Windows8.1

【図解】Windows 8.1 パソコン: 追加ハードディスク・SSDを認識させ新しいドライブとして設定する方法

Windows 8.1がインストールされているハードディスク・SSDとは別に、追加するハードディスク・SSDを接続し認識させるためにはOS上で「ディスクの管理」->「ディスクの初期化」->「未割り当て」領域をフォーマットする必要があります。フォーマット後は新しいパーティション(Dドライブ・Eドライブなど)として利用することができます。
Windows Server 2012/R2

【図解】Windows Server 2012 R2 : 追加ハードディスク・SSD・仮想ディスクを認識させ新しいドライブとして設定する方法

Windows Server 2012 R2 がインストールされているハードディスク・SSD・仮想ディスクとは別に、追加するストレージを接続し認識させるためにはOS上で「ディスクの管理」->「ディスクの初期化」->「未割り当て」領域をフォーマットする必要があります。フォーマット後は新しいパーティション(Dドライブ・Eドライブなど)として利用することができます。
Windows7

【図解】Windows7 パソコン: 追加ハードディスク・SSDを認識させ新しいドライブとして設定する方法

Windows 7がインストールされているハードディスク・SSDとは別に、追加するハードディスク・SSDを接続し認識させるためにはOS上で「ディスクの管理」->「ディスクの初期化」->「未割り当て」領域をフォーマットする必要があります。フォーマット後は新しいパーティション(Dドライブ・Eドライブなど)として利用することができます。
Windows Server 2016

【図解】Windows Server 2016 : 追加ハードディスク・SSD・仮想ディスクを認識させ新しいドライブとして設定する方法

Windows Server 2016がインストールされているハードディスク・SSD・仮想ディスクとは別に、追加するストレージを接続し認識させるためにはOS上で「ディスクの管理」->「ディスクの初期化」->「未割り当て」領域をフォーマットする必要があります。フォーマット後は新しいパーティション(Dドライブ・Eドライブなど)として利用することができます。
Windows Server 2019

【図解】Windows Server 2019 : 追加ハードディスク・SSD・仮想ディスクを認識させ新しいドライブとして設定する方法

Windows Server 2019がインストールされているハードディスク・SSD・仮想ディスクとは別に、追加するストレージを接続し認識させるためにはOS上で「ディスクの管理」->「ディスクの初期化」->「未割り当て」領域をフォーマットする必要があります。フォーマット後は新しいパーティション(Dドライブ・Eドライブなど)として利用することができます。
Windows10

【図解】Windows10 パソコン: 追加ハードディスク・SSDを認識させ新しいドライブとして設定する方法

Windows 10がインストールされているハードディスク・SSDとは別に、追加するハードディスク・SSDを接続し認識させるためにはOS上で「ディスクの管理」->「ディスクの初期化」->「未割り当て」領域をフォーマットする必要があります。フォーマット後は新しいパーティション(Dドライブ・Eドライブなど)として利用することができます。
Windows Server 2016

【図解】物理 Windows Server 2016: ディスク デフラグ実行・ログ確認手順

デフラグはハードディスク(HDD)やソリッドステートドライブ(SSD)の断片化しているファイルを正しい位置に整理し直す機能です。Windows Server 2016 標準で利用できる無償のツール「ドライブのデフラグと最適化」で行えます。本記事では「ドライブのデフラグと最適化」実行手順、およびデフラグ実行履歴を確認できるイベントビューアーでのログ確認方法を解説します。
Windows Server 2012/R2

【図解】物理 Windows Server 2012 R2: ディスク デフラグ実行・ログ確認手順

デフラグはハードディスク(HDD)やソリッドステートドライブ(SSD)の断片化しているファイルを正しい位置に整理し直す機能です。Windows Server 2012 R2 標準で利用できる無償のツール「ドライブのデフラグと最適化」で行えます。本記事では「ドライブのデフラグと最適化」実行手順、およびデフラグ実行履歴を確認できるイベントビューアーでのログ確認方法を解説します。
Windows Server 2019

【図解】物理 Windows Server 2019: ディスク デフラグ実行・ログ確認手順

デフラグはハードディスク(HDD)やソリッドステートドライブ(SSD)の断片化しているファイルを正しい位置に整理し直す機能です。Windows Server 2019 標準で利用できる無償のツール「ドライブのデフラグと最適化」で行えます。本記事では「ドライブのデフラグと最適化」実行手順、およびデフラグ実行履歴を確認できるイベントビューアーでのログ確認方法を解説します。
Windows7

