Windows11

【図解】Windows11 パソコン:チェックディスク機能によるHDD/SSDエラーチェック方法

チェックディスクは、Windows OS標準で使われているドライブのエラーチェックツールです。システムエラーや不良セクタ(データが記録できなくなってしまった領域)を検知しエラーが発見された場合は、チェックディスクで修復できる可能性があります。本記事では、チェックディスク実行方法・イベントログによる結果確認方法を説明します。
Windows11

【図解】Windows11 パソコン: ディスク クリーンアップ方法  

ディスククリーンアップは、不要なファイルを削除してディスクの空き容量を増やす機能です。「ダウンロードされたプログラムファイル」・「インターネット一時ファイル」・「ごみ箱」などのファイルを削除することでディスクの空き容量を増やせます。Cドライブが圧迫されWindowsの動作が重い・ドライブの空き領域が少なくなってきた場合、ディスククリーンアップは有効な方法です。
Windows11

【図解】Windows 11 パソコン:Wi-Fi(無線LAN)接続手順

Windows 11パソコンから一般家庭向けに設置されている無線LAN親機(無線LANルーター・モデムなど)に接続する設定方法を説明します。親機のラベルに記載されているネットワーク名(SSID)に対するセキュリティキーをWindows11のパソコンから入力設定することでWi-Fi接続できます。
Windows11

【図解】Windows 11 パソコン:PC名(ホスト名)変更手順

PC名の長さは制限である最大63バイト、文字数の最大15文字以下を推奨します。今回は、Windows11でのコンピューター名の設定変更方法と補足としてWindowsターミナル(PowerShell)によるPC名の確認方法を説明します。
Windows Server 2016

【図解】Windows Server 2016:リモートデスクトップ接続許可設定

リモートデスクトップはネットワーク経由で特定の端末を操作することができる遠隔操作機能です。Windows Server 2016で設定するにはシステム -> リモートデスクトップ画面で設定を有効化にする必要があります。※WindowsではデフォルトでRemote Desktop Protocol(RDP)プロトコルを使用しポート番号「3389」で接続します。
Windows Server 2019

【図解】Windows Server 2019:リモートデスクトップ接続許可設定

リモートデスクトップはネットワーク経由で特定の端末を操作することができる遠隔操作機能です。Windows Server 2019で設定するにはシステム -> リモートデスクトップ画面で設定を有効化にする必要があります。※WindowsではデフォルトでRemote Desktop Protocol(RDP)プロトコルを使用しポート番号「3389」で接続します。
Windows Server 2022

【図解】Windows Server 2022:リモートデスクトップ接続許可設定

リモートデスクトップはネットワーク経由で特定の端末を操作することができる遠隔操作機能です。Windows Server 2022で設定するにはシステム -> リモートデスクトップ画面で設定を有効化にする必要があります。※WindowsではデフォルトでRemote Desktop Protocol(RDP)プロトコルを使用しポート番号「3389」で接続します。
Windows11

【図解】Windows 11:ローカルユーザー作成・新規作成したアカウントでログインする手順

Windows 11(Homeエディションは除く)のローカルユーザーをGUIで追加作成する場合は、タスクバー「Windowsマーク」を右クリック ->「コンピューターの管理」->「システムツール」->「ローカルユーザーとグループ」から作成することができます。
Windows11

【図解】Windows 11 パソコン:インターネットインフォメーションサービス(IIS)のバージョン確認手順

Windows 11:インターネットインフォメーションサービス(IIS)をインストールしているバージョンをGUI・コマンドプロンプト・PowerShellを利用して確認する方法を説明します。
Windows11

【図解】Windows 11:インターネットインフォメーションサービス(IIS)構築手順

Windows 11:インターネットインフォメーションサービスは、デフォルトでインストールされていません。機能を追加するには「コントロールパネル」->「プログラムとアンインストール」->「Windows の機能の有効化または無効化」でインターネットインフォメーションサービスのチェックボックスを有効化しインストールする必要があります。
Windows10

【図解】Windows10:リモートデスクトップ接続許可設定

リモートデスクトップはネットワーク経由で特定の端末を操作することができる遠隔操作機能です。Windows10で設定するにはシステム -> リモートデスクトップ画面で設定を有効化にする必要があります。※WindowsではデフォルトでRemote Desktop Protocol(RDP)プロトコルを使用しポート番号「3389」で接続します。
Windows11

【図解】Windows11:リモートデスクトップ接続許可設定

リモートデスクトップはネットワーク経由で特定の端末を操作することができる遠隔操作機能です。Windows11で設定するにはシステム -> リモートデスクトップ画面で設定を有効化にする必要があります。※WindowsではデフォルトでRemote Desktop Protocol(RDP)プロトコルを使用しポート番号「3389」で接続します。
Windows11

