Windows Server 2008

Windows Server 2008

【図解】Windows Server 2008:役割・機能の削除ウィザードを利用した役割・機能の削除手順

Windows Server 2008の役割と機能の削除は管理者権限のユーザーアカウントで実施します。役割のアンインストールは「サーバーマネージャ」 -> 「役割」->「役割の削除」->「削除する役割のチェックボックスをオフ」・機能のアンインストールは「サーバーマネージャ」-> 「機能」->「機能を削除」->「削除する機能のチェックボックスをオフ」の手順です。
Windows Server 2008

【図解】Windows Server 2008:AD(Active Directory)ドメインから離脱しワークグループに戻す手順

本記事では、AD(Active Directory)にドメインに参加しているWindows Server 2008のサーバをドメインから抜け、ワークグループに戻す手順を説明します。ワークグループへの変更はシステムのプロパティ画面から変更することができます。
Windows Server 2008

【図解】Windows Server 2008:Active Directoryにドメイン参加する手順

Windows Server 2008 サーバを ワークグループからドメイン参加する方法を解説します。Windows サーバをドメインに参加する事で、ドメインのメンバーサーバーとなりドメインユーザーでのログイン・グループポリシーの適用が可能になります。ドメイン参加する前提として「DNSサーバー」の設定項目でドメインコントローラーのIPアドレスになっているか確認後、実施します。
Windows Server 2008

【図解】Windows Server 2008 : ディスク クリーンアップ方法  

Windows Server 2008でディスクのクリーンアップを利用するにはデフォルトでは利用することができません。サーバーマネージャからデスクトップエクスペリエンスをインストールする必要があります。デスクトップエクスペリエンスインストール後は「ディスクのクリーンアップ」が表示されます。
Windows Server 2008

【図解】Windows Server 2008:リモートデスクトップ 複数セッション許可設定

Windows Server 2008に、同一のアカウントで同時にリモートデスクトップ(RDP)接続可能なユーザー数は2人までですが、ローカルグループポリシーのデフォルト設定で1人までしか接続許可しない接続制限設定となります。本記事では、ローカルグループポリシーの設定を変更し、複数のユーザーがリモートデスクトップ接続可能にする手順を解説します。
Windows Server 2008

【図解】Windows Server 2008:ローカルユーザー作成・新規作成したアカウントでログインする手順

Windows Server 2008のローカルユーザーを追加作成する場合は、デスクトップ画面左下「スタート」 ->「管理ツール」->「コンピューターの管理」->「ローカルユーザーとグループ」から作成することができます。
Windows Server 2008

【図解】Windows Server 2008:サーバースペックの調べ方

Windows Server 2008のスペックの調べ方を紹介します。搭載しているCPUの種類・メモリ・ソフトウェアインストール時の対応ビット数が何か確認するケースは多いです。 Windows Server 2008の「システム」を利用することで、Windowsのエディション・プロセッサ・実装メモリ・システムの種類(32ビット・64ビット)を確認する方法を説明します。
Windows Server 2008

【図解】Windows Server 2008:PC名(ホスト名)変更手順

PC名の長さは制限である最大63バイト、文字数の最大15文字以下を推奨します。今回は、Windows Server 2008でのコンピュータ名の設定変更方法と補足としてコマンドプロンプト(cmd)によるPC名の確認方法を説明します。
Windows Server 2008

【図解】Windows Server 2008:チェックディスク機能でディスクのエラーをチェックする方法

チェックディスクは、Windows OS標準で使われているドライブのエラーチェックツールです。システムエラーや不良セクタ(データが記録できなくなってしまった領域)を検知しエラーが発見された場合は、チェックディスクで修復できる可能性があります。本記事では、チェックディスク実行方法、イベントビューアによるログ確認方法を説明します。
Windows Server 2008

【図解】Windows Server 2008:Windows Server バックアップインストール手順

Windows Server バックアップは、ディスク全体・フォルダー・ファイル単位でデータをバックアップおよび復元できるWindows 標準のバックアップ機能です。標準機能のため無料で利用できますが、Windows Server 2008 のクリーンインストール状態では機能が有効になっていないためサーバーマネージャの機能の追加画面からインストールする必要があります。
Windows Server 2008

【図解】Windows Server 2008:Webサーバー(IIS) のバージョン確認手順

Windows Server 2008:Webサーバー(IIS)にインストールしているバージョンをGUI・コマンドプロンプトを利用して確認する方法を解説します。
Windows Server 2008

【図解】Windows Server 2008:サーバーマネージャを利用したWebサーバー(IIS)構築手順

Windows Server 2008:Webサーバー(IIS)は、デフォルトでインストールされていません。機能を追加するには「サーバーマネージャ」->「役割の追加」でWebサーバー(IIS)のチェックボックスを有効化しインストールする必要があります。今回は、Windows Server 2008の画像でWebサーバー(IIS)のインストール、およびWebサーバーへ接続する方法を解説します。
Windows Server 2008

【図解】Windows Server 2008:「メモリ診断ツール」実行・ログ確認方法

Windows Server 2008に標準搭載されている「メモリ診断ツール」はメモリ異常を確認できるアプリケーションソフトです。意図しない再起動・ブルースクリーンが発生する回数が増えるようになってきたらOS・ディスク・メモリの不具合などが考えられますがメモリが原因になっている場合は「メモリ診断ツール」を推奨します。
Windows Server 2008

【デフォルト値】Windows Server 2008 R2 Datacenter:サービスの表示名・サービス名一覧表

Windows Server 2008 R2 Datacenter エディションをデスクトップエクスペリエンス(GUI)でOSをインストールし即時、「サービスとアプリケーション」のサービスのデフォルト値をPowerShellのコマンド「Get-Service」コマンドレットで出力し一覧表にまとめました。
Windows Server 2008

【デフォルト値】Windows Server 2008 R2 Standard:サービスの表示名・サービス名一覧表

Windows Server 2008 R2 Standard エディションをデスクトップエクスペリエンス(GUI)でOSをインストールし即時、「サービスとアプリケーション」のサービスのデフォルト値をPowerShellのコマンド「Get-Service」コマンドレットで出力し一覧表にまとめました。
Windows Server 2008

【デフォルト値】Windows Server 2008 R2 Standard:役割と機能の一覧をテキスト・CSVファイルに出力

Windows Server 2008 R2 Standard エディションをフルインストールし即時、役割と機能の規定値をコマンドプロンプトの「ServerManagerCmd」コマンドでテキストファイルに出力しました。本記事では役割と機能の一覧の表示・出力方法を解説します。
Windows Server 2008

【デフォルト値】Windows Server 2008 Standard:役割と機能の一覧をテキスト・CSVファイルに出力

Windows Server 2008 Standard エディションをフルインストールし即時、役割と機能の規定値をコマンドプロンプトの「ServerManagerCmd」コマンドでテキストファイルに出力しました。本記事では役割と機能の一覧の表示・出力方法を解説します。
Translate »
タイトルとURLをコピーしました