Windows Server 2012/R2

Windows Server 2012/R2

【図解】Windows Server 2012 R2:ローカルユーザー作成・新規作成したアカウントでログインする手順

Windows Server 2012 R2のローカルユーザーを追加作成する場合は、デスクトップ画面左下「スタート」 ->「管理ツール」->「コンピューターの管理」->「ローカルユーザーとグループ」から作成することができます。
Windows Server 2012/R2

【図解】Windows Server 2012 R2 : ディスク クリーンアップ方法  

Windows Server 2012 / R2でディスクのクリーンアップを利用するにはデフォルトでは利用することができません。サーバーマネージャーからデスクトップエクスペリエンスをインストールする必要があります。デスクトップエクスペリエンスインストール後は「ディスクのクリーンアップ」が表示されます。
Windows Server 2012/R2

【図解】Windows Server 2012 R2 : 追加ハードディスク・SSD・仮想ディスクを認識させ新しいドライブとして設定する方法

Windows Server 2012 R2 がインストールされているハードディスク・SSD・仮想ディスクとは別に、追加するストレージを接続し認識させるためにはOS上で「ディスクの管理」->「ディスクの初期化」->「未割り当て」領域をフォーマットする必要があります。フォーマット後は新しいパーティション(Dドライブ・Eドライブなど)として利用することができます。
Windows Server 2012/R2

【図解】物理 Windows Server 2012 R2: ディスク デフラグ実行・ログ確認手順

デフラグはハードディスク(HDD)やソリッドステートドライブ(SSD)の断片化しているファイルを正しい位置に整理し直す機能です。Windows Server 2012 R2 標準で利用できる無償のツール「ドライブのデフラグと最適化」で行えます。本記事では「ドライブのデフラグと最適化」実行手順、およびデフラグ実行履歴を確認できるイベントビューアーでのログ確認方法を解説します。
Windows Server 2012/R2

【図解】Windows Server 2012 R2:Webサーバー(IIS) のバージョン確認手順

Windows Server 2012 R2:Webサーバー(IIS)にインストールしているバージョンをGUI・コマンドプロンプトを利用して確認する方法を解説します。
Windows Server 2012/R2

【図解】Windows Server 2012 R2:役割と機能ウィザードを利用したWebサーバー(IIS)構築手順

Windows Server 2012 R2:Webサーバー(IIS)は、デフォルトでインストールされていません。機能を追加するには「サーバーマネージャー ダッシュボード」->「役割と機能の追加ウィザード」でWebサーバー(IIS)のチェックボックスを有効化しインストールする必要があります。また、Webサーバー(IIS)を追加する際は管理者権限のあるユーザーで実施します。
Windows Server 2012/R2

【図解】Windows Server 2012 R2:役割と機能の削除ウィザードを利用した役割・機能の削除手順

役割、および機能のアンインストールは「サーバーマネージャー ダッシュボード」画面 -> 管理タブ「役割と機能の削除」で行います。アンインストールは管理者権限のユーザーアカウントで実施する必要があります。権限を持たないアカウントでは削除することができません。本記事では、Windows Server 2016の画像で役割、および機能を削除する手順を解説します。
Windows Server 2012/R2

【図解】Windows Server 2012 R2:Active Directory ドメインサービス(AD DS)インストール手順

Active Directory ドメインサービスは、ドメインのコンピュータ・ユーザーアカウント・プリンターなどのリソースを管理するための機能です。サービスをインストールするには、「役割と機能の追加」からインストールウィザードを起動し Active Directory ドメインサービスを追加します。
Windows Server 2012/R2

【図解】Windows Server 2012 R2:AD(Active Directory)ドメインから離脱しワークグループに戻す手順

本記事では、AD(Active Directory)にドメインに参加しているWindows Server 2012 R2 のサーバーをドメインから抜け、ワークグループに戻す手順を説明します。ワークグループへの変更はシステムのプロパティ画面から変更することができます。
Windows Server 2012/R2

【図解】Windows Server 2012 R2:「Windows Server バックアップ」インストール方法

Windows Serverバックアップは、Windows 標準のバックアップ機能です。標準機能のため無料で利用できますが、Windows Server 2012 R2 のクリーンインストール状態では機能が有効になっていないためサーバーマネージャーの役割と機能の追加ウィザード画面からインストールする必要があります。
Windows Server 2012/R2

【図解】Windows Server 2012 R2:「Windows メモリ診断」実行・ログ確認手順

Windows Server 2012 R2に標準搭載されている「Windowsメモリ診断」はメモリ異常を確認できるアプリケーションソフトです。意図しない再起動・ブルースクリーンが発生する回数が増えるようになってきたらOS・ディスク・メモリの不具合などが考えられますがメモリが原因になっている場合は「Windows メモリ診断」を推奨します。
Windows Server 2012/R2

【図解】Windows Server 2012 R2:Active Directoryにドメイン参加する手順

Windows Server 2012 R2 サーバーを ワークグループからドメイン参加する方法を解説します。Windows サーバーをドメインに参加する事で、ドメインのメンバーサーバーとなりドメインユーザーでのログイン・グループポリシーの適用が可能になります。
Windows Server 2012/R2

