【図解】Windows 10 パソコン:機内モード有効・無効(ON・OFF)設定手順

Windows10

Windows10 標準機能の機内モードは、パソコンの電波を送受信できない状態にする機能です。飛行機内などの外部通信が禁止されている場所で機内モードにするシーンが多くあります。

機内モードをオンにすると以下、外部通信を一時的に無効にすることが可能です。外部通信が無効にできるため以下の通信が遮断されます。

  • Webページの検索
  • 通話・メール送受信(Lineも含む)
  • Youtube・Instagram・Facebook など
  • Bluetooth通信
  • GPS

また、機内モードはノートPCだけではなく、デスクトップPCでも設定することができる機能です。機内モード設定は、デスクトップ左下「 Windows ロゴ」->「 設定」->「ネットワークとインターネット」->「機内モード」でオン・オフ設定することができます。

今回は、少ない操作で機内モードをオン・オフにするためデスクトップから操作する方法をご紹介します。

Sponsored Link

機内モード有効設定(外部通信無効)

デスクトップ画面右下「(Wi-Fiロゴ)、もしくはインターネットアクセスアイコン」をクリック –>「 機内モード」を選択します。

Wi-Fi」が無効になったことを確認します。

有線LANに接続されている場合は、機内モードをオンに設定しても飛行機アイコンに変わるだけで外部通信の遮断はできません。

機内モードが有効になったためインターネット接続通信が遮断されました。

Sponsored Link

機内モード解除設定

デスクトップ画面右下「 (機内モードロゴ)をクリック –>「 機内モード」を選択します。

画面右下「機内モードがグレーアウト(解除)しました。この時点でWi-Fi接続が可能になり近くにあるアクセスポイントが表示されます。

機内モードが無効になり、インターネット通信が確認できます。

Windows10
Sponsored Link
Shima System Academy
Translate »
タイトルとURLをコピーしました