Sponsored Link

【図解】Windows クライアント・サーバーOS:デフォルト.NET Frameworkの各バージョン一覧

Windows

「shima system academy」で環境を立てているWindowsクライアント製品のWindows 7・Windows 8.1・Windows 10・Windows 11、Windowsサーバー製品のWindows Server 2012 R2・Windows Server 2016・Windows Server 2019 ・Windows Server 2022を利用しデフォルト状態でインストールされている.NET Frameworkのバージョンを確認しました。

.NET Framework VersionはWindows クライアント、サーバーOSで異なります。以下のOS・バージョンでの確認結果を表にまとめました。

Windows製品 .NET Framework Version OSバージョン
Windows 7 Micorosoft .NET Framework 3.5.1 バージョン6.1
Windows 8.1 .NET Framework 4.5 Advanced Services バージョン6.3
Windows 10 .NET Framework 4.8 Advanced Services バージョン2004
Windows 11 .NET Framework 4.8 Advanced Services バージョン21H2
Windows Server 2012 R2 .NET Framework 4.5 Features バージョン6.3
Windows Server 2016 .NET Framework 4.6 Features バージョン1607
Windows Server 2019 .NET Framework 4.7 Features バージョン1809
Windows Server 2022 .NET Framework 4.8 Features バージョン21H2
Sponsored Link

Windows クライアントOS製品: .NET Frameworkのバージョン

Windows 7 バージョン6.1のデフォルト.NET Frameworkのバージョンは 「Micorosoft .NET Framework 3.5.1」です。

Windows 8.1 バージョン6.3の デフォルト .NET Frameworkのバージョンは 「Micorosoft .NET Framework 4.5 Advanced Services」です。

Windows 10 バージョン2004のデフォルト .NET Frameworkのバージョンは 「.NET Framework 4.8 Advanced Services」です。

Windows 11 バージョン21H2のデフォルト .NET Frameworkのバージョンは 「.NET Framework 4.8 Advanced Services」です。

Sponsored Link

Windows サーバーOS製品: .NET Frameworkのバージョン

Windows Server 2012 R2 バージョン6.3のデフォルト .NET Frameworkのバージョンは 「.NET Framework 4.5 Features」です。

Windows Server 2016 バージョン1607のデフォルト .NET Frameworkのバージョンは 「.NET Framework 4.6 Features」です。

Windows Server 2019 バージョン1809のデフォルト .NET Frameworkのバージョンは 「.NET Framework 4.7 Features」です。

Windows Server 2022 バージョン21H2のデフォルト .NET Frameworkのバージョンは 「.NET Framework 4.8 Features」です。

Windows
Sponsored Link
Shima System Academy
Translate »
タイトルとURLをコピーしました