【図解】Windows7 パソコン: ディスク デフラグ実行・ログ確認手順

デフラグはドライブの断片化しているファイルを正しい位置に整理し直す機能です。Windows7で標準で利用できるツール「ディスクデフラグツール」で行えます。デフラグの実行時間は、ドライブの容量や断片化したファイル数によってはそれなりに時間がかかります。ノートパソコンを使用している場合は、ACアダプターを接続した状態で実行することを推奨します。
Windows10

【図解】Windows10 パソコン: ディスク デフラグ実行・ログ確認手順

デフラグはドライブの断片化しているファイルを正しい位置に整理し直す機能です。Windows10で標準で利用できるツール「ドライブのデフラグと最適化」で行えます。デフラグの実行時間は、ドライブの容量や断片化したファイル数によってはそれなりに時間がかかります。ノートパソコンを使用している場合は、ACアダプターを接続した状態で実行することを推奨します。
Windows7

【図解】Windows 7 パソコン:無線 LAN ( Wi-Fi ) 機能が対応されているか確認する方法

Windows 7 パソコンの無線 LAN ( Wi-Fi ) 機能が対応しているかどうかは「コントロールパネル」->「ネットワークと共有センター」->「アダプターの設定の変更」画面から確認することができます。ネットワークインターフェースカードが無線 LANの機能を搭載していなければ「ネットワーク接続」項目一覧にWi-Fiのアイコンが表示されません。
Windows8.1

【図解】Windows8.1 パソコン:無線 LAN ( Wi-Fi ) 機能が対応されているか確認する方法

Windows8.1 パソコンの無線 LAN ( Wi-Fi ) 機能が対応しているかどうかはデスクトップ画面左下の「Windowsアイコン」を右クリック ->「ネットワーク接続」を選択します。ネットワークインターフェースカードが無線 LANの機能を搭載していなければ「ネットワーク接続」項目一覧にWi-Fiのアイコンが表示されません。
Windows7

【図解】Windows 7:Windowsの機能 アンインストール

Windows 7 機能のアンインストールは「コントロールパネル」->「 プログラムのアンインストール 」->「 Windows の機能の有効化または無効化 」で行います。Windowsの機能画面に一覧が表示され削除するプログラムのチェックボックスをオフにすることでアンインストールすることができます。
Windows8.1

【図解】Windows 8.1:Windowsの機能 アンインストール

Windows 8.1 機能のアンインストールは「コントロールパネル」->「 プログラムのアンインストール 」->「 Windows の機能の有効化または無効化 」で行います。Windowsの機能画面に一覧が表示され削除するプログラムのチェックボックスをオフにすることでアンインストールすることができます。
Windows10

【図解】Windows 10:Windowsの機能 アンインストール

Windows 10 機能のアンインストールは「コントロールパネル」->「 プログラムのアンインストール 」->「 Windows の機能の有効化または無効化 」で行います。Windowsの機能画面に一覧が表示され削除するプログラムのチェックボックスをオフにすることでアンインストールすることができます。
Windows8.1

【図解】Windows 8 / 8.1 パソコン:Wi-Fi(無線LAN)に接続する手順を解説

Windows8 / 8.1 パソコンから一般家庭向けに設置されているルーター経由でWi-Fi(アクセスポイント)からインターネットに接続する設定方法を解説します。ルーターの親機のラベルに記載されているネットワーク名(SSID)を選択・セキュリティキーをWindows8 / 8.1のパソコンから入力することで接続できます。
Windows7

【図解】Windows 7 パソコン:Wi-Fi(無線LAN)に接続する手順を解説

Windows7 パソコンから一般家庭向けに設置されているルーター経由でWi-Fi(アクセスポイント)からインターネットに接続する設定方法を解説します。ルーターの親機のラベルに記載されているネットワーク名(SSID)を選択・セキュリティキーをWindows7のパソコンから入力することで接続できます。
Windows7

