Sponsored Link

【図解】Classic Shell インストール:Windows 8.1 パソコンのスタートメニューをWindows7風にする手順

Windows8

Classic Shelは、Windows 7/8/8.1/10のスタートメニューなどをXP風に変更できるフリーソフトです。Windows 7/8/8.1/10へ乗り換え後、Windows XPからスタートメニューの操作性が変更されているため操作に馴染めずWindows XP以前にしたいユーザーにおすすめします。

Classic Shellインストール前

全体的にWindows 8 / 8.1のスタートメニューは大きく扱いづらい印象があります。

Classic Shellインストール後

フリーでダウンロードできる「 Classic Shell 」をインストールすることで、Windows XPの様なスタートメニューにすることができます。

Classic Shellインストール後、再度以前のスタートメニューに戻したい場合は、「Classic Shell」をアンインストールすれば戻ります。
Sponsored Link

Classic Shel ダウンロード・インストール

手順 1:
窓の社から「Classic Shell」をダウンロードします。
https://forest.watch.impress.co.jp/library/software/classicshell/

手順 2:
「 Classic Shell 」をインストール(実行)します。

手順 3:
「 Next 」を選択します。

手順 4:
「I accept the terms in the License Agreement」を有効化 –>「 Next 」を選択します。

手順 5:
「 Next 」を選択します。

手順 6:
「 Install 」を選択します。

手順 7:
ユーザーアカウント制御画面が表示されたら「 はい」を選択します。

手順 8:
「 Finish」を選択します。

Read me  ( リードミー )は、ソフトウェア説明文書で閲覧は任意です。閲覧しない場合は、「View Readme file」のチェックボックスをオフにします。

手順 9:
デスクトップ画面左下「  Windowsロゴ」を選択します。

手順 10:
表示するスタイルを選択 –>「 OK 」を選択します。

冒頭に載せたスタートメニュー画面であれば「 Windows 7 style」を選択します。

手順 11:
左下「 Windowsロゴ」を選択すれば、Windows 7の様なスタートメニューに変更されます。

Windows8
Sponsored Link
Shima System Academy
Translate »
タイトルとURLをコピーしました