Sponsored Link

【図解】Windows 11:ローカルユーザー作成・新規作成したアカウントでログインする手順

Windows11

Windows 11のローカルユーザーを追加作成する場合は、 タスクバーの 「 Windowsマーク」を右クリック ->「コンピューターの管理」->「システムツール」->「ローカルユーザーとグループ」から作成することができます。※Windows11 Homeエディションの場合は 「コンピューターの管理」 画面にローカルユーザーとグループ は表示されません。

Sponsored Link

Windows 11:ローカルアカウントのユーザー作成・ログイン方法

手順 1:
タスクバーの「  Windowsマーク」を右クリック -> 「コンピューターの管理」を選択します。

手順 2:
「システムツール」->「ローカルユーザーとグループ」-> 「ユーザー」を右クリック -> 「新しいユーザー」を選択します。

Windows11 Homeエディションの場合は 「コンピューターの管理」 画面にローカルユーザーとグループ は表示されません。

手順 3:
「ユーザー名」・「パスワード」を入力 -> 「作成」を選択します。

デフォルトで「ユーザーは次回ログオン時にパスワードの変更が必要」が有効になっています。変更する必要がない場合はチェックをオフにします。また、パスワードを変更しない場合は「パスワードを無期限にする」を選択します。

手順 4:
新しいユーザー画面で「閉じる」を選択します。

手順 5:
新しく作成したローカルユーザーが表示されることを確認します。

新規作成したローカルユーザーは、標準ユーザーです。標準ユーザーに管理者権限を付与する場合は、「コンピューターの管理」->「システムツール」-> 「ローカルユーザーとグループ」-> 「グループ」 – 「Administrators」を選択します。以下に管理者・標準ユーザーの違いを簡単に説明します。

■管理者:
アプリケーションのインストールやアンインストール・PC全体に関わる設定変更ができるアカウント

■標準ユーザー:
アプリケーションのインストールやアンインストール・PC全体に関わる設定変更は管理者の許可が必要なアカウント

Administratorsのプロパティ画面で「追加」を選択します。

ユーザーの選択画面でローカルログインユーザーを入力 -> 「名前の確認」を選択します。

名前が合致した場合、下線が入った名前が表示されます。

Administratorsのプロパティ – 所属するメンバーのプロパティに追加したアカウントが表示されたことを確認します。

手順 6:
新規作成したローカルユーザーでログインできるか確認します。
タスクバー「 Windowsマーク」を右クリック -> 「シャットダウンまたはサインアウト」 -> 「サインアウト」を選択します。

手順 7:
新規作成したローカルアカウントを選択 -> パスワードを入力しデスクトップ画面にログインします。

Windows11
Sponsored Link
Shima System Academy
Translate »
タイトルとURLをコピーしました