Windows Server 2016

【図解】Windows Server 2016:Microsoft Edgeインストール手順

Windows Server 2016のデフォルトブラウザーは「IE(Internet Explorer)11」ですが、「Microsoft Edge」を利用したい端末向けの手順です。Microsoft Edgeは「Chromeと同様のChromium」というオープンソースのウェブブラウザーエンジンを採用しており、様々なOSで利用することができます。
Windows Server 2019

【図解】Windows Server 2019:Microsoft Edgeインストール手順

Windows Server 2019のデフォルトブラウザーは「IE(Internet Explorer)11」ですが、「Microsoft Edge」を利用したい端末向けの手順です。Microsoft Edgeは「Chromeと同様のChromium」というオープンソースのウェブブラウザーエンジンを採用しており、様々なOSで利用することができます。
Ubuntu Desktop

【図解】Ubuntu Desktop 20.04 LTS:Microsoft Edgeインストール手順

Ubuntu Desktop 20.04 LTSのデフォルトブラウザーは「Mozilla Firefox」ですが、「Microsoft Edge」を利用したい方向けの手順です。Microsoft Edgeは「Chromeと同様のChromium」というオープンソースのウェブブラウザーエンジンを採用しており、様々なOSで利用することができます。
Windows7

【図解】Windows 7 パソコン:Internet Explorer 削除(無効化)方法

Windows 7 パソコンにインストールされている「Internet Explorer」 が必要がなくなった場合は、コントロールパネルからInternet Explorer をアンインストール(無効化)することができます。※Internet Explorer削除後、再インストールすることも可能です。
Windows8.1

【図解】Windows 8 / 8.1 パソコン:Internet Explorer 11 削除(無効化)方法

Windows 8 / 8.1 パソコンにインストールされている「Internet Explorer」 が必要がなくなった場合は、コントロールパネル、もしくはPowerShellコマンドを使用してInternet Explorer 11をアンインストール(無効化)することができます。※Internet Explorer削除後、再インストールすることも可能です。
Windows10

【図解】Windows 10 パソコン:Internet Explorer 11 削除(無効化)方法

Windows 10の標準ブラウザは「Microsoft Edge」です。Internet Explorer が必要がなくなった場合は、コントロールパネル、もしくはPowerShellコマンドを使用してInternet Explorer 11をアンインストール(無効化)することができます。※Internet Explorer削除後、再インストールすることも可能です。
Windows

【図解】Windows クライアント・サーバーOS:「explorer.exe」の格納場所

Windows 7・Windows 8・Windows 10・Windows Server 2008・Windows Server 2012・Windows Server 2016・Windows Server 2019を利用し「explorer.exe」ファイルの場所を確認しました。Windows OSのhostsファイルの格納場所は共通して「C:\Windows\explorer.exe」です。
Windows

【図解】Windows クライアント・サーバーOS:hosts ファイルの格納場所

Windows 7・Windows 8・Windows 10・Windows Server 2008・Windows Server 2012・Windows Server 2016・Windows Server 2019を利用しhostsファイルの場所を確認しました。Windows OSのHostsファイルの格納場所は共通して「C:\Windows\System32\drivers\etc\hosts」です。
Windows Server 2008

【図解】Windows Server 2008:役割・機能の削除ウィザードを利用した役割・機能の削除手順

Windows Server 2008の役割と機能の削除は管理者権限のユーザーアカウントで実施します。役割のアンインストールは「サーバーマネージャ」 -> 「役割」->「役割の削除」->「削除する役割のチェックボックスをオフ」・機能のアンインストールは「サーバーマネージャ」-> 「機能」->「機能を削除」->「削除する機能のチェックボックスをオフ」の手順です。
Windows Client

【図解】Internet Explorerブラウザを使用したMicrosoft Update カタログ ダウンロード方法

Microsoft Update カタログは、現在サポート対象OSの更新プログラムが用意され手動で個別プログラムをダウンロードすることができます。Windows Updateでの更新プログラムインストール失敗時、特定のアップデートをインストールしたい場合に利用します。本記事では、Windows10のInternet Explorerブラウザを利用し更新プログラムのダウンロード方法を説明します。
Windows Client

