【図解】Windows Server 2012 R2:リモートデスクトップ 複数セッション許可設定

Windows

Windows Server 2012 R2に、同一のアカウントで同時にリモートデスクトップ(RDP)接続可能なユーザー数は2人までですが、ローカルグループポリシーのデフォルト設定で1人までしか接続許可しない接続制限設定となりサーバー管理者が複数人で接続した場合、セッションの取り合いになります。この既定の設定では、 複数のメンバーが共同で作業ができず不自由です。

本記事では、ローカルグループポリシーの設定を変更し、同一のユーザーアカウントで複数(2人)のユーザーがリモートデスクトップ接続可能にする手順を解説します。

ローカルグループポリシーのリモートデスクトップ接続制限数を変更する

手順 1:
デスクトップ画面左下の「 Windowsアイコン」を右クリック -> 「ファイル名を指定して実行」を選択します。

手順 2:
名前に「gpedit.msc」を入力 -> 「OK」を選択しローカルグループポリシーエディターを起動します。

手順 3:
左側のツリーを展開して以下の設定項目をダブルクリックします。

[管理テンプレート]
 - [Windows コンポーネント]
  - [リモート デスクトップ サービス]
   - [リモート デスクトップ セッション ホスト]
    - [接続]
     – [リモート デスクトップ サービス ユーザーに対してリモート デスクトップ サービス セッションを 1つに制限する] 

手順 4:
無効」を選択します。

手順 5:
状態が無効になったことを確認します。

同時接続数が2ユーザー以上、リモートデスクトップ接続した場合は以下のダイアログが表示されます。同時接続数3ユーザーは接続することができません。
Windows
Shima System Academy
Translate »
タイトルとURLをコピーしました