Windows10 サンドボックス(仮想マシン)の利用する方法を解説

Windows10

Windows10 のサンドボックスは「Windows 10 May 2019 Update(バージョン 1903)」で追加された新機能の1つで利用しているパソコン上で自由に仮想マシン動作させることができます。現在、主流の仮想端末ソフトウェアであるHyper-v・Vmware・Virtualboxと同じような機能ですが仮想端末ソフトウェア上にOSをインストールする必要がないため手間が省けます。サンドボックスの仮想マシンはどのような動作をするか分からないソフトのインストール検証・セキュリティ面で信頼できないWebサイトを閲覧するときなど、ウイルスや不明なプログラムの影響を受けることなく実行できます。

影響を受けない理由としては、サンドボックスが閉じられるとすべてのソフトウェアとファイル、状態が削除される仕様です。 また再度アプリケーション起動時には初期状態で仮想マシンが起動できます。

今回、紹介するサンドボックスを使用する条件は以下の通りです。
※Windows10 Home エディションはサンドボックス機能が搭載されていません。

前提条件
・Windows 10 Pro、Enterprise、または教育機関向けビルド18305以降 (Windows サンドボックスは現在、ホーム sku ではサポートされていません)
・AMD64 アーキテクチャ
・BIOS での仮想化機能の有効化
・最低 4 GB の RAM (8 GB 推奨)
・1 GB 以上の空きディスク領域 (SSD 推奨)
・少なくとも2つの CPU コア (ハイパースレッディングを備えた4つのコア)

引用元:マイクロソフト公式サイト

以降、Windows10 のサンドボックス有効化・仮想マシンの起動方法を解説します。

Windows Sandbox 有効化

Windows Sandboxは初期状態(デフォルト)で無効化されています。利用するため「Windows サンドボックス」を有効化します。

手順 1:
左下「 (Windowsアイコン) 」をクリックします。

手順 2:
「Windows システムツール」 -> 「コントロールパネル」を選択します。

手順 3:
「プログラムのアンインストール」を選択します。

手順 4:
「Windowsの機能の有効化または無効化」を選択します。

手順 5:
「Windows サンドボックス」のチェックボックスを有効化 -> 「OK」を選択します。

手順 6:
「今すぐ再起動」を選択します。

Windows Sandbox 仮想マシン起動

手順 1:
左下「 (Windowsアイコン) 」をクリックします。

手順 2:
「Windows Sandbox」を選択します。

手順 3:
仮想マシンが起動しました。

サンドボックスを終了する場合は画面右上「X(閉じる)」-> 「OK」を選択します。 
タイトルとURLをコピーしました