Windows 10のスタートメニューをWindows7風にする手順を解説

Windows10_ClassicShellインストール Windows10

Classic Shellとは、ユーザインタフェースをWindows 7のような操作性に近づけるカスタマイズツールです。スタートメニューやエクスプローラのデザインや機能をクラッシックスタイルにすることができます。Windows 7/8/8.1/10へ乗り換えたけど、スタートメニューの操作性が変更されていてあまり馴染めないといったユーザーにお勧めです。

Classic Shellインストール前

全体的にWindows 10のスタートメニューは大きく扱いづらい印象があります。

Classic Shellインストール後

フリーでダウンロードできる「 Classic Shell 」をインストールすることで
Windows 7の様なスタートメニューにすることができます。

今回は、ウィンドウズ 10への「Classic Shell」のインストール方法をご紹介します。

手順 1
窓の社から「Classic Shell」をダウンロードします。
https://forest.watch.impress.co.jp/library/software/classicshell/

手順 2
ダウンロードした「 Classic Shell 」をインストール(実行)します。

手順 3
「 Next 」を選択します。

手順 4
「accept the terms in the License Agreement」を有効化 –>「 Next 」を選択します。

手順 5
「 Next 」を選択します。

手順 6
「 Install 」を選択します。

手順 7
「 はい」を選択します。

手順 8
「 Finish」を選択します。

手順 9
表示するスタイルを選択 –>「 OK 」を選択します。
※冒頭で載せたスタートメニュー画面であれば「Windows 7 style」を選択すれば良いです。

手順 10
左下 Windowsロゴを選択すれば
Windows 7の様なスタートメニューに変更されます。

タイトルとURLをコピーしました