Windows 10 「Windowsセキュリティ(Windows Defender)」スキャン実行手順を解説

Windows10

Windows セキュリティ(Windows Defender)はWindows 10に標準搭載されているセキュリティ・アプリケーションソフトです。ウイルス・スパイウェア・その他の悪意のあるソフトウェアを削除しブロックすることでパソコンを保護できます。

様々なウイルス対策ソフトがありますが安全性・信頼性において「Windowsセキュリティ」だけで大丈夫なのか考えるユーザーもいると思いますが、必要最低限の条件を満たす十分な機能を備えているWindowsセキュリティのみで問題ありません。

安全性・信頼性についてはドイツのセキュリティソフト評価機関であるAV-TESTから家庭用セキュリティソフトの性能評価結果が公開されています。※AV-TEST公式サイト

性能評価は3項目の観点で判断され総合評価「18」が最高得点になります。

一般的に需要が高い製品の半年間(2019年12~2020年6月)の総合評価を比較しても大きな差異はなくWindows セキュリティ(Windows Defender)は他製品に劣らないと判断できるため、おすすめできるウイルス対策ソフトだと言えます。

ウイルス対策ソフト製品名 2020/06 2020/04 2020/02 2019/12
McAfeeトータルプロテクション 18 17 17 17
Windows Defender 18 17 17.5 17.5
Symantecノートン360 18 17.5 18 18
Trendmicroインターネットセキュリティ 18 18 17.5 17

今回、解説するスキャンはウイルス感染による危険性が高い領域に特化してスキャンする機能です。以降、クイックスキャン・フルスキャンの実行方法を紹介します。

クイックスキャン実行方法

手順 1:
Windows セキュリティの場所は、左下「 Windowsロゴ 」をクリック –>「 Windows セキュリティ 」アイコンを選択しアプリを開きます。

手順 2:
左ペイン「 ウイルスと脅威の防止 」アイコンをクリック –>「 クイックスキャン 」を選択します。

クイックスキャン機能はシステム内で脅威が検出されることが多いフォルダーのみをチェックする機能です。※今回のクイックスキャン処理時間は42秒掛かりました。

フルスキャン実行方法

手順 1:
左下「 Windowsロゴ 」をクリック –>「 Windows セキュリティ 」アイコンを選択します。

手順 2:
左ペイン「 ウイルスと脅威の防止 」アイコンをクリック –>「 スキャンのオプション 」を選択します。

手順 3:
「 フルスキャン 」 –>「 今すぐスキャン 」を選択します。

フルスキャン機能はハードディスク上のすべてのファイルやプログラムをチェックする機能です。
2~3時間以上掛かるケースがあり動作が重くなるためパソコンを利用していない時間帯に実施することをおすすめします。

フルスキャンが開始されます。

スキャン処理終了後、結果が表示されます。

今回のフルスキャン処理時間は2時間47分秒掛かりました。

タイトルとURLをコピーしました