【図解】Microsoft Edgeブラウザを使用したMicrosoft Update カタログ ダウンロード・インストール方法

Microsoft Update カタログは、現在サポート対象OSの更新プログラムが用意され手動で個別プログラムをダウンロードすることができます。Windows Updateでの更新プログラムインストール失敗時、特定のアップデートをインストールしたい場合に利用します。本記事では、Windows10のMicrosoft Edgeブラウザを利用し更新プログラムのダウンロード・インストール方法を説明します。
Windows Server 2008

【図解】Windows Server 2008:AD(Active Directory)ドメインから離脱しワークグループに戻す手順

本記事では、AD(Active Directory)にドメインに参加しているWindows Server 2008のサーバをドメインから抜け、ワークグループに戻す手順を説明します。ワークグループへの変更はシステムのプロパティ画面から変更することができます。
Windows Server 2008

【図解】Windows Server 2008:Active Directoryにドメイン参加する手順

Windows Server 2008 サーバを ワークグループからドメイン参加する方法を解説します。Windows サーバをドメインに参加する事で、ドメインのメンバーサーバーとなりドメインユーザーでのログイン・グループポリシーの適用が可能になります。ドメイン参加する前提として「DNSサーバー」の設定項目でドメインコントローラーのIPアドレスになっているか確認後、実施します。
Windows Server 2008

【図解】Windows Server 2008 : ディスク クリーンアップ方法  

Windows Server 2008でディスクのクリーンアップを利用するにはデフォルトでは利用することができません。サーバーマネージャからデスクトップエクスペリエンスをインストールする必要があります。デスクトップエクスペリエンスインストール後は「ディスクのクリーンアップ」が表示されます。
Windows Server 2008

【図解】Windows Server 2008:リモートデスクトップ 複数セッション許可設定

Windows Server 2008に、同一のアカウントで同時にリモートデスクトップ(RDP)接続可能なユーザー数は2人までですが、ローカルグループポリシーのデフォルト設定で1人までしか接続許可しない接続制限設定となります。本記事では、ローカルグループポリシーの設定を変更し、複数のユーザーがリモートデスクトップ接続可能にする手順を解説します。
Windows Server 2012/R2

【図解】Windows Server 2012 R2:ローカルユーザー作成・新規作成したアカウントでログインする手順

Windows Server 2012 R2のローカルユーザーを追加作成する場合は、デスクトップ画面左下「スタート」 ->「管理ツール」->「コンピューターの管理」->「ローカルユーザーとグループ」から作成することができます。
Windows Server 2008

【図解】Windows Server 2008:ローカルユーザー作成・新規作成したアカウントでログインする手順

Windows Server 2008のローカルユーザーを追加作成する場合は、デスクトップ画面左下「スタート」 ->「管理ツール」->「コンピューターの管理」->「ローカルユーザーとグループ」から作成することができます。
Windows Server 2008

【図解】Windows Server 2008:サーバースペックの調べ方

Windows Server 2008のスペックの調べ方を紹介します。搭載しているCPUの種類・メモリ・ソフトウェアインストール時の対応ビット数が何か確認するケースは多いです。 Windows Server 2008の「システム」を利用することで、Windowsのエディション・プロセッサ・実装メモリ・システムの種類(32ビット・64ビット)を確認する方法を説明します。
Windows Server 2008

【図解】Windows Server 2008:PC名(ホスト名)変更手順

PC名の長さは制限である最大63バイト、文字数の最大15文字以下を推奨します。今回は、Windows Server 2008でのコンピュータ名の設定変更方法と補足としてコマンドプロンプト(cmd)によるPC名の確認方法を説明します。
Windows Server 2008

【図解】Windows Server 2008:チェックディスク機能でディスクのエラーをチェックする方法

チェックディスクは、Windows OS標準で使われているドライブのエラーチェックツールです。システムエラーや不良セクタ(データが記録できなくなってしまった領域)を検知しエラーが発見された場合は、チェックディスクで修復できる可能性があります。本記事では、チェックディスク実行方法、イベントビューアによるログ確認方法を説明します。
Windows Server 2008

【図解】Windows Server 2008:Windows Server バックアップインストール手順

Windows Server バックアップは、ディスク全体・フォルダー・ファイル単位でデータをバックアップおよび復元できるWindows 標準のバックアップ機能です。標準機能のため無料で利用できますが、Windows Server 2008 のクリーンインストール状態では機能が有効になっていないためサーバーマネージャの機能の追加画面からインストールする必要があります。
Windows Server 2008