【図解】Windows 7 :有線LANと無線LANの優先順位を変更する手順

NIC(ネットワークインターフェースカード)には、IPv4・IPv6それぞれにメトリックという数値があります。複数のNICがある場合、メトリック値に応じてどちらのNICを優先的に利用するかGUI(視覚的な操作)で優先度を指定することができます。本記事では、メトリック値の変更方法・タスクマネージャーを利用した確認方法を解説します。
Windows8.1

【図解】Windows 8 / 8.1 :有線LANと無線LANの優先順位を変更する手順

NIC(ネットワークインターフェースカード)には、IPv4・IPv6それぞれにメトリックという数値があります。複数のNICがある場合、メトリック値に応じてどちらのNICを優先的に利用するかGUI(視覚的な操作)で優先度を指定することができます。本記事では、メトリック値の変更方法・タスクマネージャーを利用した確認方法を解説します。
Windows7

【図解】Windows 7:インターネットインフォメーションサービス(IIS)のバージョン確認手順

Windows 7:インターネットインフォメーションサービス(IIS)をインストールしているバージョンをGUI・コマンドプロンプトを利用して確認する方法を解説します。
Windows8.1

【図解】Windows 8.1:インターネットインフォメーションサービス(IIS)のバージョン確認手順

Windows 8.1:インターネットインフォメーションサービス(IIS)をインストールしているバージョンをGUI・コマンドプロンプトを利用して確認する方法を解説します。
Windows10

【図解】Windows 10:インターネットインフォメーションサービス(IIS)のバージョン確認手順

Windows 10:インターネットインフォメーションサービス(IIS)をインストールしているバージョンをGUI・コマンドプロンプト・PowerShellを利用して確認する方法を解説します。
Windows Server 2012/R2

【図解】Windows Server 2012 R2:Webサーバー(IIS) のバージョン確認手順

Windows Server 2012 R2:Webサーバー(IIS)にインストールしているバージョンをGUI・コマンドプロンプトを利用して確認する方法を解説します。
Windows Server 2016

【図解】Windows Server 2016:Webサーバー(IIS) のバージョン確認手順

Windows Server 2016:Webサーバー(IIS)にインストールしているバージョンをGUI・コマンドプロンプト・PowerShellを利用して確認する方法を解説します。
Windows Server 2019

【図解】Windows Server 2019:Webサーバー(IIS) のバージョン確認手順

Windows Server 2019:Webサーバー(IIS)にインストールしているバージョンをGUI・コマンドプロンプト・PowerShellを利用して確認する方法を解説します。
Windows7

【図解】Windows 7:インターネットインフォメーションサービス(IIS)構築手順

Windows 7:インターネットインフォメーションサービスは、デフォルトでインストールされていません。機能を追加するには「コントロールパネル」->「プログラムとアンインストール」->「Windows の機能の有効化または無効化」でインターネットインフォメーションサービスのチェックボックスを有効化しインストールする必要があります。
Windows8.1

【図解】Windows 8.1:インターネットインフォメーションサービス(IIS)構築手順

Windows 8.1:インターネットインフォメーションサービスは、デフォルトでインストールされていません。機能を追加するには「コントロールパネル」->「プログラムとアンインストール」->「Windows の機能の有効化または無効化」でインターネットインフォメーションサービスのチェックボックスを有効化しインストールする必要があります。
Windows10

【図解】Windows 10 Pro:インターネットインフォメーションサービス(IIS)構築手順

Windows 10 Pro:インターネットインフォメーションサービスは、デフォルトでインストールされていません。機能を追加するには「コントロールパネル」->「プログラムとアンインストール」->「Windows の機能の有効化または無効化」でインターネットインフォメーションサービスのチェックボックスを有効化しインストールする必要があります。
Windows10

【図解】Windows 10 Home:インターネットインフォメーションサービス(IIS)構築手順

Windows 10 Home:インターネットインフォメーションサービスは、デフォルトでインストールされていません。機能を追加するには「コントロールパネル」->「プログラムとアンインストール」->「Windows の機能の有効化または無効化」でインターネットインフォメーションサービスのチェックボックスを有効化しインストールする必要があります。
Windows Server 2012/R2

