Linuxディストリビューションの特徴・Linux系エンジニアの需要、将来性を解説

Linux

Linuxエンジニアの需要は高くスキルのある技術者が常に不足しているため求人・転職サイトで募集を見かけることが多いです。仕事内容・ 年収・将来性については、以下サイトのHPにまとめられています。
興味のある方は、以下リンクをご参照ください。
レバテック:サーバーエンジニアの転職市場状況とは?年収・スキル・将来性を解説

国内サーバーOSのシェアは1番目はWindows OS、2番目はLinux OSになります。 サーバーOSにおけるシェアはWindows OSの方が高いですがWindows OS・Linux OSに優劣はありません。両OSとも同じような機能を備えていますが一般的な利用用途が異なります。 日常、身近で利用しているLinuxですがWindows OS、Mac OSと比べ馴染みが薄いと思いますのでLinuxについて説明します。

1.そもそもLinuxって?

1991年にフィンランド出身のリーナス・トーバルズ氏がUnixをベースに開発したOSです。Mac、 Windows 7・Windows 10などと同じハードウェアを管理しているソフトウェアです。世界にプログラムが公開されており誰でも自由に入手や使用できるOSです。基本的な機能はMac OS、Windows OSと比べてもあまり変わりません。

2000年前後から需要が高くなり今ではLinuxはシステムに欠かせないOSとなりました。

2.一般的にどういう使われ方しているの?

企業のサーバー(ファイルサーバー・メールサーバーなど)、個人向けデスクトップをはじめ
テレビ・スマートフォン・カーナビ・家電・ゲームなどごく身近なところで使われています。

3.色々なディストリビューションあるけど特徴は?

大きく分けるとRed Hat系 ・Debian系 ・Slackware系の3つの系統に分類されます。

系統別に表にまとめました。

系統 ディストリビューション 特徴 個人利用推奨度

Red Hat系

Red Hat Linux ・企業のサーバ用途としての利用が多い

・商用向けで有償サポートがありメーカーによる素早いサポートが受けられる

・評価期間は30日間に限定される

Cent OS ・企業のサーバ用途としての利用が多い

・Red Hat Linuxと完全互換を目指した無償OS

・RedHatの有償部分を外したディストリビューション

Fedora ・Red Hat Enterprise Linuxの開発版として位置づけられる

・開発・実装・テストした機能が将来の Red Hat Linuxに取り込まれる仕様

Debian系

Debian デスクトップ・サーバー用途を限定することなく利用者が使いやすいようにカスタマイズしていく作業が必要

Ubuntu

・Debianベースのディストリビューション

・国内外問わず人気がある

・標準インストール直後からデスクトップ・サーバー用途として使いやすい設定でインストールされるように構成される

Slackware系

openSUSE ・主に欧州で人気がある

・デスクトップ、CUI(コマンド)を中心としたサーバー運用などの用途で利用することができる

4.結局どれが良いですか?

知名度が高い・有償サポート対応をしていることでサーバOSとしてはRed Hat Linuxが多くの企業で導入しています。デスクトップOSとしてはUbuntuの方が需要が高いです。

学習環境では企業で作業をすることを想定 「無償でRed Hat Linuxの機能を利用できる」、「有償利用はしない」という観点からCent OSの利用を推奨します。

Red Hat系・Debian系、基本的な部分は双方同じですがパッケージ管理方法が異なります。
Red Hat系と異なるパッケージ管理を学習したい方はDebian系「Ubuntu」を選択すれば良いです。

5.仕事内容と将来性は?

Linuxのスキルは、ITインフラエンジニアの求人が多くみられます。サーバ全般の設計・構築・運用管理を中心として開発エンジニアなどにも必要なスキルとなります。

仕事内容・ 年収・将来性については、以下サイトのHPにまとめられています。
興味のある方は、以下リンクをご参照ください。
レバテック:サーバーエンジニアの転職市場状況とは?年収・スキル・将来性を解説
ポテパンスタイル:サーバーエンジニア年収とは?仕事内容・キャリアパスについて

Linux
Shima Blog
タイトルとURLをコピーしました