【図解】Windows Server 2008:Webサーバー(IIS) のバージョン確認手順

Windows Server 2008:Webサーバー(IIS)にインストールしているバージョンをGUI・コマンドプロンプトを利用して確認する方法を解説します。
Windows Server 2008

【図解】Windows Server 2008:サーバーマネージャを利用したWebサーバー(IIS)構築手順

Windows Server 2008:Webサーバー(IIS)は、デフォルトでインストールされていません。機能を追加するには「サーバーマネージャ」->「役割の追加」でWebサーバー(IIS)のチェックボックスを有効化しインストールする必要があります。今回は、Windows Server 2008の画像でWebサーバー(IIS)のインストール、およびWebサーバーへ接続する方法を解説します。
Windows Server 2008

【図解】Windows Server 2008:「メモリ診断ツール」実行・ログ確認方法

Windows Server 2008に標準搭載されている「メモリ診断ツール」はメモリ異常を確認できるアプリケーションソフトです。意図しない再起動・ブルースクリーンが発生する回数が増えるようになってきたらOS・ディスク・メモリの不具合などが考えられますがメモリが原因になっている場合は「メモリ診断ツール」を推奨します。
Windows Server 2012/R2

【図解】Windows Server 2012 R2 : ディスク クリーンアップ方法  

Windows Server 2012 / R2でディスクのクリーンアップを利用するにはデフォルトでは利用することができません。サーバーマネージャーからデスクトップエクスペリエンスをインストールする必要があります。デスクトップエクスペリエンスインストール後は「ディスクのクリーンアップ」が表示されます。
Windows Server 2019

【図解】Windows Server 2019 : ディスク クリーンアップ方法  

ディスククリーンアップは、不要なファイルを削除してディスクの空き容量を増やす機能です。「ダウンロードされたプログラムファイル」・「インターネット一時ファイル」・「ごみ箱」などのファイルを削除することでディスクの空き容量を増やせます。Cドライブが圧迫されWindowsの動作が重い・ドライブの空き領域が少なくなってきた場合、ディスククリーンアップは有効な方法です。
Windows7

【図解】Windows7 パソコン: ディスク クリーンアップ方法  

ディスククリーンアップは、不要なファイルを削除してディスクの空き容量を増やす機能です。「ダウンロードされたプログラムファイル」・「インターネット一時ファイル」・「ごみ箱」などのファイルを削除することでディスクの空き容量を増やせます。Cドライブが圧迫されWindowsの動作が重い・ドライブの空き領域が少なくなってきた場合、ディスククリーンアップは有効な方法です。
Windows8.1

【図解】Windows8.1 パソコン: ディスク クリーンアップ方法  

ディスククリーンアップは、不要なファイルを削除してディスクの空き容量を増やす機能です。「ダウンロードされたプログラムファイル」・「インターネット一時ファイル」・「ごみ箱」などのファイルを削除することでディスクの空き容量を増やせます。Cドライブが圧迫されWindowsの動作が重い・ドライブの空き領域が少なくなってきた場合、ディスククリーンアップは有効な方法です。
Windows10

【図解】Windows10 パソコン: ディスク クリーンアップ方法  

ディスククリーンアップは、不要なファイルを削除してディスクの空き容量を増やす機能です。「ダウンロードされたプログラムファイル」・「インターネット一時ファイル」・「ごみ箱」などのファイルを削除することでディスクの空き容量を増やせます。Cドライブが圧迫されWindowsの動作が重い・ドライブの空き領域が少なくなってきた場合、ディスククリーンアップは有効な方法です。
Windows8.1

【図解】Windows 8.1 パソコン: 追加ハードディスク・SSDを認識させ新しいドライブとして設定する方法

Windows 8.1がインストールされているハードディスク・SSDとは別に、追加するハードディスク・SSDを接続し認識させるためにはOS上で「ディスクの管理」->「ディスクの初期化」->「未割り当て」領域をフォーマットする必要があります。フォーマット後は新しいパーティション(Dドライブ・Eドライブなど)として利用することができます。
Windows Server 2012/R2

【図解】Windows Server 2012 R2 : 追加ハードディスク・SSD・仮想ディスクを認識させ新しいドライブとして設定する方法

Windows Server 2012 R2 がインストールされているハードディスク・SSD・仮想ディスクとは別に、追加するストレージを接続し認識させるためにはOS上で「ディスクの管理」->「ディスクの初期化」->「未割り当て」領域をフォーマットする必要があります。フォーマット後は新しいパーティション(Dドライブ・Eドライブなど)として利用することができます。
Windows7

