Ubuntu Desktop 20.04 LTSのGUI・CUIを利用したIPアドレス確認方法を解説

Linux

Ubuntu DesktopはLinuxディストリビューションの人気の高いデスクトップ向けオペレーティングシステムです。Windows7/Windows10の様なデスクトップとしての使いやすさ・Microsoft Officeとの互換性がある無料オフィス製品のLibreOffice(リブレオフィス)を標準で備えていることもあり注目を集めています。

Ubuntu Desktop 20.04 LTSにインストールされているLibreOfficeは、以下ソフトウェアが標準で対応しています。
・Wordに対応する文書ソフト「Writer」
・Excelに対応する表計算ソフト「Calc」
・PowerPointに対応するプレゼンテーションソフト「Impress」
・Access に対応するデータベースソフト「Base」

本記事では、注目を集めるUbuntuのネットワーク設定のプライベートIPアドレスを確認するための手順です。
以降、GUI(グラフィカルな操作)、および端末を利用したCUI(コマンドライン)でのプライベートIPアドレス確認方法を解説します。

GUI(グラフィカルな操作)でのプライベートIPアドレス確認

手順 1:
デスクトップ左下のアイコン「アプリケーションを表示する」を選択します。

手順 2:
「設定」を選択します。

手順 3:
「ネットワーク」->「」を選択します。

手順 4:
「詳細」-> IPv4アドレスでプライベートIPアドレスを確認できます。

固定(スタティック)でIPアドレスをする場合は、「IPv4」タブを選択し設定します。

「端末」を利用したコマンドでのプライベートIPアドレス確認

手順 1:
デスクトップ左下のアイコン「アプリケーションを表示する」を選択します。

手順 2:
「端末」を選択します。

手順:3
ネットワーク表示コマンドを実行し接続先のIPアドレスを確認します。

実行コマンド

ip addr
プライベートIPアドレスは「ifconfig」コマンドでも確認することができますが「net-tools」をインストールする必要があります。何もパッケージをインストールしないで確認するのであれば「ip addr」で良いです。

ifconfigコマンドを利用する場合はaptコマンドで「net-tools」パッケージをインストールします。

実行コマンド

sudo apt install net-tools


ifconfigコマンドを実行しプライベートIPアドレスを表示します。

実行コマンド

ifconfig
Linux OSでのコマンドラインを使用したIPアドレス確認コマンドは、「ifconfig」です。
※Windows OSでは、「ipconfig」コマンドとなり実行コマンドが異なります。
Linux
Shima Blog
タイトルとURLをコピーしました