Windows10 エクスプローラーの起動方法を解説

Windows10

エクスプローラーは、使用頻度が高いフォルダーを開くときに使う機能でファイラーと呼ばれる種類のプログラムです。Cドライブ/Dドライブ・特定のフォルダ(ダウンロード・ドキュメント・デスクトップ等)を瞬時に表示することができます。また、ファイル移動・ファイルコピー・プログラム起動など様々な場面でよく使うアプリケーションです。利用シーンが多く便利な機能のため活用しましょう。

以降、Windows10 エクスプローラーの起動方法を解説します。

1.エクスプローラーの起動方法

1.1 キーボードのショートカットキーから起動

キーボード1回の操作でエクスプローラーを起動することができます。Windows10でエクスプローラーを起動するショートカットキーは[Windowsキー + E ]です。キーボードのWindowsキー + E を同時に押下することでエクスプローラーを起動することができます。

1.2 タスクバーのピン留め設定から起動

ショートカットキー同様、タスクバーからマウス1回の操作でエクスプローラーを起動することができます。※既にエクスプローラーがピン留めされている場合は起動できる状態のため不要です。

エクスプローラーがピン留めされていない場合は、エクスプローラーを起動 -> タスクバー表示された「エクスプローラー」のアイコンを右クリック -> 「タスクバーにピン留めをする」を選択します。

タスクバーにエクスプローラーのアイコンが表示 -> 表示されたアイコンをクリックします。

エクスプローラーが起動します。

1.3 Windowsシステムツールから起動

キーボードのショートカットキー・タスクバーからの起動と比較するとマウスによる操作回数が多いため使用頻度が少ないですが「Windows システムツール」から起動することもできます。

左下「 (Windowsアイコン) 」をクリック -> 「Windows システムツール」-> 「エクスプローラー」を選択します。

1.4 【補足】explorer.exeの場所は?

Windows10のexplorer.exeの場所は、「C:\Windows」フォルダー配下です。Windowsフォルダーの中にあるexplorer.exeが「Windows explorer」の実行ファイルです。

タイトルとURLをコピーしました