【図解】Windows7 パソコン: 追加ハードディスク・SSDを認識させ新しいドライブとして設定する方法

Windows 7がインストールされているハードディスク・SSDとは別に、追加するハードディスク・SSDを接続し認識させるためにはOS上で「ディスクの管理」->「ディスクの初期化」->「未割り当て」領域をフォーマットする必要があります。フォーマット後は新しいパーティション(Dドライブ・Eドライブなど)として利用することができます。
Windows Server 2016

【図解】Windows Server 2016 : 追加ハードディスク・SSD・仮想ディスクを認識させ新しいドライブとして設定する方法

Windows Server 2016がインストールされているハードディスク・SSD・仮想ディスクとは別に、追加するストレージを接続し認識させるためにはOS上で「ディスクの管理」->「ディスクの初期化」->「未割り当て」領域をフォーマットする必要があります。フォーマット後は新しいパーティション(Dドライブ・Eドライブなど)として利用することができます。
Windows Server 2019

【図解】Windows Server 2019 : 追加ハードディスク・SSD・仮想ディスクを認識させ新しいドライブとして設定する方法

Windows Server 2019がインストールされているハードディスク・SSD・仮想ディスクとは別に、追加するストレージを接続し認識させるためにはOS上で「ディスクの管理」->「ディスクの初期化」->「未割り当て」領域をフォーマットする必要があります。フォーマット後は新しいパーティション(Dドライブ・Eドライブなど)として利用することができます。
Windows10

【図解】Windows10 パソコン: 追加ハードディスク・SSDを認識させ新しいドライブとして設定する方法

Windows 10がインストールされているハードディスク・SSDとは別に、追加するハードディスク・SSDを接続し認識させるためにはOS上で「ディスクの管理」->「ディスクの初期化」->「未割り当て」領域をフォーマットする必要があります。フォーマット後は新しいパーティション(Dドライブ・Eドライブなど)として利用することができます。
Windows Server 2016

【図解】物理 Windows Server 2016: ディスク デフラグ実行・ログ確認手順

デフラグはハードディスク(HDD)やソリッドステートドライブ(SSD)の断片化しているファイルを正しい位置に整理し直す機能です。Windows Server 2016 標準で利用できる無償のツール「ドライブのデフラグと最適化」で行えます。本記事では「ドライブのデフラグと最適化」実行手順、およびデフラグ実行履歴を確認できるイベントビューアーでのログ確認方法を解説します。
Windows Server 2012/R2

【図解】物理 Windows Server 2012 R2: ディスク デフラグ実行・ログ確認手順

デフラグはハードディスク(HDD)やソリッドステートドライブ(SSD)の断片化しているファイルを正しい位置に整理し直す機能です。Windows Server 2012 R2 標準で利用できる無償のツール「ドライブのデフラグと最適化」で行えます。本記事では「ドライブのデフラグと最適化」実行手順、およびデフラグ実行履歴を確認できるイベントビューアーでのログ確認方法を解説します。
Windows Server 2019

【図解】物理 Windows Server 2019: ディスク デフラグ実行・ログ確認手順

デフラグはハードディスク(HDD)やソリッドステートドライブ(SSD)の断片化しているファイルを正しい位置に整理し直す機能です。Windows Server 2019 標準で利用できる無償のツール「ドライブのデフラグと最適化」で行えます。本記事では「ドライブのデフラグと最適化」実行手順、およびデフラグ実行履歴を確認できるイベントビューアーでのログ確認方法を解説します。
Windows7

【図解】Windows7 パソコン: ディスク デフラグ実行・ログ確認手順

デフラグはドライブの断片化しているファイルを正しい位置に整理し直す機能です。Windows7で標準で利用できるツール「ディスクデフラグツール」で行えます。デフラグの実行時間は、ドライブの容量や断片化したファイル数によってはそれなりに時間がかかります。ノートパソコンを使用している場合は、ACアダプターを接続した状態で実行することを推奨します。
Windows10

【図解】Windows10 パソコン: ディスク デフラグ実行・ログ確認手順

デフラグはドライブの断片化しているファイルを正しい位置に整理し直す機能です。Windows10で標準で利用できるツール「ドライブのデフラグと最適化」で行えます。デフラグの実行時間は、ドライブの容量や断片化したファイル数によってはそれなりに時間がかかります。ノートパソコンを使用している場合は、ACアダプターを接続した状態で実行することを推奨します。
Windows7

