Windows10 Pro:Hyper-Vへの評価版 Windows Server 2016 インストール手順を解説

microsoft-hyper-V

Hyper-Vはマイクロソフトが提供している仮想端末ソフトです。Oracle VM VirtualBox・VMware Workstation Playerと同じような機能を備えています。今回、Hyper-VへインストールするWindows Server 2016は無償で利用することができる評価版(evaluation)ISOイメージファイルがフリーでマイクロソフト公式サイトからダウンロード・インストールすることができます。利用することができるOSバージョンはStandard、Datacenterとなります。

ISOイメージファイルは、Windows 10のバージョンPro・Enterprise・EducationのコントロールパネルからHyper-Vを有効化し仮想端末上でISOイメージファイルをインストールすることでOSを動作させることができます。※Windows10 Homeエディションは機能を搭載していないため利用できません。

Windows Sever 2016以外にも以下、対応OSをはじめとするOSの利用が可能です。
・Windows 評価版OS:Windows10、Windows Server 2012、Windows Server 2019
・Linux OS:Ubuntu、CentOSなど

本記事では、Windows10 Proを利用しMicrosoft Hyper-Vの有効化・Windows Server 2016インストール 手順・操作方法を画像を交え解説します。

1.Microsoft Hyper-V 有効化

手順 1:
「 (Windowsロゴ) 」をクリック  –>「Windows システムツール 」 –> 「コントロールパネル 」を選択します。

手順 2:
「 プログラムのアンインストール 」を選択します。

手順 3:
「 Windows の機能の有効化または無効化 」を選択します。

手順 4:
「Hyper-V プラットフォーム 」・「 Hyper-V 管理ツール 」を有効化します。

手順 5:
「 今すぐ再起動 」を選択します。

2.Windows Server 2016  ISOファイルマウント/仮想マシン作成

手順 1:
「 (Windowsロゴ) 」をクリック  –>「Windows 管理ツール 」 –> 「 Hyper-V マネージャー 」を選択します。

手順 2:
表示されたホスト名を選択し右クリック  –>「 クイック作成 」を選択します。

手順 3:
「 ローカル インストール元 」  –>「 インストール元の変更 」を選択します。

手順 4:
ダウンロードしたISOイメージファイルを選択  –>「 開く 」を選択します。

※Windows Server 2016 ISOイメージファイルはマイクロソフト公式サイト以下、URLからダウンロードできます。
https://www.microsoft.com/ja-jp/evalcenter/evaluate-windows-server-2016/

Windows Server 2016のISOイメージファイルサイズは約6.7GBあります。

手順 5:
「 仮想マシンの作成 」を選択します。

手順 6:
「 接続 」を選択します。

3.Microsoft Hyper-VへのWindows Server 2016インストール

手順 1:
「 起動 」を選択します。

手順 2:
画面内でマウスのキーを合わせ「 Press any Key to boot from CD or DVD…… 」を選択  –>「 Enterキー 」を押下します。

下記画面は、2-3秒程度しか表示されません。
「Enterキー」が実行できなければ「リセットする」で再度リトライできます。

手順 3:
「 次へ 」を選択します。

手順 4:
「 今すぐインストール 」を選択します。

手順 5:
デスクトップエクスペリエンス選択  –>「次へ」を選択します。

本記事では、Windows従来のグラフィカルな操作をするため「デスクトップエクスペリエンス」を選択します。

手順 6:
「同意します」を有効化 –>「次へ」を選択します。

手順 7:
「カスタム:Windowsのみ…」を選択します。

手順 8:
「 次へ 」を選択します。

手順 9:
「 パスワードを入力 」–>「完了」を選択します。

・長さは 6 文字以上にする
・ユーザーのアカウント名またはフル ネームに含まれる
・3 文字以上連続する文字列を使用しない。
・以下、4項目で 3 つから文字を使う。
  ・英大文字 (A ~ Z)
  ・英小文字 (a ~ z)
  ・10 進数の数字 (0 ~ 9)
  ・アルファベット以外の文字 (!、$、#、% など)

4.仮想端末Windows Server 2016ログイン

手順 1:
上部メニュー「 操作 」 –>「 Ctrl + Alt + Del」を選択します。

手順 2:
前手順で設定したパスワードを入力し、Enterキーを実行します。

手順 3:
・「ネットワーク」設定画面は
利用用途に合わせ「はい」/「いいえ」を選択します。
利用用途が明確でなければ「いいえ」で良いと思います。
※サーバーマネージャー画面は今回の目的はOSのみのインストールのため右上「 X (閉じる)」を選択します。

手順 4:
Windows Server 2016にログインできました。

お疲れさまでした。
以上でOSインストール作業終了となります。
これからの学習の進め方は設定が多岐にわたるため参考書のご利用を推奨します。

【補足①】
新規で作成した仮想マシンは分かりやすい名前をつけることを推奨します。
「新しい仮想マシン」を右クリック –>「名前の変更」を選択します。

今回は名前を「 Windows Server 2016」としました。

【補足②】
仮想マシンの使用が終わったら「停止」をすることでメモリ使用率を下げられます

タイトルとURLをコピーしました