【図解】Windows11 パソコン: ディスク デフラグ実行・ログ確認手順

デフラグはドライブの断片化しているファイルを正しい位置に整理し直す機能です。Windows11で標準で利用できるツール「ドライブのデフラグと最適化」で行えます。デフラグの実行時間は、ドライブの容量や断片化したファイル数によってはそれなりに時間がかかります。ノートパソコンを使用している場合は、ACアダプターを接続した状態で実行することを推奨します。
Windows11

【図解】Windows 11 パソコン:「Windows Update」適用確認・ログ確認方法

Windows11の適用済みWindows Update 更新プログラム(セキュリティパッチ)の確認はGUI、およびコマンド(PowerShell・コマンドプロンプト)で表示・出力し確認することができます。本記事では、5種類の更新プログラム確認手順を説明します。
Windows11

【図解】Windows 11:「.NET Framework 3.5」インストール手順(インターネット接続環境)

Windows 11 パソコンで利用するアプリケーションによっては.NET Framework 3.5 が必要となる場合があります。デフォルト(初期状態)ではOSに「.NET Framework 3.5」 が組み込まれていません。今回は手動での.NET Frameworkバージョン3.5インストール方法を説明します。
Windows11

【図解】Windows 11 パソコン:PCスペックの調べ方

Windows11のスペックは「システム」から確認できます。 Windows 11の動作が重い・パソコンリプレース時・ソフトウェアインストール時の対応ビット数の確認などでWindows11のスペックを調べるための手順です。プロセッサ・実装RAM(搭載メモリ)・ビット数・エディション・バージョンを確認する方法を説明します。
Windows11

【図解】Windows11 パソコン:「Windows メモリ診断」実行・ログ確認手順

Windows11を利用時に突然の再起動・ブルースクリーンエラー・フリーズが多く発生しパソコンが動かない場合はOS・ディスク・メモリの不具合などが考えられます。まずはWindows標準搭載ソフト「Windowsメモリ診断」をおすすめします。今回は、メモリ診断・およびイベントビューアーでのログ結果確認方法を説明します。
Windows11

【図解】Windows11 パソコン:AD(Active Directory)ドメインから離脱しワークグループに戻す手順

本記事では、AD(Active Directory)にドメイン参加しているWindows11 ProエディションのPCをドメインから抜け、ワークグループに戻す手順を説明します。ワークグループへの変更はシステムの画面から変更することができます。
Windows11

【図解】Windows11 パソコン:Active Directory ドメイン参加手順

Windows11のドメイン参加はWindows 11 Home以外のエディションで実行します。Home エディションはドメイン参加機能はありません。また、Active Directoryドメインに参加する前提として「DNSサーバー」の設定項目でドメインコントローラーのIPアドレスになっているか確認後、実施します。
Windows Server 2022

【図解】Windows Server 2022:Active Directoryドメイン参加手順

Windows Server 2022 サーバーを ワークグループからドメイン参加する方法を説明します。Windows サーバーをドメインに参加する事で、ドメインのメンバーサーバーとなりドメインユーザーでのログイン・グループポリシーの適用が可能になります。ドメイン参加する前提として「DNSサーバー」の設定項目でドメインコントローラーのIPアドレスになっているか確認してください。
Windows Server 2022

【図解】Windows Server 2022:Windows Server バックアップインストール手順

Windows Serverバックアップは、Windows 標準のバックアップ機能です。標準機能のため無料で利用できますが、Windows Server 2022 のクリーンインストール状態では機能が有効になっていないためサーバーマネージャーの役割と機能の追加ウィザード画面からインストールする必要があります。
Windows Server 2022

【図解】Windows Server 2022:Google Chrome 手動インストール手順

Windows Server 2022では、デフォルトのWebブラウザーとして「新しいMicrosoft Edge」がインストールされていますが「Google Chrome」を利用したい端末向けの手順です。インターネット接続環境・オフライン環境でインストール手順が異なります。本記事では2通りのインストール方法を説明します。
Windows Server 2016

【図解】Windows Server 2016:Google Chrome 手動インストール手順

Windows Server 2016では、デフォルトのWebブラウザーとして「IE11」がインストールされていますが「Google Chrome」を利用したい端末向けの手順です。インターネット接続環境・オフライン環境でインストール手順が異なります。本記事では2通りのインストール方法を説明します。
Windows Server 2019

【図解】Windows Server 2019:Google Chrome 手動インストール手順

Windows Server 2019では、デフォルトのWebブラウザーとして「IE11」がインストールされていますが「Google Chrome」を利用したい端末向けの手順です。インターネット接続環境・オフライン環境でインストール手順が異なります。本記事では2通りのインストール方法を説明します。
Windows Server 2022

【図解】Windows Server 2022 :サーバースペックの調べ方

Windows Server 2022のスペックは「システム」から確認できます。サーバーリプレース時やソフトウェアインストール時の対応ビット数の確認などでWindows Server 2022 サーバーのスペックを調べるための手順です。プロセッサ・実装RAM(搭載メモリ)・ビット数・エディション・バージョンを確認する方法を説明します。
Translate »
タイトルとURLをコピーしました