Sponsored Link

【図解】Windows 8.1 パソコン:「.NET Framework 3.5」インストール手順(インターネット接続環境)

Windows8

「Microsoft .NET Framework」はマイクロソフトが無料で提供しているソフトウエア開発&実行用プログラムです。Windowsのソフトを動作させるために必要となる部品の様な役割です。

Windows 8.1で動作させるアプリケーションによっては、.NET Framework 3.5 が必要となる場合があります。Windows 8.1 の初期設定では、.NET Framework 3.5 がインストールされていません。必要に応じて.NET Framework 3.5をインストールしましょう。今回は、手動での「 .NET Framework 3.5 」インストール方法を紹介します。 ※インターネットに接続できる環境では物理OSインストールディスク・ISOファイルを利用した手段は必要ありません。

Sponsored Link

.NET Framework 3.5 インストール

手順 1:
「 (Windowsロゴ) 」を右クリック  –> 「コントロールパネル 」を選択します。

手順 2:
表示方法:カテゴリ ->「 プログラムのアンインストール 」を選択します。

手順 3:
「 Windows の機能の有効化または無効化 」を選択します。

手順 4:
「 .NET Framework 3.5 ( .NET 2.0 および3.0を含む) 」を選択します。
※WCFの有効化については以下の通りです。

Windows Communication Foundation (WCF) 機能が必要な開発者またはサーバー管理者でない限り、 [Windows Communication Foundation HTTP アクティブ化] および [Windows Communication Foundation 非 HTTP アクティブ化] の子項目を選択する必要はありません。※引用元:マイクロソフト公式ページ

「Windowsの機能」画面で、以下画面が出力される場合があります。その際は、「Windows Updateからファイルをダウンロードする 」を選択します。

手順 5:
.NET Framework 3.5 がインストールが完了しました。「閉じる 」を選択します。

.NET Framework 3.5のインストール後の確認は、プログラムと機能の画面に表示されません。「Windowsの機能の有効化または無効化」画面で確認することができます。インストール後は、チェックボックスが (有効化)になります。※PowerShellでのコマンド実行で確認することもできますがGUI(視覚的)で確認するのであれば以下画面で確認できます。
Windows8
Sponsored Link
Shima System Academy
Translate »
タイトルとURLをコピーしました