【図解】Windows Server 2012 R2:チェックディスク機能でHDD/SSDのエラーをチェックする方法を解説

チェックディスクは、Windows OS標準で使われているドライブのエラーチェックツールです。システムエラーや不良セクタ(データが記録できなくなってしまった領域)を検知しエラーが発見された場合は、チェックディスクで修復できる可能性があります。本記事では、チェックディスク実行方法、イベントログによる結果確認方法を解説します。
Windows Server 2012/R2

【図解】評価版 Microsoft Windows Server 2012 ライセンス延長手順

評価版 Windows Server 2012のライセンス有効期限の日数が少なくなってきた場合は、任意のタイミングでコマンドプロンプト・もしくはPowerShellを起動し「slmgr -rearm」コマンドで評価版 Windows Server 2012は5回、リセットすることができます。
Windows Server 2012/R2

【図解】評価版 Microsoft Windows Server 2012 R2 ライセンス延長手順

評価版 Windows Server 2012 R2のライセンス有効期限の日数が少なくなってきた場合は、任意のタイミングでコマンドプロンプト・もしくはPowerShellを起動し「slmgr -rearm」コマンドで評価版 Windows Windows Server 2012 R2は5回、リセットすることができます。
Windows Server 2012/R2

【図解】Windows Sever 2012 R2:「Windows Update」適用確認・ログ確認方法

Windows Server 2012 R2で、適用済みWindows Update 更新プログラム(セキュリティパッチ)の確認はGUIおよび、コマンド(PowerShell・コマンドプロンプト)で表示・出力し確認することができます。本記事では、5種類の更新プログラム確認手順を解説します。
Windows Server 2012/R2

【図解】Windows Server 2012:リモートデスクトップ 複数セッション許可設定

Windows Server 2012 に、同一のアカウントで同時にリモートデスクトップ(RDP)接続可能なユーザー数は2人までですが、ローカルグループポリシーのデフォルト設定で1人までしか接続許可しない接続制限設定となります。本記事では、ローカルグループポリシーの設定を変更し、複数のユーザーがリモートデスクトップ接続可能にする手順を解説します。
Windows Server 2012/R2

【図解】Windows Server 2012 R2:リモートデスクトップ 複数セッション許可設定

Windows Server 2012 R2に、同一のアカウントで同時にリモートデスクトップ(RDP)接続可能なユーザー数は2人までですが、ローカルグループポリシーのデフォルト設定で1人までしか接続許可しない接続制限設定となります。本記事では、ローカルグループポリシーの設定を変更し、複数のユーザーがリモートデスクトップ接続可能にする手順を解説します。
Windows Server 2012/R2

【デフォルト値】Windows Server 2012 R2 Datacenter:サービスの表示名・サービス名一覧表

Windows Server 2012 R2 Datacenter エディションをデスクトップエクスペリエンス(GUI)でOSをインストールし即時、「サービスとアプリケーション」のサービスのデフォルト値をPowerShellのコマンド「Get-Service」コマンドレットで出力し一覧表にまとめました。
Windows Server 2012/R2

【デフォルト値】Windows Server 2012 Datacenter:サービスの表示名・サービス名一覧表

Windows Server 2012 Datacenter エディションをデスクトップエクスペリエンス(GUI)でOSをインストールし即時、「サービスとアプリケーション」のサービスのデフォルト値をPowerShellのコマンド「Get-Service」コマンドレットで出力し一覧表にまとめました。
Windows Server 2012/R2

【デフォルト値】Windows Server 2012 R2 Standard:サービスの表示名・サービス名一覧表

Windows Server 2012 R2 Standard エディションをデスクトップエクスペリエンス(GUI)でOSをインストールし即時、「サービスとアプリケーション」のサービスのデフォルト値をPowerShellのコマンド「Get-Service」コマンドレットで出力し一覧表にまとめました。
Windows Server 2012/R2

【デフォルト値】Windows Server 2012 Standard:サービスの表示名・サービス名一覧表

Windows Server 2012 Standard エディションをデスクトップエクスペリエンス(GUI)でOSをインストールし即時、「サービスとアプリケーション」のサービスのデフォルト値をPowerShellのコマンド「Get-Service」コマンドレットで出力し一覧表にまとめました。
Windows Server 2012/R2

【図解】Windows Server 2012 :タスクマネージャーにディスク使用率を表示させる方法

Windows Server 2012のタスクマネージャーにディスク使用率を表示させるにはコマンドプロンプト、もしくはPowerShellでdiskperfコマンド「-y」オプションを実行することで表示できます。本記事では、PowerShellを利用しWindows Server 2012のパフォーマンスタブにディスク使用率を表示する方法を解説します。
Windows Server 2012/R2

【図解】Windows Server 2012:「.NET Framework 3.5 」インストール手順(物理Disk使用)

Windows server 2012で利用するアプリケーションによっては.NET3.5 が必要となる場合があります。デフォルト(初期状態)では.NET Framework 3.5 がインストールされていません。今回はオフライン環境での物理OSインストールディスクを利用した「.NET Frameworkバージョン3.5」インストール方法を紹介します。
Windows Server 2012/R2

【図解】Windows Server 2012:「.NET Framework 3.5」インストール手順(インターネット接続環境)

Windows Server 2012で利用するアプリケーションによっては.NET Framework 3.5 が必要となる場合があります。デフォルト(初期状態)ではOSに「.NET Framework 3.5」 が組み込まれていません。今回は手動での.NET Frameworkバージョン3.5インストール方法を紹介します。
Translate »
タイトルとURLをコピーしました