【図解】Windows 7 パソコン:無線 LAN ( Wi-Fi ) 機能が対応されているか確認する方法

Windows 7 パソコンの無線 LAN ( Wi-Fi ) 機能が対応しているかどうかは「コントロールパネル」->「ネットワークと共有センター」->「アダプターの設定の変更」画面から確認することができます。ネットワークインターフェースカードが無線 LANの機能を搭載していなければ「ネットワーク接続」項目一覧にWi-Fiのアイコンが表示されません。
Windows8.1

【図解】Windows8.1 パソコン:無線 LAN ( Wi-Fi ) 機能が対応されているか確認する方法

Windows8.1 パソコンの無線 LAN ( Wi-Fi ) 機能が対応しているかどうかはデスクトップ画面左下の「Windowsアイコン」を右クリック ->「ネットワーク接続」を選択します。ネットワークインターフェースカードが無線 LANの機能を搭載していなければ「ネットワーク接続」項目一覧にWi-Fiのアイコンが表示されません。
Windows7

【図解】Windows 7 パソコン:Windowsの機能 アンインストール

Windows 7 機能のアンインストールは「コントロールパネル」->「 プログラムのアンインストール 」->「 Windows の機能の有効化または無効化 」で行います。Windowsの機能画面に一覧が表示され削除するプログラムのチェックボックスをオフにすることでアンインストールすることができます。
Windows8.1

【図解】Windows 8.1 パソコン:Windowsの機能 アンインストール

Windows 8.1 機能のアンインストールは「コントロールパネル」->「 プログラムのアンインストール 」->「 Windows の機能の有効化または無効化 」で行います。Windowsの機能画面に一覧が表示され削除するプログラムのチェックボックスをオフにすることでアンインストールすることができます。
Windows10

【図解】Windows 10 パソコン:Windowsの機能 アンインストール

Windows 10 機能のアンインストールは「コントロールパネル」->「 プログラムのアンインストール 」->「 Windows の機能の有効化または無効化 」で行います。Windowsの機能画面に一覧が表示され削除するプログラムのチェックボックスをオフにすることでアンインストールすることができます。
Windows8.1

【図解】Windows 8 / 8.1 パソコン:Wi-Fi(無線LAN)に接続する手順を解説

Windows8 / 8.1 パソコンから一般家庭向けに設置されているルーター経由でWi-Fi(アクセスポイント)からインターネットに接続する設定方法を解説します。ルーターの親機のラベルに記載されているネットワーク名(SSID)を選択・セキュリティキーをWindows8 / 8.1のパソコンから入力することで接続できます。
Windows7

【図解】Windows 7 パソコン:Wi-Fi(無線LAN)に接続する手順を解説

Windows7 パソコンから一般家庭向けに設置されているルーター経由でWi-Fi(アクセスポイント)からインターネットに接続する設定方法を解説します。ルーターの親機のラベルに記載されているネットワーク名(SSID)を選択・セキュリティキーをWindows7のパソコンから入力することで接続できます。
Windows7

【図解】Windows 7 パソコン :有線LANと無線LANの優先順位を変更する手順

NIC(ネットワークインターフェースカード)には、IPv4・IPv6それぞれにメトリックという数値があります。複数のNICがある場合、メトリック値に応じてどちらのNICを優先的に利用するかGUI(視覚的な操作)で優先度を指定することができます。本記事では、メトリック値の変更方法・タスクマネージャーを利用した確認方法を解説します。
Windows8.1

【図解】Windows 8 / 8.1 パソコン:有線LANと無線LANの優先順位を変更する手順

NIC(ネットワークインターフェースカード)には、IPv4・IPv6それぞれにメトリックという数値があります。複数のNICがある場合、メトリック値に応じてどちらのNICを優先的に利用するかGUI(視覚的な操作)で優先度を指定することができます。本記事では、メトリック値の変更方法・タスクマネージャーを利用した確認方法を解説します。
Windows7

【図解】Windows 7 パソコン:インターネットインフォメーションサービス(IIS)のバージョン確認手順

Windows 7:インターネットインフォメーションサービス(IIS)をインストールしているバージョンをGUI・コマンドプロンプトを利用して確認する方法を解説します。
Translate »
タイトルとURLをコピーしました