【図解】Windows Server 2019:チェックディスク機能でHDD/SSDのエラーをチェックする方法を解説

Windows Server 2019

チェックディスクは、Windows OS標準で使われているドライブのエラーチェックツールです。 Windows PCのハードディスク・SSDにシステムエラーや不良セクタ(データが記録できなくなってしまった領域)を検知しエラーが発見された場合は、チェックディスクで修復できる可能性があります。本記事では、チェックディスク実行方法、イベントログによる結果確認方法を解説します。※チェックディスクは、物理的なディスクのエラーを修復する機能ではありません。ソフトウェアのファイルシステムをチェック・修正する機能です。

Sponsored Link

Windows Server 2019:チェックディスク実行手順

手順 1:
デスクトップ画面左下の「 Windowsアイコン」を選択します。

手順 2:
「Windows システムツール」-> 「PC」を選択します。

手順 3:
「ローカルディスク」を右クリック -> 「プロパティ」を選択します。

手順 4:
「ツール」-> 「チェック」を選択します。

手順 5:
「ドライブのスキャン」を選択します。

ハードディスク・SSDにエラーが検出された場合、下記画面以外に「このドライブを修復する」などが表示されます。表示される項目から対応方法を選択し、ドライブの修復またはスキャンを行ってください。

手順 6:
「閉じる」を選択します。

Sponsored Link

イベント ビューアーによるチェックディスクログ確認

チェックディスクを実行した結果は、イベント ビューアーのアプリケーション ログに記録されます。

手順 1:
デスクトップ画面左下の「 Windowsアイコン」を右クリック -> 「イベントビューアー」を選択します。

手順 2:
「コンピューターの管理」->「システムツール」->「イベントビューアー」->「Windows ログ」  -> 「Application」のソースに「Chkdsk」のログが出力され結果が表示されます。

チェックディスク実行後、問題ない場合は「問題は見つかりませんでした。これ以上の操作は必要ありません」が出力されます。
Windows Server 2019
Sponsored Link
Shima System Academy
Translate »
タイトルとURLをコピーしました