Sponsored Link

【図解】Windows 11 パソコン: Windows セキュリティ(Windows Defender)手動スキャン実行手順

Windows11

Windows11には、ウイルス対策アプリケーションソフト「Windows セキュリティ(Windows Defender)」が、デフォルトでインストールされています。ウイルスと脅威の防止・リアルタイム保護・ランサムウェアの防止など悪意のあるソフトウェアを検知しブロックすることでパソコンを保護します。

本記事で説明する Windows11の「 WindowsDefender 」はクイックスキャン・フルスキャン・カスタムスキャン・オフラインスキャンの4つの種類から実行できます。 各スキャンの違いは以下になります。

  • クイックスキャン:システム内で脅威が検出されることが多いフォルダーのみをチェック
  • フルスキャン:ハードディスク上のすべてのファイルやプログラムをチェック
  • カスタムスキャン:指定したドライブ内(Cドライブ・Dドライブなど)のフォルダ、USBメモリ・外付けハードディスクなどのメディアをチェック
  • オフラインスキャン:OS起動時に検出・削除できない一部の悪意のあるソフトウェアをチェック

以降、Windows11 パソコンのWindowsDefender クイックスキャン・フルスキャン・カスタムスキャン・オフラインスキャンの実行方法、および実行後のイベントビューアーでのログ確認方法を説明します。

Sponsored Link

1. Windows11 パソコン:WindowsDefender クイックスキャン実行

手順 1:
タスクバー「 Windowsマーク」をクリック –>「すべてのアプリ」を選択します。

手順 2:
「Windows セキュリティ」を選択します。

手順 3:
左ペイン「 ウイルスと脅威の防止 」をクリック –>「 クイックスキャン 」を選択します。
※「クイックスキャン」ボタン実行後、クイックスキャンが開始されます。

Windows Defender のクイックスキャン終了後、Windows Defender スキャンの結果が出力されます。

Windows Defender のクイックスキャン結果は、イベントビューアーに出力されています。ログには、「スキャンの種類」・「スキャンの時間」などを確認することができます。ログの履歴をイベントログから確認する場合は、「Windows Defender」->「Operational」です。ログ履歴の詳細の場所は以下になります。※フルスキャン・カスタムスキャン実行時も同じ場所に出力されます。

イベントビューアー
– アプリケーションとサービスログ
 - Microsoft
  - Windows
   - Windows Defender
    - Operational

Sponsored Link

2. Windows11 パソコン:WindowsDefender フルスキャン実行

手順 1:
タスクバー「 Windowsマーク」をクリック –>「すべてのアプリ」を選択します。

手順 2:
「Windows セキュリティ」を選択します。

手順 3:
左ペイン「 ウイルスと脅威の防止 」をクリック –>「スキャンのオプション」を選択します。

手順 4:
「 フルスキャン 」 –>「 今すぐスキャン 」を選択し実行します。
※「今すぐスキャン」ボタン実行後、フルスキャンが開始されます。

Windows Defender のフルスキャン終了後、スキャンのオプション画面にWindows Defender スキャンの結果が出力されます。

Windows Defender のフルスキャン結果は、イベントビューアーに出力されています。ログには、「スキャンの種類」・「スキャンの時間」などを確認することができます。ログの履歴をイベントログから確認する場合は、「Windows Defender」->「Operational」です。ログ履歴の詳細の場所は以下になります。※クイックスキャン・カスタムスキャン実行時も同じ場所に出力されます。

イベントビューアー
– アプリケーションとサービスログ
 - Microsoft
  - Windows
   - Windows Defender
    - Operational

Sponsored Link

3. Windows11 パソコン:WindowsDefender カスタムスキャン実行

手順 1:
タスクバー「 Windowsマーク」をクリック –>「すべてのアプリ」を選択します。

手順 2:
「Windows セキュリティ」を選択します。

手順 3:
左ペイン「 ウイルスと脅威の防止 」をクリック –>「スキャンのオプション」を選択します。

手順 4:
「 カスタム スキャン 」 –>「 今すぐスキャン 」を選択します。

「今すぐスキャン」ボタンをクリックしてもスキャン処理は開始されません。

手順 5:
指定したドライブ内(Cドライブ・Dドライブなど)のフォルダ、USBメモリ・外付けハードディスクなどのメディアを選択します。

Windows Defender のカスタムスキャン終了後、スキャンのオプション画面にWindows Defender スキャンの結果が出力されます。

Windows Defender のカスタムスキャン結果は、イベントビューアーに出力されています。ログには、「スキャンの種類」・「スキャンの時間」などを確認することができます。ログの履歴をイベントログから確認する場合は、「Windows Defender」->「Operational」です。ログ履歴の詳細の場所は以下になります。※クイックスキャン・フルスキャン実行時も同じ場所に出力されます。

イベントビューアー
– アプリケーションとサービスログ
 - Microsoft
  - Windows
   - Windows Defender
    - Operational

Sponsored Link

4. Windows11 パソコン:WindowsDefender オフラインスキャン実行

手順 1:
タスクバー「 Windowsマーク」をクリック –>「すべてのアプリ」を選択します。

手順 2:
「Windows セキュリティ」を選択します。

手順 3:
左ペイン「 ウイルスと脅威の防止 」をクリック –>「スキャンのオプション」を選択します。

手順 4:
「 Microsoft Defender オフライン スキャン 」 –>「 今すぐスキャン 」を選択します。

手順 5:
デバイスを再起動する前に、すべての作業を保存し「 スキャン 」を選択します。

手順 6:
ユーザーアカウント制御画面 ->「 はい 」を選択します。

「はい」を選択後、パソコンが再起動し「Windows Defender」によるスキャン処理が開始されます。

Microsoft Defender オフライン スキャンの処理時間は利用するPCによって異なります。スキャン処理が終了するまで少し待ちます。

WindowsDefender オフラインスキャンの実行結果は「保護の履歴」に表示されます。ウィルスが検出されない場合は何も表示されません。

※マイクロソフト公式サイトでWindowsDefender オフラインスキャンの実行結果を確認する手順を参照する場合は、以下URLで確認することができます。
マイクロソフト公式サポートサイト:https://support.microsoft.com/ja-jp/windows/microsoft-defender-%E3%82%AA%E3%83%95%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%82%92%E4%BD%BF%E3%81%A3%E3%81%A6-pc-%E3%82%92%E4%BF%9D%E8%AD%B7%E3%81%99%E3%82%8B-9306d528-64bf-4668-5b80-ff533f183d6c

Windows11
Sponsored Link
Shima System Academy
Translate »