Sponsored Link

【図解】Windows クライアント・サーバーOS:「explorer.exe」の格納場所

Windows

「shima system academy」で環境を立てているWindows 7・Windows 8・Windows 10・Windows Server 2008・Windows Server 2012・Windows Server 2016・Windows Server 2019 ・Windows Server 2022を利用し「explorer.exe」ファイルの場所を確認しました。

以下、Windows OSのhostsファイルの格納場所は共通して「C:\Windows\explorer.exe」です。

Windows製品 explorer.exeファイル格納場所
Windows 7 C:\Windows\explorer.exe
Windows 8 C:\Windows\explorer.exe
Windows 10 C:\Windows\explorer.exe
Windows Server 2008 C:\Windows\explorer.exe
Windows Server 2012 C:\Windows\explorer.exe
Windows Server 2016 C:\Windows\explorer.exe
Windows Server 2019 C:\Windows\explorer.exe
Windows Server 2022 C:\Windows\explorer.exe
Sponsored Link

Windows OS製品のexplorer.exe ファイル格納場所

Windows 7のexplorer.exeファイルの格納先は「C:\Windows\explorer.exe」です。

Windows 8のexplorer.exeファイルの格納先は「C:\Windows\explorer.exe」です。

Windows 10のexplorer.exeファイルの格納先は「C:\Windows\explorer.exe」です。

Windows Server 2008のexplorer.exeファイルの格納先は「C:\Windows\explorer.exe」です。

Windows Server 2012のexplorer.exeファイルの格納先は「C:\Windows\explorer.exe」です。

Windows Server 2016のexplorer.exeファイルの格納先は「C:\Windows\explorer.exe」です。

Windows Server 2019のexplorer.exeファイルの格納先は「C:\Windows\explorer.exe」です。

Windows Server 2022のexplorer.exeファイルの格納先は「C:\Windows\explorer.exe」です。

Windows
Sponsored Link
Shima System Academy
Translate »
タイトルとURLをコピーしました