【図解】Windows Server 2012 R2:役割と機能ウィザードを利用したWebサーバー(IIS)構築手順

Windows Server 2012 R2:Webサーバー(IIS)は、デフォルトでインストールされていません。機能を追加するには「サーバーマネージャー ダッシュボード」->「役割と機能の追加ウィザード」でWebサーバー(IIS)のチェックボックスを有効化しインストールする必要があります。また、Webサーバー(IIS)を追加する際は管理者権限のあるユーザーで実施します。
Windows Server 2016

【図解】Windows Server 2016:役割と機能ウィザードを利用したWebサーバー(IIS)構築手順

Windows Server 2016:Webサーバー(IIS)は、デフォルトでインストールされていません。機能を追加するには「サーバーマネージャー ダッシュボード」->「役割と機能の追加ウィザード」でWebサーバー(IIS)のチェックボックスを有効化しインストールする必要があります。また、Webサーバー(IIS)を追加する際は管理者権限のあるユーザーで実施します。
Windows Server 2019

【図解】Windows Server 2019:役割と機能ウィザードを利用したWebサーバー(IIS)構築手順

Windows Server 2019:Webサーバー(IIS)は、デフォルトでインストールされていません。機能を追加するには「サーバーマネージャー ダッシュボード」->「役割と機能の追加ウィザード」でWebサーバー(IIS)のチェックボックスを有効化しインストールする必要があります。また、Webサーバー(IIS)を追加する際は管理者権限のあるユーザーで実施します。
Windows Server 2012/R2

【図解】Windows Server 2012 R2:役割と機能の削除ウィザードを利用した役割・機能の削除手順

役割、および機能のアンインストールは「サーバーマネージャー ダッシュボード」画面 -> 管理タブ「役割と機能の削除」で行います。アンインストールは管理者権限のユーザーアカウントで実施する必要があります。権限を持たないアカウントでは削除することができません。本記事では、Windows Server 2016の画像で役割、および機能を削除する手順を解説します。
Windows Server 2016

【図解】Windows Server 2016:役割と機能の削除ウィザードを利用した役割・機能の削除手順

役割、および機能のアンインストールは「サーバーマネージャー ダッシュボード」画面 -> 管理タブ「役割と機能の削除」で行います。アンインストールは管理者権限のユーザーアカウントで実施する必要があります。権限を持たないアカウントでは削除することができません。本記事では、Windows Server 2016の画像で役割、および機能を削除する手順を解説します。
Windows Server 2019

【図解】Windows Server 2019:役割と機能の削除ウィザードを利用した役割・機能の削除手順

役割、および機能のアンインストールは「サーバーマネージャー ダッシュボード」画面 -> 管理タブ「役割と機能の削除」で行います。アンインストールは管理者権限のユーザーアカウントで実施する必要があります。権限を持たないアカウントでは削除することができません。本記事では、Windows Server 2019の画像で役割、および機能を削除する手順を解説します。
Windows Server 2016

【図解】Windows Server 2016:サーバースペックの調べ方

Windows Server 2016 のサーバースペックは「システム」から確認できます。サーバーリプレース時やソフトウェアインストール時の対応ビット数の確認などでサーバーのスペックを調べたい方のための手順です。プロセッサ・実装RAM(搭載メモリ)・ビット数・エディションを確認する方法を紹介します。
Windows7

【図解】Windows 7:PCスペック確認方法

Windows 7 パソコンのスペックの調べ方を紹介します。搭載しているCPUの種類・メモリ・ソフトウェアインストール時の対応ビット数が何か確認するケースは多いです。Windows 7の「システム」を利用することで、Windowsのエディション・プロセッサ・実装メモリ・システムの種類(32ビット・64ビット)を確認することができます。
Windows8.1

【図解】Windows 8.1:PCスペック確認方法

Windows 8.1 パソコンのスペックの調べ方を紹介します。搭載しているCPUの種類・メモリ・ソフトウェアインストール時の対応ビット数が何か確認するケースは多いです。Windows 8.1の「システム」を利用することで、Windowsのエディション・プロセッサ・実装メモリ・システムの種類(32ビット・64ビット)を確認することができます。
Windows7

【図解】Windows 7:Windows Defender 無効化 / 有効化手順

Windows Defenderは、Windows Vista以降のWindows OSに出荷時にあらかじめインストールされているセキュリティソフトウェアです。本記事では、Windows 7の「Windows Defender無効化」・「Windows Defender有効化」方法を解説します。
Windows8.1

