Windows 10への「.NET バージョン3.5」インストール手順(インターネット接続環境)

Windows10

Microsoft .NET Framework」はマイクロソフトが無料で提供しているソフトウエア開発&実行用プログラムです。
Windowsのソフトを動作させるために必要となる部品の様な役割です。

Windows 10で動作させるアプリケーションによっては、.NET Framework 3.5 が必要となる場合があります。
Windows 10 の初期設定では、.NET Framework 3.5 がインストールされていません。必要に応じて.NET Framework 3.5をインストールしましょう。今回は、手動での「 .NET Framework 3.5 」インストール方法を紹介します。

.NET Framework 3.5 インストール

手順 1:
「 (Windowsロゴ) 」をクリック  –>「Windows システムツール 」 –> 「コントロールパネル 」を選択します。

手順 2:
「 プログラムのアンインストール 」を選択します。

手順 3:
「 Windows の機能の有効化または無効化 」を選択します。

Windows10ではインストール後「プログラムと機能」画面から確認できない仕様です。

手順 4:
「 .NET Framework3.5(.2.0および3.0を含む) 」を選択します。

WCFの有効化ですが、マイクロソフト公式ページで公開されている通り
開発者またはサーバー管理者でない限り選択する必要はありません。

Windows Communication Foundation (WCF) 機能が必要な開発者またはサーバー管理者でない限り、 [Windows Communication Foundation HTTP アクティブ化] および [Windows Communication Foundation 非 HTTP アクティブ化] の子項目を選択する必要はありません。※引用元:マイクロソフト公式ページ

インストール後の確認方法は「Windowsの機能の有効化または無効化」画面で確認することができます。インストール後は、チェックボックスが(有効化)になります。
※PowerShellでのコマンド実行で確認することもできますがGUI(視覚的)で確認するのであれば以下画面での方法がおすすめです。

手順 5:
インターネット接続ができる環境「Windows Updateでファイルを自動ダウンロードする 」を選択します。

必要なファイルのダウンロード・インストール処理がはじまります。

インターネットに接続しない状態で実行するとインストールに必要なファイルがダウンロード・実行処理ができないため今回は、errorコード:「0x8024402C」が出力されインストールでエラーが発生し失敗しました。

手順 6:
.NET Framework 3.5 がインストールが完了しました。
「閉じる 」を選択します。

 
タイトルとURLをコピーしました