Sponsored Link

【図解】Windows Server 2019 Active Directory:保護された「OU(組織単位)」の削除方法

Active Directory

OU(組織単位)は「Active Directoryユーザーとコンピューター」管理ツールでユーザー・グループ・コンピューターなどのオブジェクトをまとめる役割として利用します。OU作成時のデフォルト設定は「間違って削除されないようコンテナーを保護する」項目が有効になっているため、削除する場合はActive Directory 管理センターでOUの保護解除をすることでOUの削除ができます。

Sponsored Link

保護された「組織単位(OU)」の解除・削除

手順 1:
デスクトップ画面左下の「 Windowsアイコン」->「サーバーマネージャー」を起動します。

手順 2:
「ツール」->「Active Directory 管理センター」を選択します。

手順 3:
「ドメイン名(ローカル)」->「削除するOU(組織単位)」->「プロパティ」を選択します。

手順 4:
「誤って削除されないように保護する」のチェックを外す ->「OK」を選択します。

手順 5:
「削除するOU(組織単位)」->「削除」を選択します。

手順 6:
「はい」を選択します。

削除対象のOUの配下に他のOU・ユーザーなどが含まれる場合、「サブツリーの削除の確認」画面が出力されます。OU、および配下のオブジェクトの削除は [サブツリーの削除]サーバーコントロールを使用する]のチェックボックスを オンにします。

Active Directory
Sponsored Link
Shima System Academy
Translate »
タイトルとURLをコピーしました