【図解で理解】VirtualBoxダウンロード・インストール手順

Oracle-VM-VirtualBox

「Oracle VM VirtualBox」1 台の PC 上で 2 つ目のオペレーティング システムを分離して実行できる仮想マシン 作成ソフトウェアです。インストーラーは公式サイトからフリーでダウンロード・インストールすることができます。

クロスプラットフォーム対応しているためWindows、Linux、Mac OS X、Solaris x86コンピュータにインストールすることが可能です。※仮想マシン作成ソフトとしては、Microsoft-Hyper-v・VMware Workstation Playerと同列に位置づけられるアプリです。

仮想マシン上で利用するケースが多い主な対応OSは以下となります。
・Windows 評価版OS:Windows 7、Windows10、Windows Server 2016、Windows Server 2019
・Linux OS:Ubuntu、CentOS

また、スナップショットと呼ばれるバックアップ取得設定をすることで素早く特定のポイントに戻せる機能が無料で利用できます。今回はOSの学習・検証に特化した仮想ソフトウェア「 Oracle VM VirtualBox 」のダウンロード・インストール方法を紹介します。

1.Oracle VM VirtualBoxのダウンロード

手順 1:
以下、URLのOracle VM VirtualBoxダウンロード公式サイトに接続します。
https://www.virtualbox.org/wiki/Downloads

手順 2:
使用しているパソコンのOSに合わせ「プラットフォームパッケージ」を選択します。

2.Oracle VM VirtualBoxのインストール

手順 1:
ダウンロードしたVirtualBox(xxx).exeファイルを実行します。

手順 2:
「Next」を選択します。

手順 3:
「Next」を選択します。

手順 4:
「Next」を選択します。

手順 5:
「Yes」を選択します。

手順 6:
「Install」を選択します。

手順 7:
「 Finish 」を選択します。

3.Oracle VM VirtualBox起動

手順 1:
デスクトップ上に作成されたショートカットアイコン「 Oracle VM VirtualBox 」を起動します。

手順 2:
「 Oracle VM VirtualBox 」が起動できたことを確認します。

4.まとめ

最後まで記事を見て頂いてありがとうございました。Oracle VM VirtualBox のダウンロード・インストールで難しい操作ありません。学習用途に特化したソフトウェアです。 VirtualBoxにWindows OS / Linux OSをインストールしてみてはいかがでしょうか?

仮想マシンにOSをインストールする手順は、以下URLの本サイトで解説しています。

【Windows Server】
Windows Server 2012 R2:https://inab818.site/oracle-vm-virtualbox/windows-server-2012r2-download-install-2
Windows Server 2016:https://inab818.site/oracle-vm-virtualbox/windows-server-2016-download-install-2
Windows Server 2019:https://inab818.site/oracle-vm-virtualbox/windows-server-2019-download-install-2

【Linux Server】
CentOS:https://inab818.site/oracle-vm-virtualbox/linux-centos8-download-install
Ubuntu Server:https://inab818.site/oracle-vm-virtualbox/ubuntu-server-20-04lts-download-install

Translate »
タイトルとURLをコピーしました