Red Hat Enterprise Linux

Red Hat Enterprise Linux

【図解】Red Hat Enterprise Linux 8:PostgreSQL(ポストグレスキューエル)インストール方法

PostgreSQLはオープンソースのリレーショナルデータベース管理システムです。Windows・Linux、macOSなどのOSに対応しており、無料で利用できます。本記事では、Linuxディストリビューション Red Hat Enterprise Linux 8にPostgreSQLをダウンロード、インストールする手順を解説します。
Red Hat Enterprise Linux

【図解】Red Hat Enterprise Linux 8 バージョン・ビット数の確認方法を解説

LinuxディストリビューションRed Hat Enterprise Linux 8のインストール状態を確認する方法を紹介します。GUI(グラフィカルユーザインターフェース:視覚的な操作)、コマンドでの使用端末のOS情報(バージョン・32bit /64bitビット)の確認手順を解説します。
Red Hat Enterprise Linux

【図解】Red Hat Enterprise Linux 8のSSHデフォルトポート番号を変更しSSH接続する手順を解説

RHEL8(Red Hat Enterprise Linux 8)で利用できるSSHプロトコルはデフォルトのポート22番を利用し接続元の端末から遠隔で操作することができますが、このポート番号は一般的に広く知られているためSSHのポート番号(今回は22→10022に設定)を変更しログインセキュリティを向上する手順を解説します。
Red Hat Enterprise Linux

【図解】Red Hat Enterprise Linux 8インストール手順を解説

RHEL(Red Hat Enterprise Linux)8は、サーバー用途として多くの企業で導入されているLinuxディストリビューションです。商用版だけではなく試用版の利用も可能でRed Hat公式サイトからISOイメージをダウンロードできます。今回は、事前に試用版のISOイメージを準備し端末にRHEL8をインストールする手順を解説します。
Red Hat Enterprise Linux

【図解】 Hat Enterprise Linux)8のGUI・CUIを利用したIPアドレス確認方法を解説

RHEL8は、サーバー用途として多くの企業で導入されているLinuxディストリビューションです。完全互換を目指したCentOS8と同様の手順で固定IPアドレスを確認することができます。今回は、GUI(グラフィカルな操作)、および「端末」を利用したCUI(コマンドライン)での固定IPアドレス確認方法を解説します。
Red Hat Enterprise Linux

WindowsOSからRed Hat Enterprise Linux 8にSSH接続手順

Red Hat Enterprise Linux 8で利用できるSSHサービスは、接続先のコンピュータのコンソール画面をネットワーク接続(SSHプロトコル:デフォルトport22を利用)して接続元の端末から安全に遠隔で操作することができます。本記事では、クライアントOS:Windows10から接続先のRHEL8にSSH接続する手順を解説します。
Translate »
タイトルとURLをコピーしました