Windows 10「Windows Subsystem for Linux」を利用したUbuntuインストール手順

Windows10

Windows Subsystem for Linux(WSL)はWindows10上で仮想マシンを準備することができLinuxのコマンドを直接実行できる機能です。用途としてはVMware Workstation Player・Oracle VM VirtualBoxの様な開発環境を作ることが可能です。

今回は、Microsoft Storeで無料で対応しているOS「Ubuntu」をインストールします。
Ubuntuを起動するまでの設定・手順をご紹介します。

Windows Subsystem for LinuxでのUbuntuインストール

手順 1:
左下「 Windowsロゴ 」をクリック –>「 コントロールパネル 」を選択します。

手順 2:
「 プログラムと機能 」を選択します。

手順 3:
「 Windowsの機能の有効化または無効化 」を選択します。

手順 4:
「 Windows Subsystem for Linux 」を有効化 –>「 OK 」を選択します。

手順 5:
「 今すぐ再起動 」を選択します。

手順 6:
左下「 Windowsロゴ 」をクリック –>「 Microsoft Store 」を選択します。

手順 7:
「 検索アイコン 」をクリック –>「 ubuntu 」を入力します。

手順 8:
「 Ubuntu 」を選択します。

手順 9:
「 インストール 」を選択します。

手順 10:
「 起動 」を選択します。

手順 11:
初回起動時に以下ユーザー情報を入力しUbuntu用ユーザIDとパスワードを設定します。

・Enter new UNIX username:
・Enter new UNIX password(新しいパスワード入力):
・Retype new UNIX password(新しいパスワード再入力):

手順 12:
ログイン完了しました。

タイトルとURLをコピーしました