【図解】Windows 8.1 パソコン:「Windows Update」適用確認・ログ確認方法

Windows8.1

Windows 8.1 のパソコンで、適用済みWindows Update 更新プログラム(セキュリティパッチ)の確認はGUIおよび、コマンド(PowerShell・コマンドプロンプト)で一覧を表示・出力し確認することができます。本記事では、5種類のインストール済み更新プログラム確認手順を解説します。

Sponsored Link

1.更新の履歴を表示画面

手順 1:
左下「 (Windowsロゴ)」を選択します。

手順 2:
スタート画面「 」を選択します。

手順 3:
「 PC 設定 」を選択します。

手順 4:
「 保守と管理 」を選択します。

手順 5:
「 Windows Update 」を選択します。

手順 6:
「更新履歴を表示する」を選択します。

手順 7:
「更新の履歴」にインストールされたKB番号が記載されたセキュリティパッチ、インストールされた日時のパッチ表示一覧を確認することができます。

Sponsored Link

2.インストールされた更新プログラムを表示画面

手順 1:
左下「 (Windowsロゴ) 」を右クリック –>「 コントロールパネル 」を選択します。

手順 2:
「 プログラムのアンインストール 」を選択します。

手順 3:
「インストールされた更新プログラムを表示」を選択します。

手順 4:
「インストールされた更新プログラム」にインストールされたKB番号が記載されたセキュリティパッチ、インストールされた日時のパッチ表示一覧を確認することができます。

Sponsored Link

3.イベントビューアー:Windowsログ(システム)

手順 1:
左下「 (Windowsロゴ) 」を右クリック –>「イベントビューアー」を選択します。

手順 2:
「イベントビューアー」–>「Windows ログ」–>「システム」を選択します。

イベントID:19 にWindows Update 更新プログラム(セキュリティパッチ)のインストール成功のログが出力されます。
Sponsored Link

4.PowerShell:Get-Hotfixコマンド

手順 1:
「アプリ」画面 –>「Windows PowerShell」を選択します。

手順 2:
PowerShellで表示・出力するコマンドは、「Get-HotFix」で確認することができます。「HotFixID・InstalledOn」にインストールされたKB番号が記載されたセキュリティパッチ、インストールされた日時のパッチ表示一覧を確認することができます。

Sponsored Link

5.コマンドプロンプト:wmic qfeコマンド

手順 1:
「アプリ」画面 –>「コマンドプロンプト」を選択します。

手順 2:
コマンドプロンプトで表示・出力するコマンドは、「wmic qfe」で確認することができます。「HotFixID・InstalledOn」にインストールされたKB番号が記載されたセキュリティパッチ、インストールされた日時のパッチ表示一覧を確認することができます。

Windows8.1
Sponsored Link
Shima System Academy
Translate »
タイトルとURLをコピーしました