Windows Server 2016 への「.NET 3.5」インストール手順(インターネット接続環境)

Windows

「Microsoft .NET Framework」はマイクロソフトが無料で提供しているソフトウエア開発&実行用プログラムです。Windowsのソフトを動作させるために必要となる部品の様な役割です。

Windows Server 2016で動作させるアプリケーションによっては.NET Framework 3.5 が必要となる場合があります。Windows Server 2016 の初期設定では.NET Framework 3.5 がインストールされていません。システム要件に応じて.NET Framework 3.5をインストールしましょう。

今回はインターネット接続ができる環境での手動「 .NET Framework 3.5 」インストール方法を紹介します

.NET Framework 3.5 インストール

手順 1:
「 (Windowsロゴ) 」をクリック  –>「 サーバーマネージャー 」 を選択します。

手順 2:
「役割と機能の追加」を選択します。

手順 3:
サーバーマネージャー画面から自動で役割と機能の追加ウィザードに移ります。「 次へ 」を選択します。

手順 4:
インストールの種類の選択画面で「 次へ 」を選択します。

手順 5:
対象サーバーの選択画面で「 次へ 」を選択します。

手順 6:
サーバーの役割の選択画面は何も選択しないで「 次へ 」を選択します。

手順 7:
機能の選択画面で「 .NET Framework 3.5 Features 」を有効化 –>「 次へ 」 を選択します。

インストール後の確認方法は「役割と機能の追加ウィザード」画面で確認することができます。インストール後は、チェックボックスが(有効化)になります。※コントロールパネル -> 「プログラムと機能」には表示されない仕様です。

手順 8:
「 .NET Framework3.5 Features 」を選択  –> 「次へ 」を選択します。

手順 9:
「 インストール 」を選択します。

検証でNICを無効化しインターネットに接続できない環境(外部通信が遮断)で実行しましたがインストールに必要なファイルがダウンロード・実行処理ができないため今回は、errorコード:「0x800f081f」が出力されインストールでエラーが発生し失敗しました。※インターネット接続できない環境下ではOSインストールディスクを使用することでインストール可能です。

手順 10:
インストール完了しました。
「 閉じる 」を選択します。

Windows
Shima Blog
タイトルとURLをコピーしました