【図解で理解】Windows 10の機内モード有効・無効(ON・OFF)設定手順

Windows10

Windows10標準搭載の機内モードはパソコンの無線通信をすべて無効にするモードで飛行機内などの外部通信が禁止されている場所での操作端末の電波の発着信を停止できる機能です。

機内モードをオンにすると以下、無線LAN通信を一時的に無効にすることが可能です。
・Webページの閲覧
・PCによる通話・メール送受信
・Blueooth通信
・モバイルデータ通信
・GPS

また、機内モード時は外部と通信せず端末の負荷が軽くなるためバッテリーの消費を抑えることができPC本体の充電速度も上がります。 今回はウィンドウズ 10 機内モードの有効・無効(ON・OFF)に設定する方法をご紹介します。

機内モード有効化(無線LAN無効化)

デスクトップ画面右下「(Wi-Fiロゴ)」をクリック –>「 機内モード」を選択します。

Wi-Fi」が無効になったことを確認します。

機内モードが有効になったため
インターネット接続による無線通信が遮断されました

機内モード無効化(無線LAN有効化)

デスクトップ画面右下「(機内モードロゴ)をクリック –>「 機内モード」を選択し無効化します。

画面右下「機内モードがグレーアウト(無効化)しました。
この時点でWi-Fi接続が可能になり近くにあるアクセスポイントが表示されます。

機内モードが無効にな
無線LANでのインターネット通信が確認できました。

まとめ

最後まで記事を見て頂いてありがとうございました。

Windows10の機内モードを有効・無効手順をご紹介いたしました。
簡単な操作で機内モードの切り替えができます。

今回、ご紹介した手順の他にもオン・オフする方法はあります。
パソコンの操作に慣れている方であれば、
ショートカットキーを利用しキーボードの「Fn」キー  +「F2」キーを同時押しすることで切り替え可能です。

 
タイトルとURLをコピーしました