Sponsored Link

【図解】Windows Server 2016:役割と機能の削除ウィザードを利用した役割・機能の削除手順

Windows Server 2016

役割、および機能のアンインストールは「サーバーマネージャー ダッシュボード」画面 -> 管理タブ「 役割と機能の削除 」で行います。アンインストールは管理者権限のユーザーアカウントで実施する必要があります。権限を持たないアカウントで実施した場合、削除の進行状況画面で「対象のコンピューターに変更を加えるための適切なユーザー権限を持っていません」と出力され削除することができません。管理者権限のユーザーアカウントで実施してください。

今回は、Windows Server 2016の画像で役割、および機能を削除する方法を解説します。

Sponsored Link

Windows Server 2016:「役割 / 機能」削除

手順 1:
デスクトップ画面左下の「 Windowsアイコン」を選択します。

手順 2:
「サーバーマネージャー」を選択します。

手順 3:
「サーバーマネージャー ダッシュボード」画面 -> 管理タブ「 役割と機能の削除 」を選択します。

手順 4:
「開始する前に」画面 ->「次へ」を選択します。

手順 5:
「インストールの種類の選択」画面 -> 役割ベースまたは機能ベースのインストールを選択 -> 自サーバーの名前を選択し「次へ」を選択します。

手順 6:
サーバーの役割の削除画面:削除する役割のチェックボックスを選択します。
※「機能」のサービスを削除する場合は、下記画面の役割のチェックボックスは何も選択しないで「次へ」をクリックし手順 8:を実施します。

削除する役割によっては下記のような画面が出力されます。画面の内容に従い「機能の削除」を選択します。

手順 7:
サーバーの役割の削除画面:削除する役割のチェックボックスが外れたことを確認 ->「次へ」を選択します。

手順 8:
機能の削除画面:削除する機能のチェックボックスを選択します。

削除する機能によっては下記のような画面が出力されます。画面の内容に従い「機能の削除」を選択します。

手順 9:
機能の削除画面:削除する役割のチェックボックスが外れたことを確認 ->「次へ」を選択します。

手順 10:
削除オプションの確認画面:「削除」を選択します。

手順 11:
役割・機能の削除後は対象サーバーを再起動する必要があります。

Windows Server 2016
Sponsored Link
Shima System Academy
Translate »
タイトルとURLをコピーしました