Sponsored Link

【図解】Windows Server 2016:「.NET Framework 3.5」インストール手順(sxsフォルダー使用)

Windows Server 2016

「Microsoft .NET Framework」はマイクロソフトが無料で提供しているソフトウエア開発&実行用プログラムです。Windowsのソフトを動作させるために必要となる部品の様な役割です。

Windows Server 2016で動作させるアプリケーションによっては.NET Framework 3.5 Featuresが必要となる場合があります。Windows Server 2016 のデフォルト状態では「.NET Framework 4.6 Features」 がインストールされており、.NET Framework 3.5 Featuresがインストールされていません。

サーバーがインターネット接続不可・OSインストールディスクを直接マウントすることができない環境の場合、事前に別端末でOSインストールディスク、もしくはISOイメージファイルを展開し、[マウントされたドライブ]:\sources\sxsフォルダ内に.NETFrameworkをインストールするためのcabファイルが格納されています。この「sxsフォルダ」をインストールするサーバーにコピーし役割と機能の追加ウィザードから代替ソースパスとして指定することで「 .NET Framework 3.5 」をインストールすることができます。

インターネットに接続できない・物理OSインストールディスクが用意できない・ISOイメージを直接、サーバーにマウントできない環境において、本手順を推奨します。
Sponsored Link

【事前準備】sxsフォルダをWindows Server 2016にコピーする

手順 1:
.NET Framework 3.5をインストールするサーバー以外の端末で物理OSディスク、もしくはISOイメージファイルを展開し[マウントされたドライブ]:\sources\sxsフォルダに移動し、.NET Framework 3.5インストール用のcabファイルがあることを確認します。

手順 2:
「sxs」フォルダをコピーします。

手順 3:
Windows Server 2016にログイン -> コピーした「sxs」フォルダーを任意の場所に格納します。

本記事では、C:\Users\Administrator\Desktop\sxs としました。
Sponsored Link

.NET Framework 3.5インストール

手順 1:
(Windowsロゴ)」  –>「 サーバーマネージャー 」 を選択します。

手順 2:
「役割と機能の追加」を選択します。

手順 3:
開始する前に画面で「 次へ 」を選択します。

手順 4:
インストールの種類の選択画面で「 次へ 」を選択します。

手順 5:
対象サーバーの選択画面で「インストールするサーバーを選択」 -> 「次へ」を選択します。

手順 6:
サーバーの役割の選択画面は何も選択しないで「 次へ 」を選択します。

手順 7:
機能の選択画面で「 .NET Framework 3.5 Features 」を有効化 –>「 次へ 」 を選択します。

手順 8:
インストールオプションの確認画面で「 代替ソースパスの指定 」を選択します。

手順 9:
パスにsxsフォルダーのパスを入力します。

本記事では、C:\Users\Administrator\Desktop\sxs としています。

手順 10:
インストールオプションの確認画面で「インストール」を選択します。

手順 11:
インストールの進行状況画面で「閉じる」を選択します。

Windows Server 2016
Sponsored Link
Shima System Academy
Translate »
タイトルとURLをコピーしました