【図解】Windows 10 パソコン:「 Windows セキュリティ(Windows Defender)」手動スキャン実行手順

Windows10

Windows10には、ウイルス対策アプリケーションソフト「Windows セキュリティ(Windows Defender)」が、デフォルトでインストールされています。ウイルスと脅威の防止・リアルタイム保護・ランサムウェアの防止など悪意のあるソフトウェアを検知しブロックすることでパソコンを保護します。

様々なウイルス対策アプリケーションソフトがありますが、安全性・信頼性において「Windows セキュリティ」だけで十分なのか、他製品やフリーのソフトウェアを導入する必要性があるのではないかと考えるユーザーもいますが、必要最低限の機能を満たしているWindowsセキュリティのみで問題ありません。

Windows セキュリティの安全性・信頼性について、ドイツのセキュリティソフト評価機関であるAV-TESTから家庭用セキュリティソフトの性能評価結果が公開されています。※AV-TEST公式サイト

性能評価は3項目の観点で判断され総合評価「18」が最高得点になります。

一般的に需要が高い製品のMcAfee トータルプロテクション・Symantecノートン・Trendmicro インターネットセキュリティとの半年間(2019年12~2020年6月)の総合評価を比較しても数値に大きな差異はなく他製品に劣らないと判断できるため、Windows10 のデフォルトで利用できる「Windows セキュリティ(Windows Defender)」は、おすすめできるウイルス対策ソフトです。

ウイルス対策ソフト製品名2020/062020/042020/022019/12
McAfeeトータルプロテクション18171717
Windows Defender181717.517.5
Symantecノートン3601817.51818
Trendmicroインターネットセキュリティ181817.517

本記事で紹介する Windows10の「 WindowsDefender 」は、クイックスキャン・フルスキャン・カスタムスキャン・オフラインスキャンの4つの種類から実行できます。 各スキャンの違いは以下になります。

  • クイックスキャン:システム内で脅威が検出されることが多いフォルダーのみをチェック
  • フルスキャン:ハードディスク上のすべてのファイルやプログラムをチェック
  • カスタムスキャン:指定したドライブ内(Cドライブ・Dドライブなど)のフォルダ、USBメモリ・外付けハードディスクなどのメディアをチェック
  • オフラインスキャン:OS起動時に検出・削除できない一部の悪意のあるソフトウェアをチェック

以降、WindowsDefender のクイックスキャン・フルスキャン・カスタムスキャン・オフラインスキャンの実行方法、および実行後のイベントビューアでのログ確認方法を解説します。

スポンサーリンク

1.WindowsDefender クイックスキャン実行

手順 1:
Windows セキュリティの場所は、左下「 Windowsロゴ 」をクリック –>「 Windows セキュリティ 」アイコンを選択します。

手順 2:
左ペイン「 ウイルスと脅威の防止 」をクリック –>「 クイックスキャン 」を選択します。
※「クイックスキャン」ボタン実行後、自動でスキャンが開始されます。

Windows Defender のクイックスキャン終了後、画面右下に「Windows Defender スキャンの結果」が出力されます。

Windows Defender のクイックスキャン結果は、イベントビューアに出力されています。ログには、「スキャンの種類」・「スキャンの時間」などを確認することができます。ログの履歴をイベントログから確認する場合は、「Windows Defender」->「Operational」です。ログ履歴の詳細の場所は以下になります。※フルスキャン・カスタムスキャン実行時も同じ場所に出力されます。

・ コンピューターの管理
  – システムツール
   - イベントビューアー
    - アプリケーションとサービスログ
     - Microsoft
      - Windows
         – Windows Defender
          - Operational

スポンサーリンク

2.WindowsDefender フルスキャン実行

手順 1:
左ペイン「 ウイルスと脅威の防止 」アイコンをクリック –>「 スキャンのオプション 」を選択します。

手順 2:
「 フルスキャン 」 –>「 今すぐスキャン 」を選択し実行します。
※「今すぐスキャン」ボタン実行後、自動でスキャンが開始されます。

Windows Defender のフルスキャン終了後、スキャンのオプション画面に「Windows Defender スキャンの結果」が出力されます。

Windows Defender のフルスキャン結果は、イベントビューアに出力されています。ログには、「スキャンの種類」・「スキャンの時間」などを確認することができます。ログの履歴をイベントログから確認する場合は、「Windows Defender」->「Operational」です。ログ履歴の詳細の場所は以下になります。※クイックスキャン・カスタムスキャン実行時も同じ場所に出力されます。

