【図解】Windows10「BitLocker To Go」によるUSBメモリ暗号化手順

Windows10

BitLockerには、主に内蔵ディスク(ハードディスクやSSD)を保護する「BitLocker」とリムーバブルディスクやUSBメモリなどを保護する「BitLocker To Go」の2種類があります。Windows10 Pro / Enterprise / Educationエディションに標準搭載されています。 ※Homeエディションには本機能は搭載されていません。

万が一、USBメモリを紛失した際でも暗号化しパスワードによる保護をしておけば他人に情報を読み取られるリスクが軽減できます。一度検討をしてみてはいかがでしょう本記事では、ウィンドウズ 10 BitLocker To GoによるUSBメモリ暗号化手順をご紹介します。

スポンサーリンク

BitLocker To GoによるUSBメモリ暗号化

手順 1:
左下「 Windowsロゴ 」をクリック –>「 Windowsシステムツール 」–>「コントロールパネル」 を選択します。

手順 2:
「BitLockerドライブ暗号化」を選択します。

手順 3:
暗号化する対象のリムーバブルデータドライブで「BitLockerを有効にする」を選択します。

手順 4:
「 パスワードを使用してドライブのロックを解除する」を選択 –> 「 パスワードを入力」をクリック –>「 次へ」を選択します。

手順 5:
「 ファイルに保存する 」を選択します。
※本記事では、回復キーのバックアップ方法を指定先をデスクトップにしています。

手順 6:
保存先を指定し「保存を」選択します。

回復キーは、BilLockerのパスワードが分からなくなってしまった場合に使用します。大事に保管しましょう

手順 7:
「 次へ 」選択します。

手順 8:
「 使用済みの領域のみ… 」選択 –>「 次へ」を選択します。

手順 9:
暗号化モードを選択 –>「 次へ」を選択します。

手順 10:
「 暗号化の開始 」を選択します。

手順 11:
「 閉じる 」を選択します。以上で暗号化作業終了です。

USBメモリをPCから取り外し、再度読み込ませるとパスワード入力画面になります。設定したパスワードを入力 -> ロック解除すれば USBメモリを読み込めます。

Windows10
スポンサーリンク
Shima System Academy
Translate »
タイトルとURLをコピーしました