【図解】Windows8.1 Pro:BitLockerによるローカルディスク暗号化手順

Windows8.1

Windows8.1 Pro エディションには「BitLocker」と呼ばれるドライブ暗号化機能が標準搭載されており内蔵ハードディスク(HDD・SSD)を暗号化することができます。

事前にローカルディスクを「BitLocker」で暗号化しておけば、パソコンが盗難に遭ったとしてもディスクを抜き取られ他のPCにディスクを接続した際、パスワードもしくは回復キーがなければドライブにアクセスできないため、紛失時の情報漏えい対策として利用できます。 また、BitLockerによる暗号化はTPMなしでも、ローカルグループポリシーエディター(gpedit.msc)の設定を変更することで、ドライブの暗号化が可能です。

Sponsored Link

1.ローカルグループポリシー設定変更

まずは、ローカルグループポリシーで「互換性のあるTPMが装備されていないBitLockerを許可する」する必要があります。

手順 1:
デスクトップ画面左下、「 Windowsロゴ」を右クリック –>「 ファイル名を指定して実行 」を選択します。

手順 2:
名前:「 gpedit.msc 」を入力 –>「 OK 」を選択します。

手順 3:
ローカルグループポリシーエディターで「スタートアップ時に追加の認証を要求する」の設定値を変更します。

「 ローカルコンピューターポリシー 」
 –>「 コンピューターの構成 」
   –>「 管理用テンプレート 」
   –> 「Windows コンポーネント」
     –> 「BitLockerドライブ暗号化」
      –> 「オペレーションシステムのドライブ」
                       –>「スタートアップ時に追加の認証を要求する」をダブルクリックします。

手順 4:
スタートアップ時に追加の認証を要求する項目で「 有効」を選択 ->「互換性のあるTPMが装備されていないBitLockerを許可する(USBフラッシュドライブでパスワードまたはスタートアップキーが必要)」でチェックの有効を確認 -> 「OK」を選択します。

手順 5:
「スタートアップ時に追加の認証を要求する」の状態が有効になったことを確認します。

Sponsored Link

2.ローカルドライブをBitLockerで暗号化する

手順 1:
エクスプローラーを起動 –> 「PC」を選択 –>「 対象ディスク」を右クリック –>「BitLockerを有効にする」 を選択します。※ 本記事では、ローカルディスクのCドライブを暗号化します。

ローカルグループポリシーエディターで「スタートアップ時に追加の認証を要求する」の設定値を変更していない場合は、「このデバイスではトラステッドプラットフォームモジュールを使用できません。」のエラーメッセージが出力されます。

手順 2:
「次へ 」 を選択します。

手順 3:
「次へ 」 を選択します。

手順 4:
「今すぐ再起動する 」 を選択します。

手順 5:
再度、「手順 1:」を実行し「BitLockerを有効にする」 を選択後 ->「次へ 」 を選択します。

手順 6:
「パスワードを入力する」を選択します。
※本記事では、PCの起動時にBitLockerのパスワードを要求する設定とするため「パスワードを入力する」を選択しました。

手順 7:
ドライブのロックを解除する「パスワードを入力」 –>「 次へ 」 を選択します。

パスワードは、8文字以上に設定する必要があります。

手順 8:
いずれかの回復キーのバックアップ方法を指定し回復キーを保存しなければ、次の画面に移行できません。※今回は「回復キーを印刷する」を選択し回復キーを電子文書化し保存しました。

パスワードを忘れてしまった時などは、回復キーがあればドライブにアクセスすることができるため、ファイルサーバーや外部記憶媒体など複数の場所にバックアップすることをおすすめします。

手順 9:
「Microsoft XPS Document Writer」を選択 -> 「印刷」を選択します。
※本記事では、紙媒体として出力せず「Microsoft XPS Document Writer」を選択し、電子文書ファイルとして出力しています。

手順 10:
回復キーのファイル名を入力 ->「保存」を選択します。

回復キーのファイル名は、ホスト名を含めるなど分かりやすい名前を推奨します。

回復キーの確認をします。パソコンに保存したファイル内の48桁の数値です。パスワードを忘れてしまった場合などの際、回復キーがあれば暗号化したデバイスを読み込むことができます。

手順 11:
回復キーファイルを保存後、「次へ」を選択します。

手順 12:
次にドライブを暗号化する範囲を選択します。ドライブの使用領域のみを暗号化、またはドライブ全体を暗号化するか選択できます。「使用済みの領域のみ暗号化する」は、現在のドライブのデータのみ暗号化を実行するため時間を短縮できる可能性がありますが、セキュリティを更に強くするのであれば「ドライブ全体を暗号化する」を選びましょう。

手順 13:
「 続行 」を選択します。

手順 14:
暗号化はコンピューター再起動後に開始されます。任意のタイミングでパソコンを再起動します。

手順 15:
画面左下、「 Windowsロゴ」を右クリック –>「シャットダウンまたはサインアウト」–>「再起動」を選択します。

手順 16:
再起動後、ドライブのロックを解除するパスワード入力画面で、前手順で設定したパスワードを入力します。

Sponsored Link

3.BitLocker 有効化ステータス確認方法

コマンドプロンプトから、管理者権限で「manage-bde -status」コマンドを実行することでBitLockerによる暗号化された割合・状態を確認することができます。

手順 1:
アプリ画面:「コマンドプロンプト」 を右クリック –> 「 管理者として実行 」を選択します。

手順 2:
ユーザーアカウント制御画面:「はい」を選択します。

手順 3:
「manage-bde -status」コマンドを実行します。

Windows8.1
Sponsored Link
Shima System Academy
Translate »
タイトルとURLをコピーしました