VMware Workstation Player 15への評価版 Windows 10 Proインストール手順

Vmware

VMware Workstation Playerは、Oracle VM VirtualBox・Hyper-Vと同じような仮想端末作成ソフトです。Windowsのクライアント製品であるWindows 10は一定の期間、無償バージョンの評価版(evaluation)ISOイメージファイルがフリーでマイクロソフト公式サイトからダウンロード・インストールすることができます。

Windows10 以外でも以下、対応OSをはじめとするOSの利用が可能です。
※一例を記載します。
・Windows 評価版OS:Windows server 2012、Windows server 2016、Windows server 2019など
・Linux OS:Ubuntu、CentOSなど

Windows10の評価版を利用することができるOSバージョンはHome・Pro・ Enterpriseとなります。
ISOイメージファイルはバージョン毎(Home&Pro・ Enterprise)でダウンロード方法・ダウンロード公式URLが異なります。

・Home&Pro:MICROSOFT MEDIA CREATION TOOLの使用でダウンロード
・URL:https://www.microsoft.com/ja-jp/software-download/windows10

・Enterprise:公式URLから直接ダウンロード
・URL:https://www.microsoft.com/ja-jp/evalcenter/evaluate-windows-10-enterprise

また、ゲストOSを起動した際、使用パソコンの動作が重い要因となる多いケースであるメモリーの動作環境について記載します。メーカーでは最小2 GB ~4 GB 以上のメモリを搭載した端末での利用を推奨しています。

ホスト システムには、ホスト OS、ホスト システム上の仮想マシン内で動作するゲスト OS、およびホスト OS とゲスト OS 上で動作するアプリケーションを実行するのに十分なメモリが必要です。ホスト システムに必要な最小メモリ容量は 2 GB です。4 GB 以上のメモリを搭載することをお勧めします。

引用元:Vmware公式サイト

今回は、MICROSOFT MEDIA CREATION TOOL利用したHome&ProのISOイメージファイルのダウンロード方法、
VMwareへのOSインストール方法を紹介します。

1.OSイメージファイルダウンロード

手順 1:
ブラウザを起動し、検索キーワードに「windows 10」を検索 –> Microsoftダウンロードページに画面遷移します。

もしくは以下、URLに接続します。
https://www.microsoft.com/ja-jp/software-download/windows10

手順 2:
「ツールを今すぐダウンロード」を選択します。

手順 3:
「同意する」を選択します。

手順 4:
「別のPCのインストールメディアを作成する(USB フラッシュ ドライブ、DVD、または ISO ファイル)」 –> 「次へ」を選択します 。

手順 5:
「次へ」を選択します。

手順 6:
「ISOファイル」–> 「次へ」を選択します。

手順 7:
ISOイメージファイルをダウンロードする任意のフォルダを選択し「保存」を選択します。

Windows 10、ISOイメージファイルサイズは約4.5GBあります。ダウンロード時間は光回線100Mbpsの環境で10分程度掛かりました。

手順 8:
「完了」を選択します。

2.VMware Player ISOファイルマウント

手順 1:
デスクトップ上に作成されたショートカットアイコン
「 VMware Workstation Player 」を起動します。

※VMware Workstation 15 Playerは以下URL、VMware社公式サイトからダウンロードできます。
https://my.vmware.com/jp/web/vmware/downloads/info/slug/desktop_end_user_computing/vmware_workstation_player/15_0

手順 2:
「 新規仮想マシンの作成 」を選択します。

手順 3:
「 インストーラディスクイメージファイル」でダウンロードしたファイルを選択 –>「次へ」を選択する。

手順 4:
「任意の名前を入力」–>「インストール先を指定」–>「次へ」を選択します。

手順 5:
「次へ」を選択します。

手順 6:
「完了」を選択します。

仮想端末のCPUのコア数・メモリ容量・ディスク容量などをOSセットアップ時に変えたい場合は「ハードウェアをカスタマイズ」を選択し変更できます。

3.Windows 10インストール

手順 1:
「 Press any key to boot from CD or DVD . . . . . 」画面が表示され自動でインストール処理が実行されます