・ コンピューターの管理
  – システムツール
   - イベントビューアー
    - アプリケーションとサービスログ
     - Microsoft
      - Windows
         – Windows Defender
          - Operational

スポンサーリンク

3.WindowsDefender カスタムスキャン実行

手順 1:
左ペイン「 ウイルスと脅威の防止 」をクリック –>「 スキャンのオプション 」を選択します。

手順 2:
「 カスタム スキャン 」 –>「 今すぐスキャン 」を選択します。

「今すぐスキャン」ボタンをクリックしてもスキャン処理は開始されません。

手順 3:
指定したドライブ内(Cドライブ・Dドライブなど)のフォルダ、USBメモリ・外付けハードディスクなどのメディアを選択します。

「フォルダーの選択」をクリックするとスキャン処理が開始されます。

Windows Defender のカスタムスキャン終了後、スキャンのオプション画面に「Windows Defender スキャンの結果」が出力されます。

Windows Defender のカスタムスキャン結果は、イベントビューアに出力されています。ログには、「スキャンの種類」・「スキャンの時間」などを確認することができます。ログの履歴をイベントログから確認する場合は、「Windows Defender」->「Operational」です。ログ履歴の詳細の場所は以下になります。※クイックスキャン・フルスキャン実行時も同じ場所に出力されます。

・ コンピューターの管理
  – システムツール
   - イベントビューアー
    - アプリケーションとサービスログ
     - Microsoft
      - Windows
         – Windows Defender
          - Operational

スポンサーリンク

4.WindowsDefender オフラインスキャン実行

手順 1:
左ペイン「 ウイルスと脅威の防止 」をクリック –>「 スキャンのオプション 」を選択します。

手順 2:
「 Microsoft Defender オフライン スキャン 」 –>「 今すぐスキャン 」を選択します。

手順 3:
デバイスを再起動する前に、すべての作業を保存し「 スキャン 」を選択します。

手順 4:
ユーザーアカウント制御画面 ->「 はい 」を選択します。

「はい」を選択後、パソコンが再起動し「Windows Defender Antivirus」によるスキャン処理が開始されます。

Microsoft Defender Antivirusによるスキャンは利用するPCによって異なりますが、およそ15~30分程度掛かります。

WindowsDefender オフラインスキャンの実行結果は「保護の履歴」に表示されます。ウィルスが検出されない場合は何も表示されません。

※マイクロソフト公式サイトでWindowsDefender オフラインスキャンの実行結果を確認する手順を参照する場合は、以下URLで確認することができます。
マイクロソフト公式サポートサイト:https://support.microsoft.com/ja-jp/windows/microsoft-defender-%E3%82%AA%E3%83%95%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%82%92%E4%BD%BF%E3%81%A3%E3%81%A6-pc-%E3%82%92%E4%BF%9D%E8%AD%B7%E3%81%99%E3%82%8B-9306d528-64bf-4668-5b80-ff533f183d6c

Microsoft Defender オフライン スキャン 結果は、イベントビューアに出力されています。ログには、「重大度」・「感染しているフォルダパス」などを確認することができます。ログの履歴をイベントログから確認する場合は、「Windows Defender」->「Operational」です。ログ履歴の詳細の場所は以下になります。※クイックスキャン・フルスキャン・カスタムスキャン実行時も同じ場所に出力されます。

・ コンピューターの管理
  – システムツール
   - イベントビューアー
    - アプリケーションとサービスログ
     - Microsoft
      - Windows
         – Windows Defender
          - Operational

何もウィルスが検出されない場合、イベントビューアのログに表示されません。
Windows10
スポンサーリンク
Shima System Academy
Translate »
タイトルとURLをコピーしました