Windows10

【図解】Windows10 パソコン:システムの復元手順

システムの復元は、あらかじめ取得していた時点の復元ポイントに設定情報を戻すことでOS内で発生しているエラーの症状が改善できる可能性があります。誤って削除してしまった個人のファイル、フォルダーを復元するためのバックアップ機能ではありません。以前の特定のポイントに戻すことで、Windowsのファイルと設定・レジストリを復元する機能です。
Windows11

【図解】Windows11 パソコン:システムの復元手順

システムの復元は、あらかじめ取得していた時点の復元ポイントに設定情報を戻すことでOS内で発生しているエラーの症状が改善できる可能性があります。誤って削除してしまった個人のファイル、フォルダーを復元するためのバックアップ機能ではありません。以前の特定のポイントに戻すことで、Windowsのファイルと設定・レジストリを復元する機能です。
Windows11

【図解】Windows11 Pro パソコン:Windows Defender 無効化手順

Windows DefenderはGUI・ローカルグループポリシー・レジストリでウイルススキャン機能を無効にする事ができます。今回はWindows11 ProでGUIでの一時的な無効化・およびローカルグループポリシーエディター・レジストリエディターを使用した永続的な無効化設定手順を説明します。
Windows Server 2022

【図解】Windows Server 2022:Microsoft Defender ウイルス対策 アンインストール方法

「Microsoft Defender ウイルス対策」は、Windows Server 2022 サーバーマネージャーの「サーバーの役割と機能の削除」から機能を削除することができます。本記事では、デフォルトでインストールされているMicrosoft Defender ウイルス対策を削除する手順を説明します。
Windows

【図解】Windows クライアント・サーバーOS:デフォルト.NET Frameworkの各バージョン一覧

Windowsクライアント製品のWindows 7 / 8.1 /10 /11、Windowsサーバー製品のWindows Server 2012 R2 / 2016 / 2019 / 2022を利用しデフォルト状態でインストールされている.NET Frameworkのバージョンを確認し表に纏めました。
Windows11

【図解】Windows 11 パソコン:機内モード有効・無効手順

Windows11 標準機能の機内モードはWi-Fi、携帯ネットワーク、Bluetoothなどのすべてのワイヤレス通信を送受信できない状態にする機能です。外部通信が禁止されている場所で機内モードにするシーンがあります。 機内モードを有効にした場合、Wi-Fiでの外部通信を遮断しインターネットに接続できない状態にすることが可能です。
Windows11

【図解】Windows11 パソコン:「BitLocker To Go」によるUSBメモリ・外付けストレージ暗号化手順

WindowsにはリムーバブルディスクやUSBメモリなどを保護する機能があります。Windows11がインストールされたOS (Windows11 Homeエディションは除く)に標準搭載されています。本記事では、Windows11 BitLocker To GoによるUSBメモリの暗号化方法を説明します。
Windows11

【図解】Windows11 パソコン:BitLockerによるローカルディスク暗号化手順

Windows 11 (Windows 11 Homeエディションは除く)には、BitLockerが標準搭載しパソコンに内蔵されているドライブ(HDD・SSD)を暗号化することができます。TPM非搭載でもローカルグループポリシーエディターで設定値を変更することでドライブの暗号化が可能です。
Windows11

【図解】Windows 11 パソコン:Internet Explorer モード起動方法

Windows 11の標準ブラウザーは「Microsoft Edge」です。IEが必要になった場合は「Microsoft Edge」ブラウザーの「Internet Explorer の互換性」->「Internet Explorer モードでサイトの再読み込みを許可」することで Internet Explorer モードで起動することができます。
Windows11

【図解】Windows 11 パソコン:スタートアップ 追加手順

スタートアップは使用頻度が高いWebページ・Outlook・Onedriveなどのアプリを登録設定する事で、PC起動時に自動起動することができます。PC起動後、プログラムのアイコンから起動する必要がないため便利な機能です。今回は、Windows11のパソコンでスタートアップにアプリケーションソフトを追加する方法を説明します。
Windows Server 2016

【図解】Windows Server 2016:Internet Explorer 11 削除(無効化)方法

Windows Server 2016の標準ブラウザは「 IE(Internet Explorer)11 」です。Internet Explorer が必要がなくなった場合は、管理者ユーザーでコマンドプロンプトを起動してInternet Explorer 11をアンインストール(無効化)することができます。※Internet Explorer 無効化後、再度有効化することも可能です。
Windows Server 2019

【図解】Windows Server 2019:Internet Explorer 11 削除(無効化)方法

Windows Server 2019の標準ブラウザは「 IE(Internet Explorer)11 」です。Internet Explorer が必要がなくなった場合は、管理者ユーザーでコマンドプロンプトを起動してInternet Explorer 11をアンインストール(無効化)することができます。※Internet Explorer 無効化後、再度有効化することも可能です。
Windows11

【図解】Windows11 パソコン:Active Directory ドメインサービスに登録したユーザーの検索方法

Active Directory ドメインサービス(AD DS)でドメインリソースのユーザー・連絡先およびグループ・コンピューター・プリンターなどを検索できる場所は「Active Directory の検索」から確認することができます。本記事ではドメイン参加しているWindows11の端末から検索する手順を説明します。
Windows Server 2016