【図解】Windows 8.1:Windows Defender 無効化 / 有効化手順

Windows Defenderは、Windows Vista以降のWindows OSに出荷時にあらかじめインストールされているセキュリティソフトウェアです。本記事では、Windows 8.1の「Windows Defender無効化」・「Windows Defender有効化」方法を解説します。
Oracle-VM-VirtualBox

【図解】Oracle VM VirtualBox:評価版 Windows 10 Enterpriseインストール手順

Windows10は無償で評価版(evaluation)のISOイメージファイルがダウンロード、インストールできます。 利用可能OSバージョンはHome・Pro・Enterpriseです。今回は仮想端末ソフトOracle VM VirtualBox に評価版 Windows 10 Enterpriseをインストールする方法を紹介します。
VMware

【図解】VMware Workstation Player:評価版 Windows 10 Enterpriseインストール手順

Windows10は無償で評価版(evaluation)のISOイメージファイルがダウンロード、インストールできます。 利用可能OSバージョンはHome・Pro・Enterpriseです。今回は仮想端末ソフトVMware Workstation Playerに評価版 Windows 10 Enterpriseをインストールする方法を紹介します。
Windows Server 2012/R2

【図解】Windows Server 2012 R2:Active Directory ドメインサービス(AD DS)インストール手順

Active Directory ドメインサービスは、ドメインのコンピュータ・ユーザーアカウント・プリンターなどのリソースを管理するための機能です。サービスをインストールするには、「役割と機能の追加」からインストールウィザードを起動し Active Directory ドメインサービスを追加します。
Windows Server 2016

【図解】Windows Server 2016:Active Directory ドメインサービス(AD DS)インストール手順

Active Directory ドメインサービスは、ドメインのコンピュータ・ユーザーアカウント・プリンターなどのリソースを管理するための機能です。サービスをインストールするには、「役割と機能の追加」からインストールウィザードを起動し Active Directory ドメインサービスを追加します。
Windows8.1

【図解】Windows 8.1 パソコン:「.NET Framework 3.5」インストール手順

Windows8.1で利用するアプリケーションによっては.NET Framework 3.5 が必要となる場合があります。Windows8.1のデフォルト(初期状態)では.NET Framework 3.5 がインストールされていません。本記事では、「.NET Frameworkバージョン3.5」をインストールする方法を紹介します。
Windows8.1

【図解】Windows 8 / 8.1 パソコン:エクスプローラーの起動方法

エクスプローラーは、使用頻度が高いフォルダーを開くときに使う機能でファイラーと呼ばれる種類のプログラムです。C/Dドライブ・ダウンロード・ドキュメント・デスクトップ等を瞬時に表示できます。また、ファイル移動・ファイルコピー・プログラム起動など様々な場面でよく使うアプリケーションです。便利な機能のため活用しましょう。
Windows7

【デフォルト機能】Windows 7 Professional(Windowsクライアント製品)へのリモートデスクトップ マルチセッション接続はできる??

Windowsサーバー製品では、ローカルグループポリシーエディターで[リモート デスクトップ サービス ユーザーに対してリモート デスクトップ サービス セッションを 1つに制限する] を無効に変更することで同一アカウントによるマルチセッション接続が可能ですが、Windows7のデフォルト機能では同一アカウントでマルチセッション接続することはできません。
Windows10

【デフォルト機能】Windows 10(Windowsクライアント製品)へのリモートデスクトップ マルチセッション接続はできる??

Windowsサーバー製品では、ローカルグループポリシーエディターで[リモート デスクトップ サービス ユーザーに対してリモート デスクトップ サービス セッションを 1つに制限する] を無効に変更することで同一アカウントによるマルチセッション接続が可能ですが、Windows10のデフォルト機能では同一アカウントでマルチセッション接続することはできません。
Windows8.1

【デフォルト機能】Windows 8 /8.1 Pro(Windowsクライアント製品)へのリモートデスクトップ マルチセッション接続はできる??

Windowsサーバー製品では、ローカルグループポリシーエディターで[リモート デスクトップ サービス ユーザーに対してリモート デスクトップ サービス セッションを 1つに制限する] を無効に変更することで同一アカウントによるマルチセッション接続が可能ですが、Windows 8 / 8.1のデフォルト機能では同一アカウントでマルチセッション接続することはできません。
Translate »