Windows Server 2012・Windows Server 2016のサーバースペックの調べ方

Windows

Windows Server 2012・Windows Server 2016のスペックを確認する方法を解説します。サーバーが重い・サーバーリプレース・ソフトウェアインストール時の対応ビット数など色々な要素でサーバーOSに搭載されているスペックを確認するケースがあります。

本記事では、「システム」で確認できるWindowsのエディション、プロセッサ、実装メモリ(RAM)、システムの種類:ビット数の見方を解説します。※「システム」はショートカットキー(Windows + Pause/Break )でも起動することができます。

Windows Server 2012・Windows Server 2016、共に確認手順は同一です。今回は「Windows Server 2016」の図画像で説明します。また、補足としてサーバーが重く感じた場合のタスクマネージャーの起動・リソース確認方法も併せて紹介します。

Sponsored Links

Windows Server 2012/2016のPCスペック確認

左下「Windowsロゴ 」を右クリック –>「 システム 」を選択します。

「 システム 」では以下①~④が確認できます。

①Windowsのエディション
②プロセッサ
③実装メモリ(RAM)
④システムの種類:ビット数

Sponsored Links

サーバーの動作が重くなった時の確認方法は?

サーバーの動作が重くなった時はタスクマネージャーを利用すると、どれくらい負荷が掛かっているか確認できます。
タスクバーのアイコンが表示されていない箇所を右クリック  –>「 タスクマネージャー 」を選択します。

「 プロセス」  –> リソース情報が確認できます。
※ディスクはデフォルトで表示されません。コマンドプロンプトから「diskperf -y」を実行することで表示することができます。

サーバーが重くなる要素は、「CPU」・「メモリ」・「ディスク」が常時80~100%で推移します。傾向としては以下が多いです。

・CPU:ソフトウェアインストール・ウイルスチェック・Windows Update
・メモリ:ソフトウェアの立ち上げ過ぎ
・ディスク:書き込み、読み込み処理(ソフトウェアインストール・Windows Update適用・サービスの常駐起動等)
Windows
Sponsored Links
Shima System Academy
Translate »
タイトルとURLをコピーしました