Sponsored Link

【図解】Windows Server 2022:Windows Defender ファイアウォール設定 無効化方法

Windows Server 2022

Windows Defenderファイアウォールは、ネットワークの通り道の「ポート」を塞ぎ通信をブロックすることで外部端末のアクセスからパソコンを守る機能です。Windows Server 2022のデフォルト設定では、ファイアウォールは有効になっていますが使用したいアプリケーションソフトウェアによっては通信がブロックされ利用できない場合があります。Windows Server 2022のWindows Defender ファイアウォール設定はコントロールパネルから変更します。

理由がない Windows Defender ファイアウォール設定の無効化は推奨しません。不正アクセス・ウイルスなどに感染する可能性が高くなります。
Sponsored Link

Windows Server 2022:Windows Defender ファイアウォール設定 無効化方法

手順 1:
デスクトップ画面左下の「 Windowsマーク」を選択します。

手順 2:
「Windows システムツール」-> 「コントロールパネル」を選択します。

手順 3:
表示方法:小さいアイコン -> 「Windows Defender ファイアウォール」を選択します。

手順 4:
「Windows Defenderファイアウォールの有効化または無効化」を選択します。

Windows Server 2022 がドメイン参加している場合は「ドメインネットワーク」が表示されます。※ドメイン参加していないパソコンは「プライベートネットワーク・ゲストまたはパブリックネットワーク」が表示されます。

手順 5:
プライベートネットワーク・パブリックネットワークの設定の「Windows Defenderファイアウォールを無効にする(推奨されません)」を選択します。

以下、ネットワーク設定について説明します。

  • プライベートネットワーク:家庭内や社内のネットワークなど信頼するネットワーク向けの設定
  • パブリックネットワーク:公衆無線LANやホテルのネットワークなど、第三者が参加しているネットワークの接続設定
Windows Server 2022がドメイン参加している場合は「ドメインネットワークの設定」項目が表示されます。無効化する場合は「Windows Defenderファイアウォールを無効にする」を選択します。

手順 6:
Windows Defenderファイアウォールが「無効」になったことを確認します。

Sponsored Link

Windows Server 2022:Windows Defender ファイアウォール設定 有効化方法

手順 1:
Windows Defenderファイアウォール設定を元に戻す際は「Windows Defenderファイアウォールの有効化または無効化」を選択します。

手順 2:
「Windows Defenderファイアウォールを有効にする」を選択します。

Windows Server 2022がドメイン参加している場合は「ドメインネットワークの設定」項目が表示されます。有効化する場合は「Windows Defenderファイアウォールを有効にする」を選択します。

手順 3:
「プライベートネットワーク」、「ゲストまたはパブリックネットワーク」のWindows Defenderファイアウォールが有効になったことを確認します。

Windows Server 2022がドメイン参加している場合は「ドメインネットワーク」項目が表示されます。有効化されていることを確認します。
Windows Server 2022
Sponsored Link
Shima System Academy
Translate »