得したバックアップから復元することができます。また、パソコンが正常に動作しなくなった場合、システムイメージを使用して回復することでパソコンが正常に動作していたときの状態に戻すことができます。
Windows11

【図解】Windows 11 パソコン:バックアップと復元(Windows 7)のバックアップ取得・復元方法

バックアップと復元(Windows 7) で事前にバックアップを取得しておけば、Cドライブに保存していたファイル・フォルダーが破損・損失した場合、事前に取得したバックアップから復元することができます。また、パソコンが正常に動作しなくなった場合、システムイメージを使用して回復することでパソコンが正常に動作していたときの状態に戻すこともできます。
wordpress

【図解】Windows Server 2019 :プライベートIPアドレス確認・変更方法

Windows Server 2019で使用しているパソコンのプライベートIPアドレスの確認、および手動で変更する方法を説明します。プライベートIPアドレスは、端末に割り当てられた住所にあたるものです。 本記事ではGUI(グラフィカルな操作)・コマンド(ipconfig)を使用した確認、設定方法を説明します。
Windows Server 2022

【図解】Windows Server 2022 :プライベートIPアドレス確認・変更方法

Windows Server 2022で使用しているパソコンのプライベートIPアドレスの確認、および手動で変更する方法を説明します。プライベートIPアドレスは、端末に割り当てられた住所にあたるものです。 本記事ではGUI(グラフィカルな操作)・コマンド(ipconfig)を使用した確認、設定方法を説明します。
Windows10

【図解】Windows10 パソコン:プライベートIPアドレス確認・変更方法

Windows 10で使用しているパソコンのプライベートIPアドレスの確認、および手動で変更する方法を説明します。プライベートIPアドレスは、パソコンに割り当てられた住所にあたるものです。 本記事ではGUI(グラフィカルな操作)・コマンド(ipconfig)を使用した確認、設定方法を説明します。
Windows11

【図解】Windows11 パソコン:プライベートIPアドレス確認・変更方法

Windows 11で使用しているパソコンのプライベートIPアドレスの確認、および手動で変更する方法を説明します。プライベートIPアドレスは、パソコンに割り当てられた住所にあたるものです。 本記事ではGUI(グラフィカルな操作)・コマンド(ipconfig)を使用した確認、設定方法を説明します。
Windows11

【図解】Windows 11 パソコン:「Windows Media Player」を利用した音楽CDを取り込み、複製する方法

音楽CDの作成はWindows 11パソコンに標準搭載されているメディアプレーヤー「Windows Media Player」がおすすめです。Wav.MP3形式などの音楽CDのファイルを Windows Media Player に取り込み、CD-Rに書き込むことで音楽CDを作成することができます。
Windows Server 2022

【図解】Windows Server 2022:役割と機能の削除ウィザードを利用した役割・機能の削除手順

役割、および機能のアンインストールはサーバーマネージャー ダッシュボード画面 -> 管理タブ「役割と機能の削除」で行います。アンインストールは管理者権限のユーザーアカウントで実施する必要があります。権限を持たないアカウントでは削除することができません。本記事では、Windows Server 2022の役割・機能を削除する手順を説明します。
Windows11

【図解】Windows 11 パソコン:エクスプローラーの起動方法

Windows11 パソコンのエクスプローラーは使用頻度が高いフォルダーなどを開くときに使う機能でファイラーと呼ばれる種類のプログラムです。Cドライブ・Dドライブ・ダウンロード・ドキュメントフォルダー等を表示することができます。また、ファイル移動・ファイルコピー・プログラム起動など様々な場面でよく使うアプリケーションです。便利な機能のため活用しましょう。
Windows11

【図解】Windows 11 パソコン:サンドボックス(使い捨て仮想マシン)利用手順

サンドボックス上の仮想マシンはどのような動作をするか分からないソフトウェアのインストール検証・セキュリティ面で信頼できないWebサイトを閲覧するときなど、ウイルスや不明なプログラムの影響を受けることなく実行できます。サンドボックスを停止した際、Webサイトの履歴・変更した設定・インストールしたソフトウェアなどのOSの状態を完全に破棄します。
Windows11

【図解】Windows11 パソコン:タスクマネージャーの起動方法

タスクマネージャーはシステムの動作状況を調査・確認することができるソフトウェアです。使用しているパソコンの動作が重くCPU、メモリ、ディスクの使用率を確認したい。また、アプリケーションソフトのフリーズがありプロセス状況を確認・終了させたい場合があります。このような場合はWindows OSで標準利用することができる「タスクマネージャー」を起動しプロセス・パフォーマンスを確認します。
Windows Server 2022

【図解】入門 Windows Server 2022:WSUS(Windows Server Update Services)構築手順

WSUSサーバーはローカル環境に設置することでクライアントPC( Windows7・8/8.1・10・11など)は直接Microsoft アップデートサーバーにアクセスせずローカル環境のWSUSサーバーからMicrosoft社が提供する更新プログラムを適用することができます。本記事では、Windows Server 2022でのWSUSサーバー構築手順を説明します。
Windows Server 2022

【図解】Windows Server 2022:WSUS(Windows Server Update Services)レポートビューワー表示設定

Windows Server 2022に構築したWSUSで状態レポートを表示するには前提条件として「Microsoft System CLR Types for SQL Server 2012」->「Microsoft Report Viewer 再頒布可能パッケージ 2012」の順に必要となるパッケージをインストールすることで 状態レポートの表示をすることができます。
Sponsored Link
Translate »
タイトルとURLをコピーしました