Sponsored Link

【図解】VMware ESXi 7.0:Windows Server 2022インストール手順

VMware

VMware vSphere Hypervisor(VMware ESXi、以降 ESXi)はVMware社が無償で配布しているハイパーバイザー型の仮想環境です。機能としては1つの物理マシン上に複数台のWindows・Linux・Mac OSといった対応OSの仮想マシンを作成・動作させることができます。ESXiに仮想マシンを作成するには対応OSのISOファイルを事前にダウンロードしESXiのデータストアにISOファイルをアップロード後、読み込ませることで仮想マシンの作成が行えます。

以降、ESXi 7.0にWindows Server 2022をインストールする一連の手順を解説します。

Sponsored Link

1.Windows Server 2022 ISOファイルダウンロード

手順 1:
ブラウザを起動し、 Microsoft公式 ISOファイルダウンロードページに画面遷移します。
ISOダウンロードサイト:https://www.microsoft.com/en-us/evalcenter/evaluate-windows-server-2022

手順 2:
「ISOをダウンロード」–>「次へ」を選択します。

手順 3:
「ユーザー情報を入力」–>「次へ」を選択します。

手順 4:
Microsoft製品とサービスに関する情報などのメール受信は任意です。希望に応じてチェックを選択後「次へ」を選択します。

手順 5:
使用する言語を選択 –>「ダウンロード」を選択します。

Windows Server 2022 ISOファイルがダウンロードされたことを確認します。
※評価版 Windows Server 2022 日本語版のISOイメージファイルサイズは約5.3GBありました。

Sponsored Link

2.VMware ESXi:データストア ISOファイル アップロード

手順 1:
データストアにISOファイルをアップロードするには、操作端末からESXiの管理コンソールにブラウザで接続する必要があるためESXi Serverの管理URLを確認します。

手順 2:
ESXi Serverの管理URLを使用しているブラウザのアドレス欄に入力 -> 「詳細設定」を選択します。

ブラウザによって異なりますが、データストアにアップロードするファイル容量には制限がありInternet Explorer(:インターネットエクスプローラー)では4GBを超えるファイルをアップロードできません。使用ブラウザは「Google Chrome」・「Firefox」・「新しいMicrosoft Edge」を利用しましょう。

手順 3:
“ESXi ServerのIP”にアクセスする(安全ではありません)を選択します。

手順 4:
ユーザー名・パスワードを入力 -> 「ログイン」を選択します。

手順 5:
「ストレージ」 -> 「データストアブラウザ」を選択します。

手順 6:
「アップロード」を選択します。

手順 7:
Windows Server 2022のISOファイルを選択します。

手順 8:
アップロードは少し時間が掛かります。ISOファイルのアップロード完了後、「閉じる」を選択します。

Sponsored Link

3.VMware ESXi:Windows Server 2022 仮想マシン作成・ISOファイルマウント

手順 1:
「仮想マシン」-> 「仮想マシンの作成/登録」を選択します。

手順 2:
「新規仮想マシンの作成」->「次へ」を選択します。

手順 3:
名前とゲストOSの選択で、以下の設定値を入力します。

・名前:任意の名前
・ゲストOSファミリ:Windows
・ゲストOSのバージョン:Microsoft Windows Server 2019(64ビット)

筆者の環境はVMware ESXi 7.0.0のバージョンで実施しています。ゲストOSのバージョン項目にWindows 2022は表示されませんがMicrosoft Windows Server 2016 / 2019を選択しインストールを試行したところ、どちらのバージョンを選択してもWindows Server 2022のインストールは可能でした。

手順 4:
「次へ」を選択します。

手順 5:
設定のカスタマイズ画面でCD/DVDドライブ項目から「データストアISOファイル」を選択します。

手順 6:
データストア ブラウザ画面でWindows Server 2022のISOファイルを選択します。

手順 7:
メディア項目にISOファイルがマウントされたことを確認し「次へ」を選択します。

手順 8:
設定の確認画面で「完了」を選択します。

Sponsored Link

4.VMware ESXi:Windows Server 2022 インストール

手順 1:
作成した仮想マシン選択し右クリック -> 「コンソール」 -> 「リモートコンソールを起動」を選択します。

手順 2:
「VMware Playerを開く」を選択します。

手順 3:
仮想マシンを起動するため「:パワーオン」を選択します。

手順 4:
「 Press any key to boot from CD or DVD… 」画面が出力されたら画面内で「Enterキー」を実行します。

2秒程度しか表示されません。タイミングが遅く実行できなくても再度リトライできます。
リトライする場合は「ゲストを再起動」を選択します。

手順 5:
Windowsセットアップ画面で「次へ」を選択します。

手順 6:
「今すぐインストール」を選択します。

手順 7:
デスクトップエクスペリエンス選択します。 ※本記事では、Windows従来のグラフィカルな操作をするため(デスクトップエクスペリエンス)を選択します。

手順 8:
「同意します」を有効化 –>「次へ」を選択します。

手順 9:
新規インストールのため「カスタム:Microsoft Server オペレーティングシステムのみをインストールする」を選択します。

手順 10:
「次へ」を選択します。

手順 11:
インストールが開始されます。 インストール処理が終わるまで少し待ちます。

インストール処理完了後、サーバーが自動で再起動します。

手順 12:
「 パスワードを入力 」–>「完了」を選択します。
※以下、条件でなければ「煩雑さの要件を満たしていません。」が表示され新しいパスワード入力を求められます。(煩雑さの要件を満たすパスワードの例:Passw@rd1、p@ssw0rdなど)

・長さは 6 文字以上にする
・ユーザーのアカウント名またはフル ネームに含まれる3文字以上連続する文字列を使用しない。
・以下、4項目で 3 つから文字を使う。
   ・英大文字 (A ~ Z)
   ・英小文字 (a ~ z)
   ・10 進数の数字 (0 ~ 9)
   ・アルファベット以外の文字 (!、$、#、% など)
Sponsored Link

5.VMware ESXi:Windows Server 2022 ログイン

手順 1:
「Player」–>「 Ctrl + Alt + Deleteの送信 」を選択します。

手順 2:
前手順で設定したパスワードを入力し、Enterキーを実行します。

手順 3:
Windows Server 2022にログイン完了です。

VMware
Sponsored Link
Shima System Academy
Translate »
タイトルとURLをコピーしました