インストール処理が実行されない場合はマウスを画面内に合わせ「Enterキー」を実行してください。
2秒程度しか表示されません。タイミングが遅く実行できなくても再度リトライできます。
再度リトライする場合は「Player」–>「パワー」–>「ゲストを再起動」を選択します。

手順 2:
「次へ」を選択します。

手順 3:
「今すぐインストール」を選択します。

手順 4:
評価版を利用するため「プロダクトキーがありません」を選択します。

手順 5:
オペレーティングシステムを選択できます。

本記事では「Windows10 Pro」を選択しました。

手順 6:
「同意します」にチェックを入れ –> 「次へ」を選択します。

手順 7:
インストールの種類を選びます。OSを新規インストールするため「カスタム:Windowsのみをインストールする(詳細設定)」を選びます。

手順 8:
「次へ」を選択します。

手順 9:
インストール処理が開始されます。

4.Windows10インストール設定

手順 1:
「日本」–>「 はい 」を選択します。

手順 2:
「はい」選択します

手順 3:
通常、2つ目のキーボードは利用しないため「 スキップ 」を選択します。

手順 4:
「 個人用に設定 」または「 組織用の設定 」どちらかを選択します。本記事では個人利用のため「個人用に設定」を選択します。

手順 5:
「オフライン アカウント」を選択します。

Microsoftアカウントを使わずにWindows 10を利用する場合、他のデバイスとの同期が行えません。
同期をしないのであればオフライン アカウントで利用して問題ありません。

手順 6:
今回は、OneDriveを使用してゲーム・無料クラウドストレージなどのサービスは利用しないため「制限付きエクスペリエンス」を選択します。

手順 7:
「名前」を入力 –>「次へ」を選択します

ユーザー名は、12文字以内の半角英数字(a〜z、A〜Z、0〜9)で任意の名前を入力してください。

手順 8:
パスワードを入力 –>「次へ」を選択します。

手順 9:
再度パスワードを入力 –>「次へ」を選択します。

手順 10:
「セキュリティの質問」は必須です。

セキュリティの質問を設定しないと「 次へ 」進めません。

手順 11:
アクティビティの履歴を利用してデバイス間でデータや情報を共有するかを選択できます。今回は、Microsoftにアクティビティの履歴を送信しないため「いいえ」を選択しました。

手順 12:
Cortanaをデジタルアシスタントとして指定する場合は「同意」、指定しない場合は「拒否」を選択します。

手順 13:
「デバイスのプライバシー設定の選択」画面になります。 ボタンをクリックすれば無効・有効の設定ができます。
今回は「位置情報」・「 デバイスの検索 」などのプライバシー設定は利用しないためすべて「 オフ 」にしました。

手順 14:
Microsoft Edge画面が表示されます。日本(日本語)」 –>「Get started」を選択します

手順 15:
ブラウザ右上の「×」を選択します。

手順 16:
ブラウザ右上の「×」を選択します。

手順 17:
Windows 10にログインできました。

お疲れさまでした。
以上でOSインストール作業終了となります。

5.まとめ

最後まで記事を見て頂いてありがとうございました。

仮想環境にWindows 10のインストール手順をご紹介いたしました。日常で利用しているパソコンはクライアントOSですが
WindowsクライアントOSの知識を深めることでサーバーOSへの理解に繋がります。

クライアントOSがあるからこそサーバーOSの利用用途があります。まずは土台となるWindows 10から学習を進めていきましょう。 実機を使用して継続的に勉強することにより知識・技術の向上ができます。就職・転職時にアピールできるマイクロソフト認定プロフェッショナル (MCP)を目指しましょう。

引き続きWindowsサーバーをインストールしたい方、Active Directoryを学習したい方は本サイト 以下、URLで構築手順を紹介しています。興味がある方はご覧ください。

Windowsサーバー
Windows Server 2012 R2インストール
Windows Server 2016インストール
Windows Server 2019インストール

Active Directory
Active Directoryインストール

Vmware
Shima Blog
タイトルとURLをコピーしました