Windows Server 2016 「 Windows Defender 」スキャン実行手順を解説

Windows

Windows Server 2016にはエディション Standard・Datacenterでセキュリティ対策ソフト「 WindowsDefender 」がデフォルトでインストールされ標準で利用することができます。

「 WindowsDefender 」は悪意のあるソフトウェア( スパイウェア、ウイルスなど)・疑わしいアプリケーションソフトの検出・削除をすることができます。Windows10 にも同様のソフトが搭載されておりWindows Server 2016 でも機能の大部分は同じですが、GUIで利用するにはOSインストール時にDesktop Experience(デスクトップ エクスペリエンス)でインストールした場合に既定で「 Windows DefenderのGUI 」がインストールされます。

※OSインストール時のDesktop Experience(デスクトップ エクスペリエンス)インストール選択画面

※Desktop Experience(デスクトップ エクスペリエンス)でOSインストール後は
役割と機能の追加ウィザード「 Windows DefenderのGUI 」項目が(有効)となりスキャン機能を利用することができます。

今回、解説するスキャンはウイルス感染による危険性が高い領域に特化してスキャンする機能です。
以降、スキャンの実行方法を紹介します。

クイック・フル・カスタムスキャン実行方法

手順 1:
左下「Windowsロゴ)」をクリック –>「 Windows システムツール 」 –>「Windows Defender」を選択します。

手順 2:
スキャンのオプションでスキャン方法を選択します。

  • 3つのスキャン方式について簡単にまとめ以下に、記載します。

    ・クイックスキャン機能:
    システム内で脅威が検出されることが多いフォルダーのみをチェックする機能です。

    ・フルスキャン機能:
    ハードディスク上のすべてのファイルやプログラムをチェックする機能です。

    ・カスタムスキャン機能:
    指定したドライブ毎(Cドライブ・Dドライブなど)、フォルダ毎をチェックする機能です。

手順 3:
「 今すぐスキャン 」を選択します。

Windows
Shima Blog
タイトルとURLをコピーしました