Windows7→Windows10 にアップグレードする手順を解説

Windows10

2020年1月14日をもってWindows 7はOSのサポートが終了しました。

サポート終了済みのままWindows 7を使い続けることもできますがマイクロソフトからのサポート対応・セキュリティ更新プログラムの配信は提供されません。セキュリティ更新プログラムを適用しないことでサイバー攻撃の標的になりやすく企業の機密情報や個人情報が流出するリスクが高まります。インターネット接続するWindows 7のパソコンはWindows10へアップグレードを推奨します。(インターネット接続しないオフライン環境のみ使用は特に推奨はしません)

Windows10のアップグレードは上書きインストールであれば、現在ご使用のメール・ブラウザのお気に入りなどは自動的に Windows 10 に引き継がれますが、万一の場合に備え重要なデータは個別に外付けハードディスク、USBメモリなどの外部媒体にバックアップを取ることをおすすめします。

今回、インストールするWindows 10のシステム要件は以下となります。

CPU:1 ギガヘルツ (Ghz)以上のプロセッサまたは システム・オン・チップ(SoC)
RAM: 32 ビット版では 1 GB、64 ビット版では 2 GB
ハード ドライブの空き領域:32 ビット版 OSでは 16GB、64ビット版 OSでは32 GB
グラフィックス カード:DirectX 9 以上 (WDDM 1.0 ドライバー)
ディスプレイ:800×600

引用元:マイクロソフト公式サイト

本記事では、マイクロソフトが無料で提供しているアプリケーションソフト(MediaCreationTool)を使用する方法でのアップグレードを解説します。
アップグレードは、ネットワーク回線・PCのスペックにもよりますが数十分程度ではアップデートは終わりません。数時間はかかることをあらかじめ見込んでおきましょう。

アップグレード後、OSが重く使用できない・特定のアプリケーションが動かないという場合は10日以内であればWindows 7に戻すことができます。

以降、Windows 7 → Windows 10のアップグレードおよび、アップグレード後のWindows 10→Windows 7に戻す手順を解説します。

Windows 10 へのアップグレード

手順 1:
ブラウザを起動し、検索キーワードに「windows10 アップグレード」を検索 –> Microsoft公式ページに画面遷移します。もしくは以下、URLに接続します。
ダウンロードURL:https://www.microsoft.com/ja-jp/software-download/windows10

手順 2:
「ツールを今すぐダウンロード」を選択します。

手順 3:
ダウンロードした「MediaCreationTool.exe」をクリックします。

手順 4:
ユーザーアカウント制御画面で「はい」を選択します。

手順 5:
MICROSOFT MEDIA CREATION TOOLのライセンス条項を一読し「同意する」を選択します。

「同意する」を選択しないと次の画面に移行できません。
※MICROSOFT MEDIA CREATION TOOLはマイクロソフトから無償で提供しているアップグレードツールです。

手順 6:
「このPCを今すぐアップグレードする」-> 「次へ」を選択します。
「次へ」を選択した時点でWindows10のインストール準備処理が開始されます。

「次へ」実行後、次の画面まで少し時間が掛かります。
自動で処理が開始されるため離席しても問題ありません。
今回は、Windows10にアップグレードできるまでの処理時間を計測します。21:10分に開始しました。
※処理時間はネットワーク回線・インストールするパソコンのスペックで変動します。

手順 7:
ソフトウェアライセンス条項を一読し「同意する」を選択します。

手順 8:
インストール準備完了しました。続いて「インストール」を選択します。
「インストール」をクリックすればアップグレード処理が開始されます。

デフォルトで「個人用ファイルとアプリを引き継ぐ」が選択されています。
Windows 7で使用しているアプリも引き継ぐ設定です。
「引き継ぐものを変更」を選択すると以下項目から選択可能です。

手順 9:
インストール処理が開始されます。

次の画面まで少し時間が掛かります。
自動で処理が開始されるため離席しても問題ありません。

手順 10:
Windows10にアップグレードされました。

手順 11:
デスクトップにログインします。

手順 12:
ログイン処理が開始されます。

手順 13:
「デバイスのプライバシー設定の選択」画面 -> 「同意」を選択します。
※各設定項目のボタンをクリックすれば無効・有効の設定ができます。設定は後からでも変更可能です。

手順 14:
アップグレード完了しました。

今回のパソコンでアップデートに掛かった時間は21:10~22:41分でした。
次の操作に移るまでパソコンに張り付いた状態で約1時間30分掛かりました。
※ネットワーク回線・パソコンのスペック・離席等、考慮すると数時間は見込んでおきましょう。

Windows10 → Windows 7 に戻す方法(アップグレード後、10日間まで可能)

手順 1:
「 (Windowsロゴ)を右クリック 」->「設定」を選択します。

手順 2:
「更新とセキュリティ」を選択します。

手順 3:
Windows 7 に戻すから「 開始する 」を選択します。

手順 4:
いずれかの理由にチェックを入れ「 次へ 」を選択します。

手順 5:
「 行わない 」を選択します。

Windows 10で発生している問題が原因で以前のバージョンに戻そうとしている場合は、「アップデートの確認」で最新の更新プログラムをインストールすることで問題が解決できる場合があります。

手順 6:
「知っておくべきこと」画面を一読し「 次へ 」を選択します。

手順 7:
「ロックアウトされないようにご注意ください」画面 で「次へ」を選択します。

手順 8:
「Windows 7 に復元する」を選択します。

手順 9:
以前のバージョン(Windows 7)への復元処理が開始されます。
少し時間が掛かるため離席しても問題ありません。

手順 10:
Windows10からWindows7に復元されます。

タイトルとURLをコピーしました