【図解で理解】Windows Server 2019のPCスペックの調べ方

Windows

Windows Server 2019のスペックを確認する方法をご紹介します。サーバーが重い・サーバーリプレース・ソフトウェアインストール時の対応ビット数など色々な要素でサーバーOSに搭載されているスペックを確認するケース多いです。

本記事では、Windows Server 2019の「システム」で確認できるプロセッサ(CPU)・実装RAM(メモリー)・ビット数・エディション・バージョンの見方を紹介します。※「システム」はショートカットキー(Windows + Pause/Break )で起動することもできます。

Windows Server 2019を動作させる最小システム要件をマイクロソフト公式サイトから抜粋し以下に記載します。

【CPU】
・1.4 GHz 64 ビット プロセッサ

・x64 命令セット対応

【RAM】

・512 MB (デスクトップ エクスペリエンス搭載サーバー インストール オプションを使用したサーバーの場合、2 GB)

【ディスク領域】
・32 GB

引用元:https://docs.microsoft.com/ja-jp/windows-server/get-started-19/sys-reqs-19

また、補足としてサーバーが重く感じた場合のタスクマネージャーの起動・リソース確認方法も併せて紹介します。

Windows Server 2019のPCスペック確認手順

左下「 Windowsロゴ 」を右クリック –>「 システム 」を選択します。

「 システム 」では以下①~⑤が確認できます。

①プロセッサ
②実装RAM(搭載メモリ)
③ビット数
④エディション
⑤バージョン

700

サーバーの動作が重くなった時の確認方法は?

サーバーの動作が重くなった時はタスクマネージャーを利用すると
どれくらい負荷が掛かっているか確認できます。

アイコンが表示されていない箇所を右クリック  –>「 タスクマネージャー 」を選択します。

「 プロセス」  –> リソース情報が確認できます。

サーバーが重くなる要素は、リソースが(「CPU」・「メモリ」・「ディスク」)が常時80~100%で推移します。傾向としては以下が多いです。

・CPU:ソフトウェアインストール・ウイルスチェック・Windows update
・メモリ:ソフトウェアの立ち上げ過ぎ
・ディスク:書き込み、読み込み処理(ソフトウェアインストール・Windows update適用・サービスの常駐起動等)

Windows
Shima Blog
タイトルとURLをコピーしました