評価版 Windows Server OSライセンス延長手順

Windows
スポンサーリンク

1.評価版 Windows Server OSのライセンス認証について

評価版 Windows OSのライセンス認証はOSインストール後にインターネット接続することでライセンス認証されます。猶予期限切れのタイミング毎にコマンドプロンプトから「slmgr /rearm」コマンドを実行し、ライセンス延長(リセット)することでOSによって異なりますが、 評価版Windows Server OSは最長約3年~3年半、評価・検証することができます。

ライセンス認証を猶予期間内に行わない・評価期限が満了した場合、OSは以下の動作をします。
・Windowsにログオンできない
・1時間毎に強制的にシャットダウンされる

Windows OSによってライセンス猶予期限・延長回数は異なります
インターネット接続しないオフライン環境でライセンス延長をした場合、猶予延長期間+10日間となるためインターネット接続できる環境でライセンス延長(リセット)を実施することを推奨します。

ライセンス体系全般に言えることですが分かりづらいと思います。Windows Server OS毎に表にまとめました。

OSインストール時
初期猶予期限
自動認証後
猶予期限
オフライン環境
延長時の猶予期限
オンライン環境
延長時の猶予期限
延長回数最長
猶予期限
win201910日180日+10日+180日6回1260日
win201610日180日+10日+180日6回1260日
win2012r20日180日+10日+180日5回1080日
win201210日180日+10日+180日5回1080日

OSのバージョンによって差異がありますが、評価版 Windows Server OSは最長猶予期限:約3年~3年半、製品版と同様の仕様で評価・検証することができます。

今回は、例としてWindows Server 2016のネットワーク環境別にライセンス延長(リセット)した場合の最長のライセンス猶予期限を記します。

常時インターネット未接続環境でライセンス延長した場合の最長猶予期限
 OSインストール時猶予期限10日+(オフライン環境延長時の猶予期限10日×延長回数6回)=70日

常時インターネット接続環境でライセンス延長した場合の最長猶予期限
 OSインストール時猶予期限180日+(オンライン環境延長時の猶予期限180日×延長回数6回)=1260日

以降、Windows Srver 2016 を利用したライセンス延長手順をご紹介します。

スポンサーリンク

2.ライセンス有効期間の確認

手順 1:
左下「Windowsロゴ」を右クリック –> 「ファイル名を指定して実行」を選択します。

手順 2:
ファイル名を指定して実行画面:名前に「cmd」を入力 –> 「OK」を選択します。

手順 3:
コマンドプロンプトで「slmgr /dli」コマンドを実行します。
※時間単位のライセンス認証の有効期間を確認できます。デスクトップ右下の日数と同じ日数が表示されます。

実行コマンド
slmgr /dli
スポンサーリンク

3.残りのリセット可能回数の確認

コマンドプロンプトから「slmgr /dlv」コマンドを実行し「残りのWindows 猶予期限リセット可能回数」を確認します。

実行コマンド
slmgr /dlv
スポンサーリンク

4.ライセンス期間延長

コマンドプロンプトから「slmgr /rearm」コマンドを実行し、ライセンス期間を延長します。

実行コマンド
slmgr /rearm
スポンサーリンク

5.ライセンス延長するタイミング

ライセンス延長するタイミングは、残りのライセンスの有効期限が30日間以下になった場合、「ライセンスの有効期限がもうすぐ切れます。」と表示されます。有効期限がなくなってきたらインターネット接続されていることを確認し、「slmgr /rearm」コマンドを実行します。

もしくは、ライセンスの有効期限終了後、デスクトップ画面右下に「 Windows ライセンスの有効期限が切れています 」が表示された任意のタイミングで「slmgr /rearm」コマンドを実行します。

Windows
スポンサーリンク
Shima System Academy
Translate »
タイトルとURLをコピーしました