Microsoft-Hyper-V

【図解】Windows Server 2019:Hyper-V 有効化/無効化手順

Windows Server 2019でHyper-Vを有効化し仮想マシンを作成するには、前提としてサーバーマネージャーから「Hyper-V」のチェックボックスを有効化する必要があります。Hyper-Vはデフォルトで無効になっています。必要に応じ「サーバーマネージャー」->「役割と機能の追加ウィザード」で有効化します。
Microsoft-Hyper-V

【図解】Windows Server 2022:Hyper-V 有効化/無効化手順

Windows Server 2022でHyper-Vを有効化し仮想マシンを作成するには、前提としてサーバーマネージャーから「Hyper-V」のチェックボックスを有効化する必要があります。Hyper-Vはデフォルトで無効になっています。必要に応じ「サーバーマネージャー」->「役割と機能の追加ウィザード」で有効化します。
Microsoft-Hyper-V

【図解】Windows11 Hyper-V:評価版 Windows Server 2016 インストール手順

評価版 Windows Server 2016 ISOファイルをダウンロード後、Hyper-V上にインストールすることで仮想OSを動作させることができます。自宅・個人端末でOSの学習・検証が可能になります。 今回はWindows11の端末上に仮想OS Windows Server 2016をインストールする方法を説明します。
Microsoft-Hyper-V

【図解】Windows 11 Hyper-V:Ubuntu 20.04 インストール手順

Windows11のHyper-Vで Ubuntu 20.04を利用するためにはコントロールパネルからHyper-Vを有効化->オペレーティングシステムの選択画面でUbuntu 20.04を選択 -> 仮想マシンを作成することでUbuntu 20.04 をインストールすることができます。
Microsoft-Hyper-V

【図解】Windows 11 Hyper-V:Ubuntu 18.04.3 LTSインストール手順

Windows11のHyper-Vで Ubuntu 18.04.3 LTSを利用するためにはコントロールパネルからHyper-Vを有効化->オペレーティングシステムの選択画面でUbuntu 18.04.3 LTSを選択 -> 仮想マシンを作成することでUbuntu 18.04.3 LTS をインストールすることができます。
Microsoft-Hyper-V

【図解】Windows11 Hyper-V:評価版 Windows Server 2022インストール手順

評価版 Windows Server 2022 ISOファイルをダウンロード後、Hyper-V上にインストールすることで仮想OSを動作させることができます。自宅・個人端末でOSの学習・検証が可能になります。 今回はWindows11の端末上に仮想OS Windows Server 2022をインストールする方法を説明します。
Windows8

【デフォルト値】Windows 8.1 Home バージョン6.3(ビルド9600):サービスの表示名・サービス名一覧表

評価版 Windows 8.1 Home バージョン6.3(ビルド9600) をインストールし即時、「サービスとアプリケーション」のサービスのデフォルト値をPowerShellのコマンド「Get-Service」コマンドレットで出力し表にまとめました。本記事ではPowerShellコマンド結果および、 サービス一覧をエクスポートしサービスのデフォルト値を記載します。
Windows8

【デフォルト値】Windows 8.1 Pro バージョン6.3(ビルド9600):サービスの表示名・サービス名一覧表

評価版 Windows 8.1 Pro バージョン6.3(ビルド9600) をインストールし即時、「サービスとアプリケーション」のサービスのデフォルト値をPowerShellのコマンド「Get-Service」コマンドレットで出力し表にまとめました。本記事ではPowerShellコマンド結果および、 サービス一覧をエクスポートしサービスのデフォルト値を記載します。
VMware

【図解】VMware Workstation Player:評価版 Windows 8.1 インストール手順

Windows8.1は一定の期間、無償で評価版(evaluation)のISOイメージファイルがダウンロード、インストールできます。利用可能エディションはWindows8.1、およびWindows8.1 Proです。本記事では仮想端末ソフト VMware Workstation PlayerにWindows 8.1をインストールする方法を説明します。
Windows8

【図解】Windows 8.1 パソコン:Hyper-V 有効化/無効化手順

Windows8.1 パソコンでHyper-Vを有効化し仮想マシンを作成するにはコントロールパネルから「Hyper-V」のチェックボックスを有効化する必要があります。利用するエディションの条件としてWindows8.1 Pro以上のエディションで実行します。
Windows11

【図解】Windows 11 パソコン:Hyper-V 有効化/無効化手順

Windows11 パソコンでHyper-Vを有効化し仮想マシンを作成するにはコントロールパネルから「Hyper-V」のチェックボックスを有効化する必要があります。利用するエディションの条件としてWindows11 Home にはHyper-Vの機能は搭載されていません。Windows11 Pro以上のエディションで実行します。
Windows10

【図解】Windows 10 パソコン:Hyper-V 有効化/無効化手順

Windows10 パソコンでHyper-Vを有効化し仮想マシンを作成するにはコントロールパネルから「Hyper-V」のチェックボックスを有効化する必要があります。利用するエディションの条件としてWindows10 Home にはHyper-Vの機能は搭載されていません。Windows10 Pro以上のエディションで実行します。
Microsoft-Hyper-V

【図解】Windows11 Hyper-V:評価版 Windows Server 2019インストール手順

評価版 Windows Server 2019 ISOファイルをダウンロード後、Hyper-V上にインストールすることで仮想OSを動作させることができます。自宅・個人端末でOSの学習・検証が可能になります。 今回はWindows11の端末上に仮想OS Windows Server 2019をインストールする方法を説明します。
Windows8

