Sponsored Link

【図解】Windows 11 パソコン:バックアップと復元(Windows 7)のバックアップ取得・復元方法

Windows11

Windows11の「バックアップと復元(Windows 7)」は、Windows7で標準搭載されていた「バックアップと復元」と同じ機能です。Windows11では「バックアップと復元(Windows 7)」の名称に変更しています。

バックアップと復元(Windows 7) で事前にバックアップを取得しておけば、Cドライブに保存していたファイル・フォルダーが破損・損失した場合、事前に取得したバックアップから復元することができます。また、パソコンが正常に動作しなくなった場合、システムイメージを使用して回復することでパソコンが正常に動作していたときの状態に戻すこともできます。

バックアップは外部ハードドライブへの保存を推奨されているため、本記事でも外部媒体を使用しています。以降、 Windows11 パソコンでのバックアップと復元(Windows 7) を利用したバックアップ取得、およびデータ復元方法を説明します。

Sponsored Link

Windows11 パソコン: バックアップと復元(Windows 7) バックアップ取得方法

バックアップを取得するには、コントロールパネルからバックアップと復元(Windows 7)を起動します。また、バックアップ取得先に指定する外部ハードドライブをWindows11 パソコンに接続します。

手順 1:
タスクバー「検索ボックス」を選択します。

手順 2:
検索ボックスに「cont」を入力 -> 最も一致する検索結果に表示された「コントロールパネル」アプリを選択します。

手順 3:
表示方法:カテゴリ -> バックアップと復元(Windows 7)を選択します。

手順 4:
「今すぐバックアップ」を選択します。

手順 5:
バックアップの進行が終了するまで少し待ちます。

手順 6:
バックアップ終了後、最新のバックアップに取得時間が表示されることを確認します。

手順 7:
データバックアップ完了しました。取得先のドライブにバックアップデータが保存されたことを確認します。

Sponsored Link

Windows11 パソコン: バックアップと復元(Windows 7) データ復元方法

復元できたことを分かりやすく説明するためデスクトップ上のデータ(フォルダー)を完全に削除しました。

完全に消去したフォルダーを事前に取得していた バックアップと復元(Windows 7) から復元します。

手順 1:
検索ボックスに「cont」を入力 -> 最も一致する検索結果に表示された「コントロールパネル」アプリを選択します。

手順 2:
コントロールパネル画面:表示方法:カテゴリ -> バックアップと復元(Windows 7)を選択します。

手順 3:
ファイルのバックアップまたは復元画面:「ファイルの復元」を選択します。

手順 4:
「フォルダーの参照」を選択します。
※ファイルを復元する場合は「ファイルの参照」を選択します。

手順 5:
バックアップ内でのフォルダーまたはドライブの参照画面:Microsoft Windows バックアップから復元するフォルダーを選択し「フォルダーの追加」を選択します。

手順 6:
復元するファイルやフォルダーをバックアップ内で参照または検索画面:復元するフォルダーが表示されたことを確認し「次へ」を選択します。

手順 7:
ファイルを復元する場所画面:元の場所・次の場所を選択 ->「復元」を選択します。

ファイルのコピー画面:復元するデータによって以下の画面が出力される場合があります。内容を確認し、いずれかを選択します。

手順 8:
ファイルの復元の完了画面:「完了」を選択します。

手順 9:
指定した場所にデータが復元されたことを確認します。

Windows11
Sponsored Link
Shima System Academy
Translate »
タイトルとURLをコピーしました