【図解で理解】Windows Server OSライセンス延長手順

Windows

1.評価版 Windows Server OSのライセンス認証について

評価版 Windows OSのライセンス認証はOSインストール後にインターネット接続することで自動的にライセンス認証されます。猶予期限切れのタイミング毎に定期的にライセンス延長(リセット)することでOSによって異なりますが 評価版Windows Server OSは最長約3年~3年半、評価・検証することができます。

ライセンス認証を猶予期間内に行わない・評価期限が満了した場合、
・Windowsにログオンできなくなる。
・1時間毎に強制的にシャットダウンされる仕様です。

Windows OSによってライセンス猶予期限・延長回数は異なります
インターネット接続しないオフライン環境でライセンス延長をした場合
猶予延長期間+10日間となるためインターネット接続できる環境で
ライセンス延長(リセット)実施することを推奨します

ライセンス体系全般に言えることですが分かりづらいと思います。
Windows Server OS毎に表にまとめました。

OS インストール時
初期猶予期限
自動認証後
猶予期限
オフライン環境
延長時の猶予期限
オンライン環境
延長時の猶予期限
延長回数 最長
猶予期限
win2019 10日 180日 +10日 +180日 6回 1260日
win2016 10日 180日 +10日 +180日 6回 1260日
win2012r2 0日 180日 +10日 +180日 5回 1080日
win2012 10日 180日 +10日 +180日 5回 1080日

OSのバージョンによって差異がありますが評価版 Windows Server OSは最長猶予期限:約3年~3年半、製品版と同様の仕様で評価・検証することができます。

今回は例としてWindows Server 2016のネットワーク環境別に
ライセンス延長(リセット)した場合の最長のライセンス猶予期限を記します。

常時インターネット未接続環境でライセンス延長した場合の最長猶予期限
 OSインストール時猶予期限10日+(オフライン環境延長時の猶予期限10日×延長回数6回)=70日

常時インターネット接続環境でライセンス延長した場合の最長猶予期限
 OSインストール時猶予期限180日+(オンライン環境延長時の猶予期限180日×延長回数6回)=1260日

上記、表の結果から常時インターネット接続環境で定期的にライセンス延長することで
最長1260日間、製品版と同様の仕様で評価・検証することができます。

以降、Windows Srver2016を利用したライセンス延長手順をご紹介します。

2.ライセンス有効期間の確認

左下「Windowsロゴ」を右クリック –> 「ファイル名を指定して実行」を選択します。

ファイル名を指定して実行画面で名前に「cmd」を入力 –> 「OK」を選択します。

コマンドプロンプトで以下、コマンドを実行します。
※右下点線枠と同じ有効日数が表示されます。

実行コマンド
slmgr /dli

3.残りのリセット可能回数の確認

以下、実行コマンドを使用することでリセット可能回数の確認 –> 「OK」を選択します。

実行コマンド
slmgr /dlv

4.ライセンスの更新

以下、実行コマンドを使用することでライセンスを更新 –> 「OK」を選択します。

実行コマンド
slmgr /rearm

端末再起動後、 デスクトップ画面右下に表示されていた有効期間日数が表示されなくなります。

5.ライセンス延長するタイミング

ライセンス延長するタイミングはデスクトップ画面右下に
「 Windows ライセンスの有効期限が切れています 」と表示されたら
インターネット接続されていることを確認しライセンス延長することを推奨します。

Windows
Shima Blog
タイトルとURLをコピーしました