サーバーエンジニアになるには? 年収・学習方法・おすすめ資格を解説します。

etc

サーバーエンジニアの需要・年収・将来性は?

サーバーエンジニアを目指そうとしている方は
需要・年収・将来性があるか気になると思います。

最近ではクラウドサービス・AIの登場で将来、需要が少なくならないか考える方もいると思いますが
現状、仕事がなくなることはないと想定します。

理由としては
技術者が手を動かして作業しなければならない仕事がたくさんある
・最終的に判断するのは機械ではなく人間だからです

年収についても他業種と比較し高い傾向にあります。
経験を積み上流工程(提案・設計/構築)での作業ができる技術者になれば
年代別の平均を上回る年収が期待できます。
また、最近のITの現場は過度な残業をさせない企業が多いです。
ひと昔( 10~20年前 )の様な3K 「きつい・帰れない・給料が安い」は当てはまらなくなってきています。

仕事内容・ 平均年収・将来性については、以下サイトのHPにまとめられています。
興味のある方は、以下リンクをご参照ください。
レバテック:サーバーエンジニアの転職市場状況とは?年収・スキル・将来性を解説
ポテパンスタイル:サーバーエンジニア年収とは?仕事内容・キャリアパスについて

サーバーエンジニアになるために独学で勉強するには?

サーバーエンジニアになるための必要な知識は
Windows ・Linux(CentOS、Ubuntuなど)のサーバーOSの知識を付けることが重要です。
「サーバー」という単語だけでも難しいイメージだったり
どのように環境を準備して学習すれば良いか未経験の方は分からないと思いますがOSの勉強方法は確立されています。
仮想端末ソフトを使用し、各ベンダーが無償で提供しているISOイメージファイルを
仮想端末上にインストールすることで簡単にサーバーOSの学習が可能です。

代表的な仮想端末ソフトは以下になります。
個人の営利目的としない学習用途での利用は無償で利用できます。
※インストール手順は本サイト、各メニューカテゴリーで紹介しているので興味のある方は参照ください。
・Oracle VM VirtualBox
・VMware Workstation Player
・Hyper-V

サーバーエンジニアに役立つ資格は?

最近では、クラウドサービスのAmazon Web Services(AWS)・Microsoft Azureの案件を
転職エージェントの求人で見かけることが多くなってきましたが、初心者の方はOSの理解からはじめましょう。
全ての基礎はOSです。ニーズに合わせたクラウドの勉強も大事ですがOSの理解が最優先です。

国内サーバーOSのシェアですが、2018~2019年では以下の通りとなります。
以前から大きな変動は見られないため、今後も変わらずサーバーのシェアは推移すると想定できます。
・Windows:50%程度
・Linux:25%程度

まずは、国内サーバーOSのシェアが最も高いWindowsの資格
マイクロソフト認定資格プログラム(MCP)をおすすめします。
マイクロソフト社製品の実践的スキルや知識を認定する試験です。
日本国内のみならず、150か国以上で実施されている世界共通資格で認知度・人気ともに群を抜いています。

続いてLinuxサーバーの知識とスキルを証明する資格、Linux技術者認定です。
こちらも日本国内のみならず、海外でも広く認知され認定者に対して高い評価を得ています。

上記、資格を取得することで未経験からの就職・会社内での評価向上・転職など
有利になる場合が多々みられます。

etc
Shima Blog
タイトルとURLをコピーしました