【図解】入門 Windows Server 2016:WSUS(Windows Server Update Services)構築手順

WSUSサーバーはローカル環境に設置することでクライアントPC( Windows7・8/8.1・10など)は直接Microsoft アップデートサーバーにアクセスせずローカル環境のWSUSサーバーからMicrosoft社が提供する更新プログラムを適用することができます。本記事では、Windows Server 2016でのWSUSサーバー構築手順を説明します。
Windows10

【Windows10】error code 0x800f0954:.NET Framework 3.5がインストールできない場合の対処方法

「0x800f0954」が出力された場合は、WSUSサーバーから更新プログラムを自動的にダウンロードするように構成されている環境でインストールエラーが発生するケースがあります。 エラーを修正するには、クライアント端末のローカルグループポリシー設定を変更しWSUSのネットワーク経路を回避してWindows Updateでファイルを自動ダウンロードするよう変更します。
Windows11

【Windows11】error code 0x800f0954:.NET Framework 3.5がインストールできない場合の対処方法

「0x800f0954」が出力された場合は、WSUSサーバーから更新プログラムを自動的にダウンロードするように構成されている環境でインストールエラーが発生するケースがあります。 エラーを修正するには、クライアント端末のローカルグループポリシー設定を変更しWSUSのネットワーク経路を回避してWindows Updateでファイルを自動ダウンロードするよう変更します。
Windows Server 2019

【図解】入門 Windows Server 2019:WSUS(Windows Server Update Services)構築手順

WSUSサーバーはローカル環境に設置することでクライアントPC( Windows7・8/8.1・10など)は直接Microsoft アップデートサーバーにアクセスせずローカル環境のWSUSサーバーからMicrosoft社が提供する更新プログラムを適用することができます。本記事では、Windows Server 2019でのWSUSサーバー構築手順を説明します。
Windows11

【図解】Windows11 パソコン:有線LANと無線LANの優先順位変更手順

NIC(ネットワークインターフェースカード)には、IPv4・IPv6それぞれにメトリックという数値があります。複数のNICがある場合、メトリック値に応じてどちらのNICを優先的に利用するかGUI(視覚的な操作)で優先度を指定することができます。本記事では、メトリック値の変更方法・タスクマネージャーを利用した確認方法を説明します。
Windows11

【図解】Windows11 パソコン:チェックディスク機能によるHDD/SSDエラーチェック方法

チェックディスクは、Windows OS標準で使われているドライブのエラーチェックツールです。システムエラーや不良セクタ(データが記録できなくなってしまった領域)を検知しエラーが発見された場合は、チェックディスクで修復できる可能性があります。本記事では、チェックディスク実行方法・イベントログによる結果確認方法を説明します。
Windows11

【図解】Windows11 パソコン: ディスク クリーンアップ方法  

ディスククリーンアップは、不要なファイルを削除してディスクの空き容量を増やす機能です。「ダウンロードされたプログラムファイル」・「インターネット一時ファイル」・「ごみ箱」などのファイルを削除することでディスクの空き容量を増やせます。Cドライブが圧迫されWindowsの動作が重い・ドライブの空き領域が少なくなってきた場合、ディスククリーンアップは有効な方法です。
Windows11

【図解】Windows 11 パソコン:Wi-Fi(無線LAN)接続手順

Windows 11パソコンから一般家庭向けに設置されている無線LAN親機(無線LANルーター・モデムなど)に接続する設定方法を説明します。親機のラベルに記載されているネットワーク名(SSID)に対するセキュリティキーをWindows11のパソコンから入力設定することでWi-Fi接続できます。
Windows11

【図解】Windows 11 パソコン:PC名(ホスト名)変更手順

PC名の長さは制限である最大63バイト、文字数の最大15文字以下を推奨します。今回は、Windows11でのコンピューター名の設定変更方法と補足としてWindowsターミナル(PowerShell)によるPC名の確認方法を説明します。
Windows Server 2016

【図解】Windows Server 2016:リモートデスクトップ接続許可設定

リモートデスクトップはネットワーク経由で特定の端末を操作することができる遠隔操作機能です。Windows Server 2016で設定するにはシステム -> リモートデスクトップ画面で設定を有効化にする必要があります。※WindowsではデフォルトでRemote Desktop Protocol(RDP)プロトコルを使用しポート番号「3389」で接続します。
Windows Server 2019

【図解】Windows Server 2019:リモートデスクトップ接続許可設定

リモートデスクトップはネットワーク経由で特定の端末を操作することができる遠隔操作機能です。Windows Server 2019で設定するにはシステム -> リモートデスクトップ画面で設定を有効化にする必要があります。※WindowsではデフォルトでRemote Desktop Protocol(RDP)プロトコルを使用しポート番号「3389」で接続します。
Windows Server 2022

【図解】Windows Server 2022:リモートデスクトップ接続許可設定

リモートデスクトップはネットワーク経由で特定の端末を操作することができる遠隔操作機能です。Windows Server 2022で設定するにはシステム -> リモートデスクトップ画面で設定を有効化にする必要があります。※WindowsではデフォルトでRemote Desktop Protocol(RDP)プロトコルを使用しポート番号「3389」で接続します。
Sponsored Link
Translate »
タイトルとURLをコピーしました