【図解】Windows 8.1 パソコン:Windows ファイアウォール設定 無効・有効化方法

Windows 8.1のデフォルト設定ではWindows ファイアウォール設定は有効になっていますが、使用したいアプリケーションソフトウェアによっては通信ポートがブロックされ利用できない場合があります。本記事では、通信ポートをブロックしないWindows ファイアウォールの無効化・有効化方法を説明します。
Windows Server 2022

【図解】Windows Server 2022:「Windows Defender」手動スキャン実行手順

Windows Defenderは、Windows Server 2022に標準搭載されているセキュリティ・アプリケーションソフトです。ウイルス・スパイウェア・その他の悪意のあるソフトウェアを検出・ブロックすることでサーバーを保護できます。今回はクイック、フル、カスタムスキャン方法を説明します。
Windows11

【図解】Windows 11 パソコン: Windows セキュリティ(Windows Defender)手動スキャン実行手順

Windowsセキュリティは、Windows 11に標準搭載されているウイルス対策アプリケーションソフトです。ウイルス・スパイウェア・その他の悪意のあるソフトウェアを検出・ブロックすることでパソコンを保護することができます。今回はクイックスキャン・フルスキャン、カスタムスキャン・オフラインスキャン方法を説明します。
Windows10

【デフォルト値】Windows 10 Enterprise バージョン21H2:サービスの表示名・サービス名一覧表

評価版 Windows 10 Enterpriseバージョン21H2をインストールし即時、「サービスとアプリケーション」のサービスのデフォルト値をPowerShellのコマンド「Get-Service」コマンドレットで出力し表にまとめました。本記事ではPowerShellコマンド結果および、 サービス一覧をエクスポートしサービスのデフォルト値を記載します。
Windows11

【デフォルト値】Windows 11 Enterprise バージョン21H2:サービスの表示名・サービス名一覧表

評価版 Windows 11 Enterpriseバージョン21H2をインストールし即時、「サービスとアプリケーション」のサービスのデフォルト値をPowerShellのコマンド「Get-Service」コマンドレットで出力し表にまとめました。本記事ではPowerShellコマンド結果および、 サービス一覧をエクスポートしサービスのデフォルト値を記載します。
Windows11

【図解】Windows11 パソコン:Windows Serverへのリモートデスクトップ接続手順

Windowsリモートデスクトップは接続先のコンピュータのデスクトップ画面をネットワーク接続して遠隔で操作する機能です。 本記事ではWindows Server 側のリモートデスクトップ接続の許可設定、およびWindows11からWindows Server にリモートデスクトップ接続する手順を説明します。
Windows Server 2022

【図解】Windows Server 2022:sxsフォルダー使用した「.NET 3.5」インストール手順

Windows Server 2022で利用するアプリケーションによっては.NET Framework 3.5が必要となる場合があります。デフォルトでは.NET Framework 3.5 がインストールされていません。今回は、OSディスク/ISOファイル内の特定フォルダー「sxs」を利用した「.NET Frameworkバージョン3.5」インストール方法を説明します。
Windows Server 2022

【図解】Windows Server 2022:Windows Defender ファイアウォール設定 無効化方法

Windows Server 2022のデフォルト設定ではWindows Defenderファイアウォール設定は有効になっていますが、使用したいアプリケーションソフトウェアによっては通信ポートがブロックされ利用できない場合があります。本記事では、通信ポートをブロックしないWindows Defenderファイアウォールの無効化方法を説明します。
Windows Server 2019

【図解】Windows Server 2019:Windows Defender ファイアウォール設定 無効化方法

Windows Server 2019のデフォルト設定ではWindows Defenderファイアウォール設定は有効になっていますが、使用したいアプリケーションソフトウェアによっては通信ポートがブロックされ利用できない場合があります。本記事では、通信ポートをブロックしないWindows Defenderファイアウォールの無効化方法を説明します。
Windows11

【図解】Windows11 パソコン:Windows Defender ファイアウォール設定 無効化方法

Windows11 パソコンのデフォルト設定ではWindows Defenderファイアウォール設定は有効になっていますが、使用したいアプリケーションソフトウェアによっては通信ポートがブロックされ利用できない場合があります。本記事では、通信ポートをブロックしないWindows Defenderファイアウォールの無効化方法を説明します。
Windows Server 2019

【図解】Windows Server 2019:WSUS管理画面の接続エラー対処法

WSUS管理画面の接続エラーは発生時は、まずイベントビューアーのアプリケーションログ、IISのエラーログでエラーコード:503、および「Disabled WsusPool」が出力されているか確認します。出力されている場合は、IIS アプリケーションプール「WsusPool」の状態を確認 -> 停止している際は「WsusPool」を開始します。
Windows Server 2022

【図解】Windows Server 2022:WSUS(Windows Server Update Services)手動パッチ インポート手順

WSUSの一覧に適用したいパッチが表示されず、指定した特定のパッチをWSUSに取り込みたい場合は、WSUS管理画面の「更新のインポート」からMicrosoft Update Catalogに接続しKB番号を検索 ->「直接インポート Windows Server Update Services」の操作を実行することでインポート可能です。
Sponsored Link
Translate »