【図解】Windows 10からWi-Fi(無線LAN)に接続する手順を解説

Windows10

Windows10から一般家庭向けに設置されているルーター経由でWi-Fi(アクセスポイント)からインターネットに接続する設定方法を解説します。ルーターの親機のラベルに記載されているネットワーク名(SSID)に対する暗号化キーをWindows10から入力設定することで接続できます。

Sponsored Links

Windows 10 のWi-Fi(無線)接続設定

手順 1:
まずは、Wi-Fiルーターの「SSID」・「暗号キー」を控えましょう。一般的にWi-Fiルーターの側面や背面に記載されています。以下のようなシールが機器に貼られ「SSID」・「暗号キー」が記載されています。

機種によってSSID・暗号キーは変わります。
※画面は一例として記載しています。

手順 2:
Windows10のパソコンで画面左下「 (Windowsアイコン) 」をクリック -> スタートメニューを表示します。

手順 3:
(設定アイコン)を選択します。

手順 4:
「ネットワークとインターネット」を選択します。

手順 5:
「Wi-Fi」を選択します。

手順 6:
「Wi-Fi」をオン – 「利用できるネットワークの表示」を選択します。
※自動でアクセスポイントを探索しSSIDが表示されます。

手順 7:
はじめの手順で確認したWi-Fiルーターの「SSID」一覧が表示されます。

手順 8:
「接続」を選択します。

次回以降、自動接続するのであればチェックボックスを有効化します。
※自動接続しない場合は、チェックする必要はありません。

手順 9:
親機のラベルに記載されている「暗号キー」を確認 ->「ネットワークセキュリティキーの入力」画面でパスワードを入力 -> 「次へ」を選択します。

インターネット未接続状態からインターネットにWi-Fi接続された場合、ネットワークセキュリティキーの入力後に地球マークからWi-Fiのアイコンに変わります。

手順 10:
「接続済み、セキュリティ保護あり」が表示され、Wi-Fiに接続できました。

Windows10
Sponsored Links
Shima System Academy
Translate »
タイトルとURLをコピーしました